ベストな状態を保てない、 表面だけの綺麗な肌は求めていません。
 そんなお肌のこと、たくさん、惜しみなく。。。

 Aカップの胸を大きくすることは、人が言うほど簡単じゃない。
 今でこそCカップですが、何年もかかった。
 自分が意識するトータル美のひとつとして、バストのことも、
 時々綴っています。

 若いのに魅力をなくす人もいれば、死ぬまで魅力たっぷりの人もいる。
 でも日々思うこと。それは『女の引退はない』ということ。



バストアップへ         
バスト日記              胸日記&肌日記






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


TOP > キレイ日記☆スキンケア編 > 肌に居座るシミを捨てる方法〜シミ編3〜
2010年11月01日

肌に居座るシミを捨てる方法〜シミ編3〜

前回まで美白化粧品の話をしてきたけど、

残念ながら、真皮にまで落ちてしまったシミを消すことは無理だと言われてますバッド(下向き矢印)

メラニン色素が真皮に落ちてしまうと、残念ながら美白化粧品の対象にはなりません。

化粧品は真皮にはまず届かないので。

シミを消すために美白化粧品に頼る時の注意点ですね。

もちろん真皮に落ちてなければ消すことは可能。

表皮はターンオーバーで常に生まれ変わってるからいくらでも取替え可能です^^。


一応、真皮にもターンオーバーはありますが・・・、その周期はなんと、5〜6年です(*△*)

しかもこの周期、不規則な生活や加齢などでいとも簡単に狂い、もっと長くなりますたらーっ(汗)

約28日と言われる表皮のターンオーバーも、

これは規則正しい生活で健康的に過ごしてこその周期ですよね。

真皮の傷を修復することは不可能ではないものの、表皮と比べていかに大変なことか(;´Д`)


ただ、表皮は取替え可能とはいえ、実際シミを消すのは相当な時間がかかると思うんですね。

というか、何年経っても消えないことのほうが多いんじゃないかと。

実際、美白化粧品の口コミを見ても、「すぐ消えた!」という体験談はまず見ない。

「シミが綺麗に消えた!」と続々と圧倒的支持を受けている美白化粧品、ないですね。

「薄くなってきた気がします」というのはまぁ見かけるけど、

その後「消えた」と続々と書き込まれてる美白化粧品、ないですね。



よくさ、「美白美容液を使ってみたけどシミは消えなかった。違うものにしてみます」

とか言う人いるでしょ?

・・・・・・・シミって、いったん出来たらそう簡単に消えるもんじゃないぞー。

シミは(シワもそうですが)長い年月をかけて出来てしまったもの。

どんなに効果の高い化粧品を使っても、残念ながらすぐに消えることはないです。

それを化粧品だけで消そうって考えは・・・。


だって、厚生労働省で認可されている美白成分の中でも、その多くが「予防美白」の成分だよっあせあせ(飛び散る汗)

ダイレクトにシミに働いて無色化してくれる成分のなんと少ないことか(-.-;)y-゜゜

もちろん化粧品での美白ケアは大事だと思う。

でもさ、シミって肌の内側じゃん。

見えてるのは表面だけど、シミの根は内側じゃん。

メラニン生成工場があるのは皮膚の奥じゃん。


口にする物って大事だと思うんですね。

肌は食べ物で出来てるのだから。

経口摂取のケアはすごく大事だと思う。



もしかしたら、代謝が良く、シミが排出されるタイミングがちょうど美白化粧品の使用と重なることで、

早期に消えることはあるかもしれない。

でもシミに悩んで皮膚科に行ったら、必ずといっていいほど内服用のビタミンCを処方されるよ。

他にもシミに効果的な内服剤を一緒に処方される。

それくらい内側ケアは大事。


美白ケアで「口にする物と化粧品、どっちかひとつでしかケアしちゃだめ」って言われたら、

ねこみは間違いなく「口にする物」を選ぶ。

せっせと美白化粧品を使っても、シミの根まで浸透してなかったら意味ないのだし。

ぐんぐん届く!とか謳っていても、これはもう、使う人の肌状態でかなり変わる。


だって、古い角質が溜まっている肌だったらなかなか浸透していかないよー?

乾燥肌の人に美白成分は効果ないよー?

もちろん外側と内側のW攻めするのが最高だと思うけどね。

鈍行じゃなく快速で消したいのなら。



ドラッグストアや薬局に行くと、

瓶に入った錠剤タイプの美白医薬品(医薬部外品)がたくさん売られてます。

ハイチオールとかシスティナとか。

いろいろあるねー(◎o◎)

でも、どれも成分にさほど大きな違いはありません。

箱の裏を見れば分かるけど、ほとんどがビタミンCL−システインの2大成分配合です。


ビタミンCはご存知、メラニンを無色化する働きがある成分。

美白の王道です(o^-')b

L−システィンも、飲む美白アイテムではおなじみの成分。

よくCMでも耳にするけど、ターンオーバーを整える働きがあります。

棚に並ぶ美白系錠剤のほとんどは、この2つが主成分。



そもそも美白の基本は、

@代謝を良くして
A内側からの美白


です。

直接ダイレクトにシミに働きかけて薄くすることも必要だけど、

メラニン色素は表皮のターンオーバーによっても排出される。

シミが剥がれ落ちるには、正常なターンオーバー(新陳代謝)は必要不可欠。

だから剥がれ落ちる頃のシミはかなり濃くなる。

皮膚の1番表面まで浮き上がってきている証拠です。


美容部員さんが言ってたけど、

肌診断をした時、メラニンの項目が悪い人はだいたいが血行の項目も悪いのだとか。

肌の血行が悪いと顔を触った時温かさを感じなかったりしますが、つまり代謝が落ちてるわけだ。

これじゃメラニンはなかなか剥がれ落ちてくれない。


血行が悪くメラニンを排出しにくい肌になってるから、ますますメラニンは溜め込んだまま。

美白化粧品を一生懸命使っても、残念ながら効果は出にくい。

ココを見落として美白ケアしてる人が多いように思う。

ターンオーバーを促してこそメラニンの排出が促される。

美白化粧品に効果がないと嘆く前に、ターンオーバーのほうに目を向けたほうがいい。



個人的には、ピーリングなんかいいと思う^^。

皮膚を薄くするとか悪いイメージを持っている人もいるようだけど、

ピーリング自体は悪いものじゃないと思ってる。

ピーリングは皮膚の再生を促すのが目的だから、正しく使いさえすればかなり有効的だと思う。


本来なら自然と剥がれるはずの古い角質が剥がれにくくなった肌。

代謝が悪くなってくると起こる現象ですo(T□T)o

ご存知、古い角質があると美容液の浸透の妨げになりますよね。

何枚も重ねたティッシュと1枚だけのティッシュにそれぞれ水を1滴垂らした時、

あっという間に浸透するのは当然ティッシュ1枚だけのほう。

肌にいらない角質が残っていれば肌に厚みが出るわけで、美白成分は奥まで届きにくくなる。


それを薬剤で優しく剥がすことによって新しい皮膚を出す。

これがピーリングだけど、ピーリングを否定する人は、

この「皮膚を剥がす=肌に良くない」っていう発想ですよね。

多分ピーリングのイメージが悪くなったのって、

昔エステサロンのピーリング施術でトラブルがあったりして、

「皮膚を剥がす」って言葉と「トラブル」って言葉が合体して1人歩きしちゃってるのかなーって思う。



今は、エステサロンによるシミやニキビの治療を目的としたピーリングは法律で禁止されてます。

行っているのは美容皮膚科などの医療機関だけ。

しかも2001年からは日本皮膚科学会のピーリングガイドラインに沿って行われてるので、

安全性はかなり高いと思う。

ねこみ、日本皮膚科学会のHPはホントちょくちょく見るんだけど、

ピーリングはちゃんとシミの治療方法として使われている施術法です。


ホームケア用にしても、放置時間長くしたり、週何回も使ったり、こするように押し付けて塗るなど、

間違ったやり方さえしなければ効果的だと思う。

もちろんpHは大事だと思います。

強すぎると刺激があるし、かといって弱すぎても効果がないからねo(T□T)o


先日の記事のとおり、日本で売られてる美白化粧品の大半は「メラニン抑制」が目的。

還元美白成分じゃない場合、今あるシミを消すことを期待するのは無理。

でもピーリングは「出来たシミを排出する手助け」が出来る。

メラニンを捨てることが出来る。


使っている美白化粧品が還元効果のない美白成分なら、でもシミを消したいと思ってるなら、

代謝を促すことを真面目にやらないと効果は望めないでしょう(ノω・、)

しつこいですが、シミは正常なターンオーバーによって剥がれ落ちる。



はい、また内側の話に戻ります(゚ー゚☆

ビタミンCは摂っている人多いと思うし、過去何度も記事にしてるので今回は割愛。

今回はもうひとつの、L−システインのほうね。


L−システインとは何ぞや??と言うと、コレ、アミノ酸のひとつ。

必須アミノ酸じゃなく非必須アミノ酸なので、まぁ体内で合成されるアミノ酸ではありますが・・・、

(必須アミノ酸・・・体内で合成されないアミノ酸、非必須アミノ酸・・・体内で合成されるアミノ酸)

やはり20歳を過ぎると減っていくというお決まりのパターンです(;´Д`)

魚に多く含まれていると言うけど、皮膚の再生を助けてくれる働きがあるんだよね(*^ー^)ノ

ターンオーバーを助けてくれるわけです。


また、L−システインは解毒作用があると言われてる。

つまり体内の毒素を排出する働きがある。

毒素が抜けると体や肌は健康的になれますよねダッシュ(走り出すさま)

爪が割れやすい人にも効果的な成分。

なぜって、L−システインは、髪や爪、健康な肌のケラチンには欠かせないアミノ酸だから。

健康な髪や、丈夫な爪、ハリのある肌は、このL−システインがあってこそ。


シミに対しては、単独で摂るのではなくビタミンCと一緒に摂ることで、

メラニンの抑制にさらなる効果があると言われてるアミノ酸です。



ビタミンCの効果を肌まで出す目安量は1日2000〜3000mg以上とされてますが、

(水溶性なので2〜3時間で尿と共に排出されてしまうため、1日数回に分けて摂る)

L−システインは治療目的だと500〜1500mgが目安とされているようなので、

1500mg以上摂ると過剰摂取になるかもしれません。

ビタミンCは尿と一緒に出ちゃうので過剰摂取の心配はないとされてますが、

Lーシステインの摂りすぎは逆に活性酸素を増やすと言われているので、

摂取量は守ったほうがよいかと。

普段の食事からも多少は摂っている成分なので、そのへんも考えて。(魚や大豆などに含まれる)


サプリなんかだと胃に不快感を感じる方もいるので、そういう人は食後に摂るといいかと。

ただ日本で売られているL−システインは含有量があまりにも少ないと感じますけどね(-_-#)

でもやっぱりアミノ酸って大事だな〜。


個人的な感想だけど、L−システインとビタミンCを一緒に摂ると肌の白さが際立ってきますねぴかぴか(新しい)

顔だけじゃなく体全体も白くトーンアップするというか。(おなかとかお尻とか)

ビタミンCとシステインのダブル攻めはかなり有効だと思う。

シミがないのでシミに対しての体験は言えないけど、白くなるのは本当に実感してます。

だから、シミがある人は、顔が白くなることでもしかしたらシミが濃く見えてしまうかもしれない。


もちろんけっして濃くなってるわけじゃないけど、

全体のトーンがアップするためそう見えてしまう気がするというか。

メラニンが過剰に活性化しているシミ部分より、

メラニンが活発化していない他の部分のほうが当然白くなるスピードは早いからね。


ちなみによく「レモン△個分のビタミンC」っていうけど、

レモン1コは20mgとしているので、レモン100個分とある場合は2000mgってこと。

飴玉とか飲料水とかによく見られる表記だけど、1袋当たり、1本当たりの量ってことを思うと、

案外少ないっす(゚_゚i)

ビタミンCは、レモンよりも、グレープフルーツやブロッコリーのほうが多いんだよね。



もし自分にシミが出来たら。。。

化粧品だけに頼ってせっせと美白中心のお手入れだけ、ってことはまずしないですね。

必要以上にメラニンを作っている可能性がある場合、化粧品だけでは消えないと思うから。

初期のシミでも月単位、ずっとあるシミなら年単位でケアしないとまず消えない。

シミが出来てる部分って他の部位よりメラニン生成工場(メラノサイト)が過剰になってるんだしさ。

24時間フル稼動になるから、寝てる間もメラニンをじゃんじゃん作り続けてるo(T□T)o

日焼け止めで紫外線を防ぐだけじゃ、シミを消す力はぜんぜん追いつかない。


だから、美白化粧品をあれこれと試しまくるより、内側から攻め続ける。

傷んでしまった細胞を再生するために必要な栄養素を意識して強化します。

だって、食べ物やサプリの栄養がお肌に回ってくるのは1番最後だもん。

例えば美白の王道、ビタミンC。

食べたり飲んだりしたビタミンCは、脳を初めとして体内の至るところで必要とされてる。

体内の臓器や器官で消費されてしまい、皮膚にはほとんど到達出来ない。

命に関わる臓器のほうに先に回るから、命に関係ない皮膚に到達するのは1番最後。


だから意識して多め多めに摂るようにする。

ビタミンCの血中濃度をいかに持続出来るかがビタミンCの効果を出すカギ。

常にビタミンCの血中濃度を維持しておくことが重要。

2〜3時間おきに摂るのが難しくても、せめて、朝・昼・晩・そして寝る前は最低でも。

それでも不安定な壊れやすいビタミンCだもん、肌に到達する頃にはだいぶ壊れて失われてる。

(だから水溶性じゃなくタイムリリース加工のビタミンCを摂ってます)



そんでもって、まず皮膚科に行きますね。

もちろん化粧品で美白ケアするのは当然のごとくやるだろうけど、化粧品レベルでは先が長い。

もともと自分は、ニキビでも湿疹でも、肌に何かあったら化粧品に頼らずまず皮膚科に行く人。

シミだったら、ハイドロキノンや内服など、皮膚科処方のものを適切に取り入れますね。


もちろん皮膚科に行けばすぐ消えるわけじゃないのがシミのやっかいなところだと思うけど、

皮膚科で何によるシミなのか教えてもらって、消えるシミなのか消えないシミなのか聞いて、

それからケアしたほうが無駄なお金もかからなくていいと考えてる。

気が付くと美白というフレーズを追い、美白と聞けば買い求めるようなことはしたくない。

効いてるのかやきもきしながらあれこれ美白化粧品に手をつけるのに時間を費やすくらいなら、

迷わず皮膚科に行ってシミのタイプをちゃんと見てもらう。


それにね・・・・・、UVケアをしっかりしていてもシミが出来ることはあると思うんだバッド(下向き矢印)

それは紫外線によるシミじゃなく、肝斑かもしれないでしょ?

ねこみ、シミはないし、UVケアもバッチリやってる。

本当は小麦色の肌に憧れるけど、紫外線によるシミは作りたくないし、出来てほしくないし、

でもこれはUVケアをとにかくバッチリやっていれば大丈夫だろうと思ってる。


でも、それでもこの「肝斑」になってしまう可能性は大いにある。

日焼け止めを塗らずUV対策などあまりしない男性にはほとんど見かけない、この「肝斑」。

肝斑によるシミは女性ホルモンの問題が関係しているというから、

こればっかりは、女である以上、自分だって出来る可能性は大いにある。

だからまず皮膚科に行きますね、もしシミを見つけたら。



シミ治療の場合、ビタミンCとトランサミンの組み合わせで処方されることが多いと思います。


トランサミン&シナール
左:トランサミン(カプセル)、右:シナール(錠剤)
シナールはビタミンCです。




薬剤師さん曰く、トランサミンはあざなんかを散らす効果があるそうで、

このふたつを同時に摂るのがシミ治療の王道だそう。

ちなみに、トランサミン=トラネキサム酸

前回のシミ記事で触れた、美白成分のm−トラネキサム酸は外用のトラネキサム酸だけど、

トランサミンは内用のトラネキサム酸です。


ただ、薬袋にはビタミンCの場合「皮膚の色素沈着の薬」と書かれてることが多いけど、

トランサミンはシミへの効果じゃなく「アレルギーを抑える成分」と記載されてますね。


効能



本来は、蕁麻疹や湿疹などのアレルギーを抑えるのがトランサミンの効果。

それが次第に肝斑タイプのシミに効果があることが分かって、

現段階では、肝斑=トラネキサム酸と認知されてるようです。


トラネキサム酸と言えば、肝斑に効く成分としてCMで知られるようになった「トランシーノ」。

あれの主成分としても知られてますネ。

薬局などでよく見かけるシミの内服薬の多くはビタミンCL−システインの2大成分配合だけど、

トランシーノは、ビタミンC、L−システインの2大成分とトラネキサム酸が入ってます。



ただ、2大成分にプラスして成分が1種類増えるからなのか、トランシーノはけっこう高いo(T□T)o

大々的に売場に並んでるので手に取ってみたことあるけど、1ヶ月分5880円ですよ(゜;)

他にもサプリを買ったりしている場合、コレだけにこんなにお金がかかるのはちとキツイ値段ですバッド(下向き矢印)


ねこみはサプリも化粧品も、一度決めたら効く・効かない関係なく何年も続けていくタイプだけど、

(その代わりそれに決めるまでは、全成分・体内吸収率・含有量・コストなど、
妥協せずにそれなりの労力をかけて調べ上げてから決定してます)

こういうサプリ系・内服の医薬品系って、『確実に効く』という確証を持てずに摂るから

続かないんだと思うのね、多くの人は。(化粧品も同じだけど)

本当は長く続ければ効くものであっても、その確証が分からないから、

1本使い切って何らかの手応えを感じなければ辞めてしまう。


特にトランシーノのように値段が高いものだと、

自分のシミに有効かどうか、確かな確証がないと続けられないんじゃないかなーと思う。

「なんだか効いてないなぁー、値段も高いし。。。」ってね。

おそらく多くの人は自己判断で買うよね。

よく言われている肝斑の特徴に当てはまるから多分自分のシミは肝斑かも、って感じに。

でも自分で思っただけだから確証はないわけです。

こうなると、「とりあえず試してみる」 「効かないから次は違うものをとりあえず試してみる」

これの繰り返しになる。



内用のトラネキサム酸は、あくまで肝斑に有効で、紫外線によるシミには期待できない。

(効くか効かないか、明確なデータがまだない)

仮に肝斑でも、効果を感じられるまでは数ヶ月の服用が必要。

自分のシミのタイプを分かっていないと、買い続けるのは無駄な投資になりかねない。


その点皮膚科で処方されたお薬なら、絶対消えるかとうかは別としても、

医者の見立てで出されたものだから気持ちの面では優位。

自己判断で買ったものじゃないから続けていける。

ちゃんとシミのタイプを診た上で処方されたものだから。


皮膚科だと、ビタミンCとトランサミンの2種類処方されても2週間分で600円程度。

(かかりつけ皮膚科はこのくらいで処方してる。画像の薬袋の持ち主さんも同じくらいだそう)

しかもトランサミンはトランシーノと同じメーカーの第一三共さん。

成分が同じなら、ねこみなら間違いなく皮膚科で処方してもらう。

肌トラブルで皮膚科に行くことは、適切な処置をしてもらえるし、保険がきくから薬も安いと思う。


もともとトラネキサム酸は病院でしか処方されてなかったのを、

薬局でも買えるトラネキサム酸として唯一発売されたのがトランシーノなわけで、

お安くシミ退治する内服薬が欲しい時はやはり皮膚科です(^^ゞ

(もちろん自分のシミのタイプをきちんと把握していて、
自分のシミが肝斑だと確証があるなら市販薬でも有効だと思います)



トラネキサム酸はよく歯磨き粉にも入ってますねー(^^ゞ

歯茎からの出血を抑えるタイプの歯磨き粉にはよく入ってます。

アレルギーを抑え、肝斑のシミにも効果があり、さらには止血剤効果もあり。

そんな成分ですわ、トラネキサム酸ってのは。


プラスミンが働きすぎると、出血した時「血液を溶かせ!」と命令が行き、血が止まりにくくなる。

プラスミンが働きすぎると、メラニン生成工場に「フル稼働せよ!」と命令が行き、シミが出来る。

プラスミンが働きすぎると、「炎症を起こせ!」と命令が行き、蕁麻疹などのアレルギーが出る。

プラスミンってのは、体に何かを感知した時にその情報を司令部に伝達するヤツ。

プラスミンが情報伝達するのを抑えることが出来るのが、トラネキサム酸。


止血剤だから血液が固まりやすくなる=血栓が出来やすくなる、と言う方もいますが、これは誤解。

出血を止める作用はあるけど、血液の粘度を高める作用はない。

薬剤師さん曰く、血栓があった人は注意しなくちゃいけないけど、健康な人なら何の問題もなし。

トランシーノのメーカーさんでも否定しています。



ちなみに、ねこみが皮膚科を選ぶ基準は

@皮膚科専門医が開業するクリニックであること。
A来院している患者数が多いこと。


かかりつけの皮膚科は、美容皮膚科じゃなくごく普通の街中にある皮膚科だけど、

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医が開業している皮膚科で、

皮膚美容にも力を入れている皮膚科です。

(道路で見かけるクリニックや医院の看板に、医院名と一緒に
「日本皮膚科学会 皮膚科専門医」とよく書かれてるのを見かけますよね)


もちろん認定専門医じゃなくても優れた医師はいると思うけど、

日本皮膚科学会で認定している皮膚科の専門医は、試験を受けるだけじゃなく、

研修や臨床経験、学会・論文発表等が必要で、また5年ごとに更新があるため、

その後も学会や講習会への出席、論文発表等で所定の単位を取得し続けなくてはいけなく、

そういうことを考えると、より高度な知識があると思います。

(認定専門医がいる病院は日本皮膚科学会のHPで簡単に調べられます)





ってことで、今回はメラニンを捨てるにはターンオーバー(代謝)がいかに大切かって話でしたが、

出来たシミをなくすために、最大限気をつけるべきこと。


<マッサージはやめる>

肌の代謝を上げるには?というとマッサージを思い浮かべるけど、シミがある時は気をつけるべき。

シミは紫外線の影響から、シミはホルモンバランスの影響から、それだけと思ったら大間違い。

マッサージは、一歩間違えるとシミを作る行為。


そもそもなぜ紫外線を浴びるとメラニンが大量発生するのか?

だってシミになっちゃうメラニンなんて、出来ることならいらないよ。

なのにどーして「紫外線浴びる=メラニン活性」になるのさーーー( - ゛-) !


それは真皮を守るため。

人間の皮膚ってのは、刺激を感じると「真皮を傷つけちゃダメ」とメラニンをいっぱい作るんです。

真皮まで傷つかないよう、表皮と真皮の間にある基底層ってとこでメラニンをたくさん作るんだ。

(メラニン生成工場はこの基底層にあるよー)

大量生産されたメラニン達は、真皮にダメージが行かないよう真皮の手前で自ら壁となって阻止。


表皮の傷はターンオーバーでいくらでも取替え可能だけど、真皮の傷はそうはいかない。

化粧品ではまず無理。

だから皮膚に異常を感じると、そうやって細胞の自己防衛機能が働くんです。

メラニンはいいやつなんだなー、ホントは。

真皮を守るためにメラニンが作られる。

でも皮膚の重大な異常時は、必要以上にメラニンを作っちゃうんだ(i_i)

皮膚の重大な異常ってのは、そう、紫外線を浴び続けること、そして、肌をこする行為。



けっしてマッサージそのものが悪いわけじゃないけど、やり方が問題。

力強いマッサージ。

テレビでも「頬が上がった!」などとタレントさんが絶賛してたりするけど、

これは一歩間違えるとメラニンを活性化させてしまいかねない。


皮膚に浸透しないクリームを使って肌表面だけでする分には美容効果はあると思います。

でも皮膚に浸透するクリームを使ってのマッサージはしないほうがいいかと。

正しい知識と技術でソフトに行うのはいいけど、正しくやれる自信がないならやらないほうがいい。


シミが出来るメカニズムを多方面からよく知らないでやたらマッサージを勧める美容部員さん、

たるみがとれる、と絶賛してもそこに潜む裏側に目を向けていない美容家の方がいるけど、

良かれと思ってしている顔のマッサージも、シミがある時はさらに濃くさせる原因になるという。

最近は、肝斑はこすることによる刺激も原因なんじゃないか、という説も出ているそう。

(マッサージが原因のシミは、よく手を滑らせる部分、頬からこめかみにかけてが多いらしい)


実は紫外線よりも、刺激からシミが出来てる人が増えてるんじゃないかって最近思うんだよね。

下地やファンデの塗り方、スポンジの使い方が強い人。

指使いが強い人ね。

そういう人は案外シミだらけなんですよね。

時間との勝負!で朝のメイクをスピーディーに仕上げていく人は、意外と指使いが強かったり。。。

まぶたの下についたアイメイクをこすって拭く人がいるけど、あれ、シミを自分で作ってますよね。

長年これ続けてたら、目元にシミが出来ると思う。(目をこする習慣がある人も)


シミを消したい一心でシミ部分にぐりぐりと美容液を塗るなんてもってのほか。

ただでさえシミ部分は、メラニンが24時間フル活動で過剰に作られ続けてる部分なのに、

そんな場所にぐりぐりなんて、メラニン生成工場(メラノサイト)はその刺激をキャッチしてしまい、

さらにメラニン生産を辞めなくなると思うんだ(>_<)

皮膚への刺激、軽く考えないほうがよいと思う。



<美容液はVIP扱いで>

化粧水は水分や保湿成分を入れ込むものにすぎないけど、美容液は有効成分を入れ込むもの。

有効成分がギュッと凝縮されているのが美容液、ということで、価格も化粧水や乳液より高い。

ハンドプレスという言葉があるけど、これは本当に大切だと思う。


しっかり馴染む前に次のアイテムをつけてしまうと、

今つけた美容液の美白成分がシミの部分に確実に浸透していない為、

美白効果が充分に発揮できない。

手のひらで顔を抑えるか抑えないかの違いだけど、このひと手間はかなりの差だと思うんだ。

美白成分ってのは、角質層の奥までしっかり浸透してくれなきゃ、なーんの意味もない。

するすると伸ばすだけじゃ、角質層の浅いところまでしか浸透しないんじゃないでしょうか。

ここに『使う人の差』が出ると思う。

肌につけたらぐんぐん浸透!なんて言葉を鵜呑みにせず、自分の手で浸透の手助けをする。


もちろん、化粧水ならそこまで気を使う必要はないと思う。

せっかく補った水分だもん、肌から蒸発する前に次のアイテムを使ったほうがいいと思う。

化粧水は次に使うアイテムの有効成分の通り道を作ってくれるものだし、

肌から水分がなくなる前に、ある程度浸透したら速やかに次のアイテムを使ったほうがよいと思う。

でも美容液はVIP待遇。



<乾燥肌に美白成分は効果なし>

コスメカウンターによく行く人は、

「乾燥してると美容成分は浸透しないので保湿もしっかりやってくださいね〜」

的なこと、美容部員さんからよく言われませんか?

これ、さらっと聞き流してる人いるかもしれないけど、めちゃくちゃ大事なこと。

カサカサしないし、突っ張りもないし、特に乾燥肌じゃない、と思っている人もいるかもしれないけど、

自分の年齢が20代後半、30代〜なら、その過信はしないほうがいい。

自覚がなくても、実は測ってみると、潤いのバランスが取れていない人は意外と多いから。


乾燥していると、残念ながら潤った肌の人よりメラニンの排出がしにくい(ノω・、)

肌の新陳代謝のリズムが低下してるからです:::。

残念ながら、こういう乾いた肌には有効成分は働かない。

美白美容液に必ず入っている「美白成分」、これが働いてくれないんだバッド(下向き矢印)


有効成分が効果を出すのは潤った肌に使ってこそです。

肌をしっかり潤わせて、その潤った肌に使わないと意味ないんだ。

「美白」と「保湿」は必ずセットでやらなきゃ意味ない。

同じ化粧品を使った時、肌の状態がどうかで効果が雲泥の差になる。

肌の状態、どれだけ肌が潤っているかって大事だよ。


保湿って、朝スキンケアをした時はもちもち潤うけど、いかにそれが長時間続くか、だから。

「保湿はちゃんとやってる」じゃなくて、いかに1日その潤いが持続するか、だから。

夏にしても、暑さの為さっぱりタイプの保湿ケアばかりしていると新陳代謝のリズムが低下します。


「同じものを使っても1人1人肌の状態は違うから、だから結果の出方も違うんですよ。
それが分かってくださる方だといいのですが、そういう方ばかりではないので・・・」



とかつて接客してくれた美容部員さんが嘆いていたことがあるけど、本人にそのとおり。

肌の構造や成分についてよく分かっていないと、目先の結果しか求められなくなる。

潤った肌と潤い不足の肌では、同じ美容液でも効果の出方は雲泥の差なことを分かっていないと。



最後に・・・。

よく耳にするお肌のゴールデンタイム

午後10時から午前2〜3時のことを言うけど、皮膚の新陳代謝が最も活発になる時間帯。

クリニックの先生もよく言っていますが、このゴールデンタイムは科学的な根拠もきちんとある。

寝る前にはあった顔の赤みやポツポツが朝起きたらひいていた、ということありますよね。

これは、寝ている時に成長ホルモンがしっかり働いてくれたから。


成長ホルモン=人間の体をダメージから回復させるホルモン

この成長ホルモンが1日の中で1番多く分泌されるのが、就寝中の午後10時〜午前2〜3時頃。

そしてまさにこの時、新陳代謝が1日の中で1番活発になる。

この時こそ、体の中で細胞分裂が活発に起きてるんですね〜〜。

傷んだ細胞を治してくれるのは寝ている時、しかも深い眠りについた時間帯だけ。

起きている時はほとんど行われない。

細胞分裂が行われる時間帯こそ、傷ついた細胞が綺麗になる時間帯ぴかぴか(新しい)


睡眠は、思っている以上に体や肌に大きな影響を与えるんだね。

美容に関心のある方なら肌のゴールデンタイムの話は耳にタコかもしれないけど、

なぜゴールデンタイムなのか?まで分かった上で。

この時間帯を逃しているとシミが消えるのにますます時間がかかるでしょう;;;。

昔と違って現代で10時に深い眠りにつくのは難しいけど、

それでも、日付が変わる前に眠りにつくのがシミをなくす近道。

メラニンを捨てる肌を作るまさにうってつけの時間帯なのだから。





人間には自然治癒力がある。

「あんなにひどかったニキビ痕が今は綺麗になった」 「昔怪我した傷が気づいたら消えていた」

なんてこと、よくあるよね。

わたしたち人間は、たくさんの細胞で出来た動物。

細胞が生きている限り回復能力がある。

だから元に戻すことは充分可能!


でも自然治癒力だけに頼っていては時間がかかることも多い。

状態がひどくなると、自然治癒力が追いつかなくなる。

だから自分に備わっている自然治癒力を自らお手伝いをする。

これが大事なんじゃないかなーと。

自分の肌の自然治癒力をいかに手伝うか、これがなすべきこと。

手助けが適切なら、肌は優れた回復力を見せると思うのです。



部屋にいても逃げられない紫外線〜シミ編1〜の最後に、追記を更新しました。



<シミ編1>部屋にいても逃げられない紫外線
<シミ編2>美白化粧品じゃシミは消せない
<シミ編2.5>シミが消せるハイドロキノン
残念ながら消すことが出来ないシミは存在します






| RANKING(↑) | Comment(21) | TrackBack(0)     はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をlivedoorクリップに登録
この記事へのコメント
ねこみさんお久しぶりです。
前回は丁寧なお返事ありがとうございました。
今回も興味深いことばかりでねこみさんのブログは読む美容液です。ホントに私の肌がびっくりするくらい綺麗になってくんです。ねこみさんのブログ読んでから美容部員さんとかの話聞くと逆に物足りなくなっちゃうくらい……。美容部員さんに使い方や成分などを質問しちゃう私も私なのですが…(笑)
ピーリングについてですが私昔コメドやちょっとしたニキビ跡に悩んでた時に3回くらい皮膚科でやりました!ピーリングはものによってはコラーゲンの生成を促すものもあるし安心して私もそのときは駆け込みました!今はやってよかったと思ってますが最近角質培養という言葉をネットなどでよく聞くのでいろいろケアに迷ってます。
例えばゲルマニウムローラーやマッサージです。ねこみさんの今回のお話でもでてきていますがマッサージはシミを濃くしてしまうかもしれないということとかで。
私は小顔目的と血行がよくなることによって肌の調子もよくなるかなあなんて思ってやっていたのだけど最近角質培養という言葉を知ってから全くそういうことはしてません。角質培養は基本的に肌を擦らない触らないとかで。ゲルマニウムローラーも肌を傷つけてるかなあなんて思えてきました…。
過度な角質培養もどうかとは思ってます、現に私は角質培養を意識しすぎたあまり一時期、下地とパウダーだけだからという理由でクレンジングもしず洗顔は夜だけみたいな生活をしてました。角質培養をされてる方はそうしてるみたいなのですが全然肌はよくなりませんでした…。
今は特にシミもないんですが(見えないシミはあるかもしれません)そういうマッサージやゲルマニウムローラーなどはねこみさんはどう思われますか?ねこみさんはマッサージなどご自分でされていますか?

またまた長くなってしまってごめんなさい。
Posted by まあむ at 2010年11月03日 08:21
>まあむさん

こんばんは!
なんだかすごい褒め言葉をいただいたようです(;^ω^A
自分の体験や経験から思うこと・感じることを綴ってるだけだけどね^^;。
でも読んでもらえるのも嬉しいけど、こうやってコメントをもらえることはすごく嬉しいです。

あー、ありますね〜角質培養。
何度か目にしたことあります。
これは・・・万人に適した方法ではないと思いますね^^;。

普段マッサージは全くといっていいほどしません。
ただ、お手入れの時は毎日、
リンパの流れを意識した指の動かし方でクリームを伸ばしてます。
これはもう何年も続けてますね。
でも特別マッサージタイムを設けてやることはしてません。

ゲルマニウムローラーは特にシミの元になるとは思わないかな。
コロコロ転がしてるだけだし、強く押し当てないですよね?
ただ、物理的刺激はメラニンを活性化させます。
美容器具を使う時も、手でのマッサージも、
大切なのは「すりこむような使い方をしてはいけない」だと思います。
ゲルマニウムローラーも、強く押し当ててこするように転がしていれば、
メラニンを活性化させてしまうと思います。
使い方次第でしょうね^^;。


Posted by ねこみ at 2010年11月04日 18:47
ねこみさんこんばんは^^
前回は便秘のアドバイスありがとうございました♪
梨も数日試してみたんですがダメでして・・・(梨が中々手に入らず大変でした、梨高い〜><)
結局クリニックに行ったんですが、20代女性で便秘でガンとか9割ないから!とあしらわれてしまいました・・・
1割だったらどうするのー!と思ったけど
とりあえず下剤を貰ってしまったので一旦スッキリさせてみようと思います^^;

今回もねこみさんの記事を読んで早く皮膚科に行かねばとあせりました!
内側からのケア、重要ですね!
ピーリングも気になりましたが今のところフォトフェイシャルをやろうと思うのでカウンセリングの時薬も要求してみます♪

ホワイテックスというめちゃ高いサプリを3カ月くらい飲んだけど実感せず投げ出した私は耳が痛いです・・・;;
高くて、効果も感じず続けられなかった・・・!
しかし今、職場の湿度が28とかで乾燥地帯です顔がツッパリます。
どーしたものかと無印の化粧の上から水分補給みたいなミストを使っていますが気休めな感じです。今度は根気よく続けてみようかと潤い系サプリを調べ中です。
しかし、コラーゲンやヒアルロン酸を経口摂取しても無意味説もありますよね?コラーゲン鍋で翌日プルプルとか医学的にあり得ないそうで。
でも実際アミコラでプルプルになって大絶賛してる人間がいるのも事実・・・ブラシーボ!?
またまたねこみさんの意見をお聞きしたいです><

あ、ちなみにゲルマローラーを顔半分コロコロして変化を観察した所・・・母も私もコロコロした方が明らかに毛穴が開きました(死)
刺激を与えすぎたのかもしれません。
頑張って裏目に出たら悲しい・・・頑張り方を間違うのは本当悔しい。
Posted by まみ at 2010年11月04日 22:45
>まみさん

こんにちは〜。
うーん、ダメですか(;´Д`)
そうそう、ちょうど梨のコメントをした時までは梨の時期で、
毎週のように梨を食べていたので提案をしたのですが、
あのコメントをした直後、地元のスーパーでもこぞって店頭から梨が姿を消してしまって、
あーワンタイミングずれちゃったなーって思ってたんです。
すみません(>_<)

でも1日おきくらいには便通あるんですよね?
ねこみは毎日ヨーグルトと青汁を同時に摂る習慣があるんだけど、
この組み合わせで30分以内にはかならずトイレに行ってスッキリです。
遅くても1時間以内にはスッキリ(*・∀・)
一応こちらも提案ということで^^;。

うん、おっしゃるとおり、コラーゲンで翌日プルプルはあり得ないと思います。
そういうのを聞くと「うそだぁ」って思います。
肌の構造を考えた時、まずそれはありえません。
ターンオーバーの観点から見ても考えにくいです。
そういう感覚になることはあるでしょうが、
真のコラーゲンとして定着はしてないはずです。

コラーゲンについては2年半前に一度記事にしてるので、
そちらを見たほうが早いかと思います^^。

http://shima.seesaa.net/article/50902929.html
(魚と豚のコラーゲン、本当はどちらが効果あるのか?)

食べ物に含まれるコラーゲン、サプリで摂るコラーゲン、その効果の真偽など綴ってます。

ゲルマニウムローラーで毛穴が開いたというと・・・・。
もしかして乾燥している肌にローラーを使ったのではないでしょうか??
ゲルマニウムローラーは使うことで肌の保湿力がアップするのが売りではあるけど、
乾燥した肌にコロコロすると、乾燥を促進してしまい、
毛穴が開くことは充分考えられると思います。
(乾燥すると毛穴は開いて見えるので)
肌をしっとりさせてから使えばまた違うんじゃないかなーと思うのですが、
どうかなぁ??
あとはローラーが合っていないか。。。

それにしても湿度30%以下ってめちゃくちゃ乾燥地帯ですねΣ('◇'*)
暖房でそうなってるのかなぁ??
ちょっと低すぎ、というか、風邪やインフルエンザのウィルスがヤバイですねo(T□T)o
Posted by ねこみ at 2010年11月05日 11:20
はじめまして、数年前からこっそり通っては勉強させて頂いています。
ねこみさんのブログを読むようになってからは、化粧品を一つ選ぶにも、配合成分を確認したりと、口コミや評判に惑わされずに良い物を見極めるべく自分でもきちんと調べるようになりました。
タイムリリース加工のビタミンC、かなり気になっていたので、記事で書かれているのを目にして、思わずコメントしてしまいました^^
以前ブログ内で、日本薬局方のアスコルビン酸を紹介されていたと思うのですが、そちらはもう摂取されていないのでしょうか?
タイムリリース加工のサプリメントはメーカーによって12時間持続、24時間持続〜とうたっている持続時間が異なるのに、大体一日一錠を目安に摂取するようにと表示されていることが多いのですが、ねこみさんは一日何錠摂取されていますか?また、エスターCというサプリメントが気になるのですが、どう思われるでしょうか?
質問ばかりしてすみません。
教えてもらえると嬉しいです。
Posted by mani at 2010年11月06日 05:22
ねこみさんこんばんわ☆
お車の調子いかがですか(;;)
修理は無事に終わったでしょうか(;;)
秋田はそろそろ冬タイヤに交換の時期です。
いつも震えながら交換してます。

今回の記事もとっても楽しく拝見させていただきました☆

今の私の最大のお肌の悩みは乾燥です…。

化粧水をしみこませる事最低10分。
500円玉大を3回はお顔に乗せてじっくり手で浸透させてます。

…が!! クリームで蓋をしてもみるみる水分が抜けていく感じがします。

季節の変わり目だからかな…。
次の休みは今の化粧水より保湿成分が高い物を買いに行きます。下調べしなくては…。

本当、お肌の土台が潤ってこそ美白やにきびのケアが生きてきますね(;;)
乾燥知らずのお肌目指して引き続き美容を楽しみます♪

そんな私は2日に一度は仕事が23時までなのでなかなか当日中に眠りにつくことができません。
お風呂に入ってケアしてると早くて1時です…。
その分早上がりの日は22時頃に寝るように心がけてます(^^)

ねこみさんは夜更かししてしまった時に何か特別にしてる対策はありますか?
Posted by あや at 2010年11月06日 21:21
ねこみさん、こんにちは。
この前は、化粧水についてのアドバイスありがとうございました♪
今は手作り化粧水にセラミド(リペアエッセンス)とアミノ酸を混ぜて使っています。

今回は記事とは関係のない質問になってしまうのですが、コラーゲンについてお聞きしたいことがあるので、コメントさせていただきました。

ねこみさんの記事を読んでコラーゲンについていろいろと調べているのですが、どうしてもわからないことがあるんです。
コラーゲンは、ゼラチンと違って三重のらせん構造がありますよね?低温で低分子にされた(低温加水分解法)コラーゲンには、このらせん構造が壊されないまま残っているみたいです。らせん構造が残っていないものは、ゼラチンであってコラーゲンではないのですよね?(でもこのように考えると、手羽先のスープは、加熱されてゼラチンになっているから、コラーゲンではなく効果なし?ということになってしまいますよね。おかしいのでしょうか?)
体内でコラーゲンとして働いてほしいのなら、らせん構造が残っているものを摂る事が大事だと考えられますけど、らせん構造のままでは分解されず腸から吸収されないと書いてあるものがありました。
らせん構造が残っていても、分子量が6000以下なら吸収できるのでは?と疑問には思うのですが、どうなのでしょうか。
ねこみさんは、その点についてはどのように判断されてますか?

原料については魚の鱗は、塩酸を使わないと処理できず、塩酸が残留している可能性があるから魚の皮が良いと書いてあるものもあれば、鱗のほうが純粋なコラーゲンがとれると書いてあるものもありますよね。
豚や牛のほうが人間のコラーゲンに似ていると書いてあるものもあるし・・・ほんと迷ってしまいます((+_+))

ねこみさんが購入されているコラーゲンは,血液中にきちんとコラーゲンが保持されているというメーカーの実験結果があったそうですが、私が見つけたのはコラーゲン自体ではなくて、ヒドロキシプリンの量が増えたとしているものだけでした(>_<)ヒドロキシプリンはコラーゲンの成分のうちの一つだから、コラーゲンがちゃんと保持されているもののほうが信用できますよね?

いろいろと調べていますが、コラーゲンって奥が深いなあと感じているところです。
本当に効果があるものを探すのって大変ですね。

お時間あるときにお返事いただけると嬉しいです♪



Posted by mai at 2010年11月08日 13:14
>maniさん

maniさんはじめまして(*^ー^)ノ
見てくださっていてめちゃくちゃ嬉しいです!
ありがとうございます。

アスコルビン酸も摂ってますよ〜^^。
今から2年ほど前に「摂っても意味なし?ビタミンCサプリ」という記事を書いてます。
http://shima.seesaa.net/article/101643228.html
ビタミンCを摂った時の実際の体内吸収率や、必要摂取量、ビタミンCの特性、
それとプチコラム的な話などを綴った記事ですが、
ここに医薬品とサプリの自分なりの摂り方を記載しています。
お時間がある時にでも目を通していただけると分かると思います^^

「摂っても意味なし?ビタミンCサプリ」の中でも書いてますが、
自分はメガビタミンを意識してるので、タイムリリース加工で持続性があっても、
最低でも1日2回は摂りますね。
夏場は3回飲むこともあります。
このへんも、さきほど紹介した過去記事で書いてます。

エスターCは有名ですね〜。
試したことはないので効果のほどは分かりませんが、
自分が摂っているものもこれを同じタイプなので、好感は持っています^^。
日本のサプリと違ってよけいな添加物が入っていないのがいいですね。


>あやさん

あやさん、こんばんは〜。
無事修理済みました。
よけいな出費がかかることで凹んでたんだけど、
簡単な修理で済んだため無償で出来たのでよかったです^^;。
こっちもそれなりに雪が降る地域なので、
あやさんとおなじ、そろそろタイヤ履き替えですく("0")>


 >クリームで蓋をしてもみるみる水分が抜けていく感じがします。

この一文から察するに、
『あやさんの肌に本来ある潤い成分がなくなっている』ことが考えられるかなぁと(´□`。)
セラミドなんかはそのひとつですが、
この状態だと、残念ながらいくら油分で蓋をしてもだめだと思います(ノω・、)
油分は『肌本来が持つ潤い成分』の代わりにはならないので。
あやさんが言うように、保湿成分が入った化粧品に変えることが1番だと思います。
それも『肌に本来備わっている保湿成分』を補う。
よく「保湿成分として△△エキス〜配合!」とかありますが、
そういうのは、人間の角質層に本来存在する潤い成分ではないので、
真の保湿をしたいのであればあまり効果的ではないと思います。

保湿成分については別の方のコメントの返事でも書いているので、
そちらを見てもらえるといいかもしれません^^。

「シミが消せるハイドロキノン〜シミ編2.5〜」のコメント欄
→ http://shima.seesaa.net/article/163917738.html#comment
2回目の返信のところです。(長文ですが^^;)

昔と今では環境が変わってますよね。
昔はお店も19時頃には閉店していたのが、
今はデパートも遅くまで営業してるし、
それに伴って遅くまで勤務せざるを得なかったり。
残業が当たり前の会社も多いと思います。
親の若いときとわたしたちの世代では、環境がすごく変わったと思う。

ねこみも遅番の時は帰宅が22時過ぎることがあります(>_<)
夜更かししたらそれはそれでもう仕方ないので、その代わり次の日はちゃんと寝ますね。
寝なかった代償は寝ることでしか取り返せないと思うので。
あやさんと一緒です^^;


>maiさん

maiさん、こんばんは。
自分なりの考えを述べたいと思います。


@らせん構造が残っていないものは、ゼラチンであってコラーゲンではないのですよね?

その通りです。
ゼラチンは、簡単に言えばコラーゲンが変性したもの。(変性コラーゲン)
コラーゲンは3本のらせん構造ですよね?
でも高温になるとこの3本のらせんがほどけます。
1本1本の独立したらせんになるんですね。
そうすると当然、コラーゲン本来の構造とは変わります。
分子構造が壊れるわけだから、コラーゲンとは性質が変わります。
これがゼラチンと呼ばれているものです。
(3本がバラバラになっても、1本1本の鎖は繋がったままですよ)
どちらもコラーゲンと言えるけど、分子構造が違うわけです。
ゼラチンにはコラーゲンが豊富、ゼリーにはコラーゲンが豊富、と言うのはこのこと。
コラーゲンを熱で変性させたものがゼラチンです。


Aらせん構造が残っていても、分子量が6000以下なら吸収できるのでは?
と疑問には思うのですが

そうだと思いますよー。
らせん構造を保ったまま長い鎖をカットしたもの、
それが健康食品などでよく見かける低分子コラーゲンだと思います。
ペプチド化されたコラーゲンですね。
過去記事にある絵でいうと、長〜〜い鎖をカットした図(3番目の図)がそうです。
注:あの図は1本の繊維ですが、実際は3本のらせん状態をカットしたもの、
と考えてください。

ゼラチンやペプチド化された低分子コラーゲンは体内の消化酵素で吸収されます。
でも真のコラーゲン(3本のらせんが絡み合った本来の高分子状態)は、
消化酵素じゃ分解されません。(コラーゲンを分解する専門の酵素でしか分解できない)
だから多くのメーカーはペプチド化する。
その際、らせん構造を残して低分子化されたコラーゲンなら吸収できると思います。
(コラーゲンペプチドなら、分子量が大きくても吸収されるという報告もあるそうですよ〜)


 >らせん構造のままでは分解されず腸から吸収されないと書いてあるものがありました

これは、単純に高分子の状態のことを言っているのではないでしょうか?


B手羽先のスープは、加熱されてゼラチンになっているから、
コラーゲンではなく効果なし?ということになってしまいますよね。

えーっと、そうは思いません(゚ー゚;
コラーゲンの種類としては、3タイプだと思います。
1.高分子コラーゲン(3本の鎖がらせん状に絡みあった状態)
2.ゼラチン(高分子コラーゲンが熱で変性したもの)
3.低分子コラーゲン(高分子コラーゲン、またはゼラチンをペプチド化したもの)

このうち2と3は、厳密に言うと真のコラーゲンではないです。
真のコラーゲンを摂るなら1しかありません。
でもこれだと既出のとおり消化酵素じゃ分解されない。
だから真のコラーゲンの形を変えてでも、体内で分解されるタイプを摂る。
それが今のコラーゲン摂取の形だと思います。

AもBも真のコラーゲンではないけど、コラーゲンの素であるのは確かです。
コラーゲンの材料ですね^^。
先日のmaiさんへのコメントに載せた過去記事にも書いたけど、
あの記事で1番言いたかった一文。

<簡単に言うと、わたし達は、『コラーゲンを摂っている』というより、
『コラーゲンになる材料を摂っている』ということ。>

「コラーゲンじゃないから意味がない」のではなく、
コラーゲンになる素を摂ることに意味がある。
それが言いたかったことです。
本当に奥が深いんですよね、コラーゲンって(´□`。)
過去記事でも書いたけど、
コラーゲンを摂っても直接コラーゲンとして作用なんかしないのだから。
コラーゲンを摂っても体内で再合成されなきゃ機能しない。
再合成にはビタミンCが同時に必要なこともそう。
いったんアミノ酸レベルまで分解されて、
そこから再び鎖が繋がって高分子状態にならないとダメ。
それらを体内でどれだけやってくれるかは固体差がある。

だからこそ、コラーゲンの材料を積極的に摂ることに意味がある、と考えます。
摂ったコラーゲンの素が全部再合成に回されるわけじゃない。
分解されて再び再合成されるのは、その一部なんですよね。
再合成されないで1日を終えることもあるでしょう。
だから、積極的に摂ることでコラーゲンとして再合成される確率も高くなると思うのです。
意味がないから、と摂らないでいては、体内での合成能力は加齢と共に劣るのに、
再合成される確率も極端に少なく、ほとんど合成されないことになりますよね。
例えば仮定として、摂ったコラーゲンの1割しか再合成されないとします。
100摂ったら10しか再合成されない。
でも1000摂ったら100の確率があるということ。
そしてあとは、摂ったあとの体内での分解能力、再合成能力、にかかっています^^。


魚の鱗と塩酸の話ですが、塩酸を使わないと処理出来ないってことはないと思いますよ?
塩酸を使っているところもありますが、使っていないところもありますから^^。
しっかりしたメーカーなら分析試験を公開しているはずなので、
それを見て判断すればよいと思います^^。
あと、魚の皮と鱗のどっちがいいかは一概に言えませんね(゚ー゚;
抽出法、精製法、加工法、といった過程がどうかでどっちにも転ぶと思いますし。
豚と人間は、DNAやコラーゲンの構造は似通っているけど、
魚と豚、どっちから抽出したコラーゲンがいいのか、それも一長一短ある。
ひとつの面だけで悩むのではなく、トータルから見極めて選ぶことが大事なのだと思う。

最後に、コラーゲンは、主にグリシン・プロリン・ヒドロキシプロリンで構成されてます。
(他に酵素など)
全部アミノ酸ですが、特にヒドロキシプリンはコラーゲンの主要な構成成分で、
というか最も重要な成分ですよね。
コラーゲンの素という考えになるけど、
こういうアミノ酸の血中濃度が上がることってすごく大切。
コラーゲン生成の効果に大いにつながるのではないでしょうか^^
Posted by ねこみ at 2010年11月08日 19:02
詳しくお答えいただいて本当に本当に!!ありがとうございます!!!
今日のお昼に書いたコメントなのに、こんなに早くお答えしてもらってほんと感動してます(^^♪

いろんなサイトを調べて、コラーゲンについていろんな事が分かったのですが、その分、混乱してしまっているところも多くて・・・。
ねこみさんのコメントを読ませていただいてどんな風にコラーゲンを選んだらいいのか見えてきたように思います(*^_^*)
嬉しいです♪

ねこみさんのコラーゲンの記事は何回も読ませていただいているのですが、一番大事なところがしっかりと頭に叩き込まれてなかったみたいです(;一_一)
改めて大事な事を教えていただいて、ありがとうございます♪

まだまだ知識不足ですが、これからねこみさんを見習ってもっともっと勉強していこうと思います!!また分からない事があったら、良かったら相談にのってやってくださいっ(^−^)
ほんと頼りにしてます(笑)

今回はありがとうございました!!!!
Posted by mai at 2010年11月08日 23:41
こんにちは^^
質問に丁寧に答えて頂いてありがとうございました。
以前の記事のURLまで教えて頂いてありがとうございます!
目を通していると思っていたのですが、すっかりこの記事の存在を忘れていました;読み返してみて、あーそうだった!と、くだらない質問をして恥ずかしくなってしまいました;わざわざしみませんでした;

メガビタミン、私もしようかな〜と考えて入るのですが、一日2000mg以上ビタミンCを摂取する人は葉酸不足になりやすいときき、葉酸のサプリも同時に摂取した方が良いのかな〜と悩んでいます。もちろん、サプリはあくまでも補助な物なので、食事から補えば良いかな?とも思うのですが・・・(-_-;)

ビタミンCは水溶性なので、そこまで神経質にならなくても大丈夫でしょうか?

ねこみさんは葉酸が不足しないように何か対策されている事はありますか?
質問ばかりしてすみません;
教えてもらえると嬉しいです^^
Posted by mani at 2010年11月09日 08:59
すみません;誤字が!
しみませんではなくて、すみませんでした!
度々すみません;
Posted by mani at 2010年11月09日 09:00
>maiさん

maiさんこんばんは★
いやいや、仕方ないです。
ねこみの記事は長いので(´0`)ゞ
どうしてもさーっと流し読みになってしまう部分があるのも否めないと思ってます^^;。
でも嬉しいです。
こうやって、質問というか、
maiさんが自分でいろいろ調べた上で解決できなかったことを疑問として聞いてくれて、
そのことがキッカケで過去の記事がまた掘り出されて、改めて見てもらうことが出来て。
こんな嬉しいことってないです。
聞かれることで自分も一緒に考えることが出来るから自分のためにもなるので、
自分自身改めて過去記事を振り返る機会を与えてもらってます^^。

ねこみもまだ知らないことがたくさんあるけど、
頑張っている人の力になりたいです(o^-^o)


>maniさん

誤字の件、了解です(・o・)ゞ

くだらなくなんかないですよぉ〜〜。
こういうブログの記事って、一度読んだら読み返すことはあまりないと思うんです。
その時はなるほどとか納得したりしても、
時間の経過とともに案外頭から抜けちゃったりするもんだと思いますσ(^_^;)
本だったら何度も読み返すのは容易だけど、
ブログの記事はどんどん埋もれちゃうしね^^;。
気にしないでちょ。

葉酸ですね(`-`*)
食事の時とか「これは葉酸が豊富なんだよな〜」とか思いながらよく食べますね。
ただ普段から野菜や海藻類を摂ることが多いので、
極端に不足することはないかなぁと思ってます。
1番多いのはレバーだけど、レバーは苦手なので(;´Д`)

野菜で言うと、水菜、かいわれ、ブロッコリー、パセリ、アスパラガスはよく食べるかな。
季節野菜だと、夏は断然モロヘイヤ!
店頭に並びだしたら店頭から姿を消すまで、
買い物のたびに必ず買うほど大好きなんです。
冬はほうれん草にバトンタッチ。
これから旬なので最近出回り始めましたね^^。
昨日も食べました★

海藻で言うと、わかめ、あおさ、海苔、かな。
汁物はよく作るのですが、スープでも味噌汁でも、
必ず何らかの海藻を入れるのが習慣というか。
わかめは乾燥わかめを常備しているのですが、実は一度も切らしたことがないくらい、
重宝していて、常に摂っている一品でもあります。
(塩蔵わかめと比べると、味や食感は劣るかもしれないけど、
葉酸の含有量は乾燥わかめのほうが多いようです)
保存も利きますしね^^。
あとは青汁を毎日飲む習慣があるので、補助的ですが多少は摂れているかなと。

ただそうは言っても、葉酸は水に溶けやすく、熱に弱い性質があるので、
普通に調理すると、実際に口に入る葉酸の量は調理前の半分、
もしくは半分以下になっちゃうんですよね(>_<)
なので、下茹でする時は葉酸が逃げないよう電子レンジを使うようにしてます。
ちなみに葉酸はほうれん草から発見されたビタミンB群で、
ほうれん草が葉っぱで出来てることから「葉酸」と名づけられたそうですよ^^。

個人的に、これなら誰でも気軽に葉酸が摂れる、と思うのは、かいわれ大根(*^ー^)ノ
年中出回っているし、年中安いし、さっと洗うだけでいいし、キッチンバサミで切るだけだし、
加熱の必要もないし、その上葉酸が豊富ときたらいいスプラウトじゃん、って。
ただ、葉酸を含む野菜をあまり食べないのであれば、
サプリを利用するのはありだと思います。
厚生労働省でも、葉酸に関してはサプリの摂取を勧めてるんですよね。
Posted by ねこみ at 2010年11月09日 20:14
こんにちは^^
葉酸について、詳しく教えて頂いてありがとうございました。葉酸の含有量、乾燥わかめの方が多いんですね!初めて知りました。
ねこみさんは栄養面に関してきちんと調べたうえで食事されているんですね。すごいな〜と改めて、ねこみさんの美意識の高さに敬服しちゃいました^^
優しい言葉も!ありがとうございます。
そう言ってもらえて少しほっとしました。
ちょっとした事をものすごーく気にしてしまう性質なので;

元彼からのプレゼント〜の記事も、すごく考えさせられました。
彼がこちらに対して気を使いすぎて丁寧すぎて〜という部分、私も人に対して気を使いすぎるあまり、自分が疲れてしまうタイプなのですが、同じ様に人に一緒にいると疲れると思われてるかもしれません;
広く浅くは付き合えるけど、深くは付き合えない、みたいな;

その彼にお会いしてみないことには何とも言えませんが、作ったいい人なのか、天然でいい人なのか、どっちなんでしょうかね、その彼は (´・ ω・`)
人によく思われたくていい人を演じる人もいれば、人に良い気分になって欲しくてサービス精神を発揮するいい人もいますが、あまり外面が良すぎると、本性はどうなんだろう・・・と少し不安になるかもしれません;
同性ならともかく、男性は関係を持った途端、豹変する可能性も無きにしも非ずですし・・・

プレゼントに関するねこみさんの考え、とても大人ですね^^
彼女の立場からすると、いくら相手がただ単に良いものだから使っているだけで、相手に対する未練は無いよ〜と説明してくれても、それって本心?実は未練あるんじゃないの?と疑ってしまうかもしれません;
ただ逆に自分も、特に好きな人からでは無いプレゼントでも、手紙や本、人形など捨てづらくてどうしたものかと悩みます;人形は妹にあげたりするんですけど(笑)

ねこみさんの日常に関する日記も面白いです!また遊びに来ますね!
ありがとうございました。
Posted by mani at 2010年11月10日 09:01
ねこみさんこんばんは☆あやです。
他の方へのコメントも読ませていただきました。
『真の保湿』。ほんとにその通りですね。
表面だけ潤したつもりになっていては何の解決にもならないし(;;)
自分が本当に必要としている基礎化粧品を見つけるのって、簡単ではないですね。
そしてお肌に害のない、100%お肌にいい化粧品を見つけるもの…。
美肌への道は険しい(;;)

でも絶対に諦めません!!
ふわふわの泡で洗顔してた昔の私はいませんから(^皿^)
ねこみさんに教えていただいた『硬くて流れにくい泡』での洗顔。
お肌に触れずに泡で洗う意味が今では理解してますしね☆
保湿に関してもねこみさんのアドバイスを受け止めて、自分の体が求めてるものを追求していきます☆

本当にねこみさんのブログに出会えてよかった(;;)
知らないままだったら怖いなぁって思うこと、たくさん教えてもらいました(^^)

これからも美容の、人生の素敵なお姉さんとして慕わせてください(^^)

ではでは、次の記事を読ませていただきます☆
Posted by あや at 2010年11月11日 21:07
>maniさん

maniさんこんにちは。
うんうん、女の子でもいますね^^;。
外面はいいけど家では横柄だったり、
逆に家族の前ではいい子なのに外では横柄だったり。

体の関係になったとたん豹変。。。
怖いですね・・・。
男の人とは幅広く遊ぶし、
男友達から誘われれば2人で遊んだり気にせずするタイプだけど、根は慎重派なので、
バンバン遊んでもバンバン誘いに乗っても、バンバンするのはギリギリ手前まで。
男女の関係の雰囲気を感じたらさりげなくガード^^;。
上辺だけじゃなく、もっと奥の部分で心を許せる人だと分かるまでは、
どんなに仲良くなってもたとえ彼氏でも体の関係は拒み続ける性格なので、
幸い豹変された経験は一度もないけど、
相手の本性を見抜こうとせずに関係を持つとそういうこともあるかもしれないですね(;´Д`)

パッと見でいいな、って思うのは、やっぱり「男」として意識出来ることだったり、
男らしい仕草とか外見のカッコよさではあるんだけど、
その後ろで「人間」としていい付き合いが出来るかどうかは必ず見てしまいます。

自分にだけ優しい人はお断り。
人間味のない人もお断り。
職場の人や友人・知人の悪口を言う人も好きになれない。
頭と体で付き合うんじゃなく、心で付き合える人かどうか?
相手の立場に立って物事を考えられる人かどうか?
というのを、
相手の行動・言動から一歩距離を置いて冷静に見てしまう自分がいつもいます。
「一緒にいて楽しい」だけなら誰とでも共有出来るし、
そういう人は付き合ってもいずれ満たされなくなりますよね。
(特に結婚後に分かったり)
苦労や辛さを共に出来るかどうかは大事ですね。

昔の恋人からのプレゼント、確かに嫌な人は嫌でしょうね。
価値観が違うから仕方がない、としか言えないけど、
割り切って考えられるかそうでないか、なのかもしれません。
あー、でも、人形はちと困りますね^^;。
よく人形には作った人の魂が入っているから気軽に捨てちゃいけない、って言うけど、
たとえ工場で大量生産されたものでも、なんとなく捨てにくい物品です(;´Д`)

でも・・・maniさん、
もしかして豹変された経験があるのかなー?とふと思ってしまいました。
違ったらすみません^^;。


>あやさん

あやさん、こんにちは。
「1日潤いが続く肌」が『保湿』だから、
1日潤いが続かないようでは、けっきょくは保湿が出来ていないんですよね。
真皮の潤いは化粧品では無理だけど、角質層の潤いは化粧品で出来るはずなので。
洗顔の仕方も一歩間違えると乾燥肌まっしぐらだけど、
間違った方向へ行かなければ潤いを逃さない洗い方はちゃーんと出来る^^。
乾燥させないために『洗顔をしない』という方法もあるけど、
角質肥厚やターンオーバーの乱れを防ぎたいならしたほうがいいと思いますし。。。

100%は完璧は難しいけど、でも、何事も無知でいないこと、
知っているか知っていないか、この差が意識の差となり、
その差こそ肌に表れるのだと思います。

こちらこそ、これからもよろしくです。

Posted by ねこみ at 2010年11月17日 12:53
こんにちは^^
体の関係になった途端豹変・・・は今のところないので大丈夫です^^;
と、いいますか、今20代前半なのですが、未だに誰かと深くお付き合いしたことは無いので・・・;ただ、声掛けてくれる男性の一挙手一投足に、何かしら、ん〜…と感じるものがあるんですよね;下心があるから優しくしてくれるんだろうな〜とか、勝手に理想を抱かれているな〜とか…;ガードが固すぎるのかも知れません(-_-;)
そんな訳で私自身は大丈夫なのですが、妹の恋愛を見ていると、長く付き合うと男って態度を変えるのかな〜と考えてしまうんです;
傍から見ていたら、どう考えても駄目男だし、妹も駄目男である事を認めているにも関わらず、じゃあ別れたら?と言うと、別れた方が良いのかな〜と言いつつ、有耶無耶になってダラダラと付き合い続けていたり…;
まあ、妹の話を聞く限り、どっちもどっちだろうな〜と考えちゃうんですけどね;
ねこみさんは、お付き合いを始める前からきちんと相手のことを見ているから、付き合って〜本性を知った〜何て事は無さそうですね^^旦那さんも素敵な人なんだろうなあ〜(^v^)羨ましいです☆

Posted by mani at 2010年11月17日 14:19
>maniさん

maniさん、こんにちは。
そうでしたか。
でも、声かけられたら見境なくホイホイついていく女の人よりはいいんじゃないかな^^。
ガードすることは悪いことじゃないですし。

他人に映るカップルの姿は真の姿ではないことも多くて、
当人にしか分からないこともあるから、
こればっかりは2人の問題なのかなー。。。
妹さん、ダメ男と分かっていてもそれを上回る彼の良さがあって、
そこに惚れているのかもしれないですよ^^。

女の子と遊ぶだけじゃなく男の子と遊ぶとまた違った楽しさを見つけられるし、
考え方の勉強にもなるから、
maniさん、せっかくお誘いがあるなら、たまには誘いに乗ってみるといいかも?
一緒に過ごすことで相手を誤解していたことに気づくことだってあるしね。
2人で遊ぶ=男女の関係になること、ではないので^^。

Posted by ねこみ at 2010年11月22日 11:39
ねこみさん初めまして(*^_^*)

26才主婦のパッチといいます。シミやニキビのことで検索していたらこのブログに辿り着き、1ヶ月程かけてすべて読みました。

そこで突然失礼だとは思いますが、ねこみさんの行かれているエステ、あととっているコラーゲンはどこのものか教えて頂けないでしょうか(>_<)

もちろん、使用されているものはねこみさんの考えでブログには書かないということは知っております。
なので個人的に教えて頂けないでしょうか…。

ムリなお願いかもしれませんが切実です。どうか宜しくお願い致します。
Posted by パッチ at 2010年11月29日 11:20
>パッチさん

パッチさん、はじめまして〜。
お返事すっかり遅くなってしまいましたが、読んでくださってすっごく嬉しいです(^0^)
でも大変だったのでは??
ダラダラ長文記事ばっかりなのでσ(^_^;)

コラーゲンの話ですが、
パッチさんの「切実です」という言葉がとても引っかかっております・・・。
おそらく今現在かなり深刻な悩みを抱えているのかなぁと感じたからです。
自分がコラーゲンを摂り始めた時、悩みなど一切ありませんでした。
「コラーゲンで何か変わるだろうか?」などと考えて摂り始めたわけではなく。
現状維持と予防を兼ねて摂り出したものなので、
確かに数年摂り続けているものの、
摂る前と比べて変化した!ということが全くないんです(>_<)
でもおそらくパッチさんは深刻な悩みを抱えた状態・・・。
だから紹介したところでパッチさんの悩みを解決できる自信がない、というのが本音です。
自分自身が摂る前と今とで変化を感じていないから。

もちろん維持出来ているとは感じてます。
シワが出来る気配もなく、ハリが失われることもなく、
肌年齢を若く保てている事実はあるので、
毎年1歳ずつ年を重ねているのにも関わらず悩みが出てこないのは、
信じて継続しているコラーゲンが自分に合っているんだろうな、と実感はしてます。
でも先程のとおり、特に悩みがあって摂り始めたものではないので、
変化した!という体験が自分には全くなく、
パッチさんは現状を変えたいと切実に思っているのだろうと考えると、
だからこそ、パッチさんに対してとてもお勧め出来る自信がありません(>_<)

ただ、今摂っているコラーゲンは摂り出してもう数年経つので
そろそろ記事にしてもいいかなぁとは考えているところなんです。
その商品のこと、デメリットもメリットも含め、
多方面から詳しく書きたいので考えをまとめる時間は必要ですが・・・。
自分の愛用品を伝える時はそういう形で、と思ってます。
実体験を含め、ぜ〜〜んぶ、余すところなく出し切って伝えたいなぁと。

もうひとつエステサロンですが、地元にあるサロンなんです。
TBCとかたかの友梨といった、ああいう全国にある大きなサロンではないので、
残念ですが、パッチさんの地域にはないかと思われます^^;。
お役に立てず申し訳ありません(>_<)

Posted by ねこみ at 2010年12月13日 11:30
マッサージが良くないんなんて知りませんでした。

今度から気をつけよっと
Posted by シンス at 2012年10月28日 15:41
長過ぎて読む気にならない
Posted by 文章 at 2017年05月24日 23:30


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163426218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。