ベストな状態を保てない、 表面だけの綺麗な肌は求めていません。
 そんなお肌のこと、たくさん、惜しみなく。。。

 Aカップの胸を大きくすることは、人が言うほど簡単じゃない。
 今でこそCカップですが、何年もかかった。
 自分が意識するトータル美のひとつとして、バストのことも、
 時々綴っています。

 若いのに魅力をなくす人もいれば、死ぬまで魅力たっぷりの人もいる。
 でも日々思うこと。それは『女の引退はない』ということ。



バストアップへ         
バスト日記              胸日記&肌日記






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


TOP > キレイ日記☆スキンケア編 > シミが消せるハイドロキノン〜シミ編2.5〜
2010年10月14日

シミが消せるハイドロキノン〜シミ編2.5〜

この記事は前回の追記記事となります。


美白化粧品は厚生労働省の認可を受けた成分が入っていなければダメですが、

例外として、厚生労働省認可ではないけど優れた美白成分として知名度の高い成分を、2つほど。



<ハイドロキノン>

前回の記事でも名前だけ触れたハイドロキノン。

これはもう、ビタミンC誘導体でもかなわない成分だろうと思います。

数ある美白成分の中でおそらく1番最強の美白成分じゃないでしょうか。

ビタミンC誘導体同様、還元美白成分です。


美白化粧品に詳しい方はよく知っている成分だと思うけど、漂白力はビタミンC誘導体よりも格上グッド(上向き矢印)

「肌の漂白剤」として名高い強力な美白成分で、シミへの強い美白効果がある成分。

マイケルジャクソンの肌が白くなったのはハイドロキノンを使っていたから、

と一部で言われてたりしますね。

(もっともコレに関しては憶測からくる真偽があるので、ここでは追求はしません)


アメリカでは「美白=ハイドロキノン」というくらい美白効果が高い成分として評価されてるけど、

日本では規制が厳しく、2001年の薬事法改正まで医師の処方箋でしか入手出来なかった成分。

化粧品への配合許可が出てまだ浅いし、未だ厚生労働省でも「美白成分」として認可していない。

だからビタミンC誘導体と違って店頭ではほとんどみかけません。

それでも皮膚科ではシミ治療としておなじみの成分。

皮膚科でシミ治療と言えばハイドロキノンが必ずと言っていいほど出されます。



ハイドロキノンは、分かりやすく言うとアルブチンの効果を高めたものグッド(上向き矢印)

(アルブチンについては前回の記事に記載)

αアルブチンやβアルブチンは別名ハイドロキノン誘導体とも言うんだけど、

まぁ考え方はビタミンC誘導体と一緒ね。


ハイドロキノンが規制されていたのは副作用の問題があるからなんだけど、

皮膚科でしか処方されなかっただけあって、刺激の強い成分なんですよ;;;

使いすぎると白班のような一部分だけ白くなりすぎて皮膚がおかしなことになってしまったり、

炎症を起こして赤みがひかなくなったり(;´Д`)

細胞毒性があるので、長期的に使うにはリスクがあるというか。


これらの欠点を補うべくして使いやすく改良されたのが、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)。

「ハイドロキノン誘導体配合」と表記している美白化粧品は、

けっしてハイドロキノンが入っているわけではなく、これはアルブチンのこと。


とは言え、やはり誘導体にしたアルブチンよりも、本来のハイドロキノンのほうが効果は絶大。

αアルブチンの100倍以上の美白効果があると言われてるから、

誘導体にして刺激がなくなったとはいえ、

シミへの効果を考えると元々のハイドロキノンにはかなわないわけです。



ハイドロキノンは濃度によって効果にも差が出ます。



<2%以下>
化粧品によく見られる濃度だけど、刺激なく使いやすい分、効果は低い。
その代わり長期的に使用することが出来る。

<4〜5%>
主に美容皮膚科で処方される濃度。
市販品でも見られるけど、敏感肌が使うと肌トラブルが起こるリスクが高くなる。
効果は高め。

<5%以上>
市販品の上限濃度を超えているため、医師の処方でしか入手不可。
効果はかなり高いが、副作用のリスクも高くなる。




ハイドロキノンは規制がゆるくなってからはネットでも容易に買えるようになったけど、

少し前までは医師の処方でしか買えなかった強い成分だけに、

安易に買わず、皮膚科で医師の処方のもと、購入したほうがよいと思う。

酸化しやすいので冷蔵庫保存が必要だったり、

病院で少量を調剤して短期間で使い切るなら問題はないけど、

毎日使う基礎化粧品に配合するにはとにかく不向きの原料。

(炎症を起こして赤みがひかない、などのトラブルは本当によく聞くたらーっ(汗)


ハイドロキノンは紫外線に弱く酸化しやすいので、基本的に日中の使用はNG、夜のみの使用。

日焼け止めを徹底することで日中も使えなくはないけど、

汗や皮脂で日焼け止めが落ちてしまうリスクを考えるとやはり避けたほうがいいかなと。


入手方法は限られるけど、皮膚科ではシミ治療の定番。

シミのタイプによっては消えない場合もあるけど、

シミへの効果は一般的な美白化粧品より高くなるので、試す価値はあると思われます。



<甘草フラボノイド>

その名の通り、甘草の根から得られたエキス。

わりといろんな化粧品に使われてます。(ねこみが使ってるクリームにも何気に入ってます手(チョキ)

みなさんがお使いの化粧品にも入ってるんじゃないかな〜?

厚生労働省認可の美白成分を入れつつ、

この甘草フラボノイドも組み合わせて製品化している物は多いです。


油溶性なのでオイルと相性のいい成分。

チロシナーゼの活性を抑える働き方をするので予防美白だけど、その効果は強力パンチ

活性抑制効果はコウジ酸よりはるかに強く、さらには「ビタミンCの約270倍」とよく言われますネ。



甘草フラボノイド。

ハイドロキノン。

厚生労働省で認可されていなくても、美白効果が高いものはあるということですね〜。



えっと、ここからはビタミンC誘導体に興味ある方だけ。。。

厚生労働省が美白成分として認めている成分の中で、

チロシナーゼ活性の抑制に重点を置いた予防美白ではなく、

シミを薄くする還元作用がある美白成分、ビタミンC誘導体のこと。


「ビタミンC誘導体」は総称なので、その種類はとにかく多いですΣ('◇'*)

水溶性を少し挙げれば、「リン酸アスコビルMg」 「アスコルビン酸グルコシド」など、

油溶性「ステラリン酸アスコビル」 「テトラヘキシルデカン酸アスコビル」など、

他にも、もっともっと種類がね、あります。

これは、アスコルビン酸(ビタミンC)にどの物質を結合させたかでタイプが変わるんだけど、

ということは、効果や浸透性も違いがあるし、原価も違ってくるから値段に差も出てくるんですね。



ドラッグストアなどで美白を謳った商品に多く入っているアスコルビン酸グルコシド

ビタミンC誘導体のひとつですが、この成分は肌に浸透した後ビタミンCに上手く変換されないので、

効果はいまひとつだと考えてます。


そもそもビタミンC誘導体とは、本来のビタミンCを皮膚の深部へ誘導するよう改良されたもの。

ビタミンCは本来のピュアのままでは肌に浸透しないじゃないですか。

すぐ壊れるから、そのまま塗ってもメラニン生成工場(メラノサイト)に到着する前にスッカラカン、

無くなちゃう(>_<)

しかも水に溶かした時点で分解が始まるから、化粧品に配合なんてとてもムリ(((((ll´Д `))φ


このピュアビタミンCを守るためにいわば殻を作り、メラノサイトまで誘導するようにした形が誘導体。

だから皮膚深部へ誘導したら誘導体の役目は終わりデス。

「誘導体」が外れ、本来のビタミンCが剥き出しになって効果を発揮する。

これがビタミンC誘導体の仕組み。


だからビタミンC誘導体が肌にいいと言っても、

浸透後は元のビタミンCに変換されないとダメなわけですよ。

んで、この変換は、肌内にある酵素によって行われてるんですね。

そう、つまり、塗ったビタミンC誘導体を皮膚深部で働かせるには、

さまざまな酵素の力が必要なんですね。


アスコルビン酸グルコシドは、

「アスコルビン酸(ビタミンC)」に「グルコース」という糖をくっつけたもの。

この「グルコース」をビタミンCにする酵素は人間の皮膚にはあまりないとされてるので、

浸透しても本来のビタミンCに変換されにくい。

(ラットを使った動物実験では優れた効果があるらしいが、ねずみにはこの酵素が多いのだそう)

アスコルビン酸グルコシドは安定性はかなり高く、熱・光・水・空気に対してかなり強いらしいし、

持続性も抜群と言われてるけど、還元効果は低いビタミンC誘導体だと考えてます。



ただこのタイプのサプリメントはいいでしょうね。

なんてったって天然のビタミンCより持続性があるexclamation

普通のビタミンCは、摂れば一時的に血中濃度が上がるもののすぐ排泄されちゃうでしょ?

持続性はほとんどなしバッド(下向き矢印)

でもこのタイプは、体内の分解酵素でゆっくり分解されて吸収されるから、血中濃度が維持できる。

ビタミンCはいかに血中濃度を保っていられるかがカギですから。


しかも体内の酵素で分解されるとグルコース(糖)が外れるから、

「アスコルビン酸(ビタミンC)」と「グルコース」の別々になる。

ビタミンCはビタミンCで本来の作用を発揮。

グルコースはブドウ糖のことだから、脳や身体のエネルギーになる。

ビタミンCもブドウ糖もどちらも体には必要なものだから、損するものは何もない^^



一般的に効果が高いとされているのはリン酸エステル型ビタミンC誘導体かな?

臨床実績も多いし、皮膚への浸透性もよく、

肌内の酵素でしっかり誘導体が外れるので、本来のビタミンCの効果を発揮できると思います。


「アスコルビン酸リン酸マグネシウム」なんかは、

ビタミンC誘導体の特徴、「メラニン生成抑制」 「メラニン色素の還元作用」の他に、

SK−UのD−メラノTMと同じ「メラニン受け渡し抑制効果」があるとされているので、

ビタミンC誘導体としては優れていると思います。

ビタミンC誘導体もいろいろなんですよね〜。



ビタミンC誘導体はとにかく種類が多いので、いろいろなメーカーが開発してます。

例えば「ビタミンCエチル」は資生堂、

「アスコルビン酸リン酸エステルマグネシウム」は武田薬品、

「アスコルビン酸リン酸マグネシウム」はメナードといった感じ。(他にもいろいろあるよ〜)


ちなみに資生堂が開発したビタミンCエチルは、

酵素の力がなくても細胞にちゃんと取り込まれ、本来のビタミンCとして働くといわれてます。

従来のビタミンC誘導体のように酵素を必要としないのは魅力だなーと思う。

ただ、浸透しないことには意味ないけどね。


ちと専門的になってしまいましたが(*_Д_*)

いずれにしても、ビタミンC誘導体がこれほど多く開発される理由は、

それだけビタミンCが優れているということなんだなーと感じさせられます。



ちなみに。。。。。

ファンデを塗った後、シミが見えてるようじゃダメだと思います(;´Д`)

今はコンシーラーという便利なものがあるし、

ファンデーションでどうしても隠れないならコンシーラーは使ったほうがいいと思うな。

もっとも自分は買ったことがないのでコンシーラーに詳しくはないのですが、

もし自分にファンデで隠れないほど濃いシミが出来てしまった時は使うべきアイテムだと考えてる。

選ぶ時はUVカット効果が高いコンシーラーを。


もちろん、素肌を綺麗にすることを考えず隠すメイクにばかりこだわるのはどうかと思うけど、

シミに対しては、これ以上メラニンを活性させないためにも出来るだけ保護して守るべきです。

絶対に日光にさらさない心がけが必要かと。



<シミ編1>部屋にいても逃げられない紫外線
<シミ編2>美白化粧品じゃシミは消せない
<シミ編3>肌に居座るシミを捨てる方法







| RANKING(↑) | Comment(18) | TrackBack(0)     はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をlivedoorクリップに登録
この記事へのコメント
ねこみさん、こんにちは〜(*^_^*)
シミについての記事すごく勉強になります!

最近、このブログの記事を昔の記事から最近の記事までほぼ毎日読んでます…(笑)!(^^)

ねこみさんに影響されて、トゥヴェールとか塩素除去のためのビタミンCとかスウォッツとかグラマラスカールとかいろいろ買っちゃいました(^−^)♪
良い商品を教えて頂けてほんと感謝してます!

トゥヴェールで顔が白くなってニキビもできにくくなったんですが、乾燥が気になって、それとともにテカリも気になるのが今の悩みです。
コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどで内側からのケアも心がけたいと思っています。
またいろいろ教えてください(#^.^#)
楽しみにしてます!
Posted by mai at 2010年10月14日 18:43
こんばんは♪
またまた美白に関するステキな情報、勉強になります〜!

しかし今は色々な情報が溢れ返っていて何が正しいのか、正しくても自分には向いてなかったりもするので、自分に合っているのは自分で見つけ出さなければ・・・
ねこみさんの記事を参考にさせてもらってます^^

私、加圧トレーニングを始めたんですが
巷ではすっごく効果があると噂なので
すんごい期待していたんですが
今のところ効果があまり感じられなくテンションが・・・
安いものではないのでね・・・。
まだ1.5カ月しかしてないので年内は頑張ってみるつもりです!
8月の異常な暑さで便秘が治らないのかと思ってましたが未だに便秘なのも不思議です。
加圧始めるとすぐに便秘に効果あると謳ってたんですねどね^^;
一応最低でも2日に一回は出るんですが
毎回スッキリしないので・・・
もっと便秘の人は一週間でないとかなので
気にしすぎなのかもしれませんが
いかんせん快便王だったものでショックですしプライドが;;

あ、話は戻りますがファンデで消えないシミがあるのでコンシーラーで隠してます♪
ほっぺのシミはいいんですが目の下など部位によっては相当難しいですね・・・
液状でも中々・・・
一時期プチ整形の記事を読んで金の糸をコッソリ入れてやると意気込んでたんですが
アレって一度入れたら取れないみたいだし
レントゲンにも写るし・・・
でもいつかそーゆーのにお世話になる気満々でいますが・・・!(努力はしますがいつか重力に抵抗できなくなる日が来たら・・・)
ねこみさんはアンチエイジング的な美容整形どう思われますか?
Posted by まみ at 2010年10月16日 22:33
前回は貴重な意見ありがとうございました。私もそういうレーザーなどに頼らずできるだけ日々のケアを頑張っていこうと思い洗顔のときねこみさんがおっしゃっていたくらいきめ細かくて濃厚な泡を作て洗っていたらそれだけでだいぶ肌が変わってきました!!今まではそこまで敏感肌でもないのに肌に刺激を与えちゃいけないと思い日焼け止めだけのときはクレンジングもしてなかったくらいなんですが最近朝クレンジングもはじめました。思ったより全然肌も突っ張らずに化粧水の浸透もよい気がします。今年はレーザーをやらなくてすむかも!?
ねこみさんには感謝してます。ねこみさんは朝と夜で違うクレンジングを使ってますか?
よかったら教えて下さい。
Posted by まあむ at 2010年10月18日 14:08
>maiさん

maiさんこんばんは♪
なんとも嬉しい限りですm(._.*)m
ありがとうございます。
世の中に何千、何万と存在するコスメ品ですから、
合う合わないは人それぞれあって本当に当たり前のことだけど、
その中でもお役に立てて嬉しく思います^^。

ビタミンC誘導体はたくさんいいところがあるけど、
欠点を挙げるなら「乾燥する」ことなんですよね;;;
市販のビタミンC誘導体配合の化粧品なら、
だいたいが保湿成分も配合されているので極端な乾燥に陥ることはないけど、
トゥヴェールは成分が純粋にビタミンC誘導体だけなので、
保湿成分を自分で補う必要があると思います(>_<)

コラーゲンやヒアルロン酸は内側から補わないと真のものにはならないけど、
セラミドは外からでも補う価値がある成分なので、
セラミド入りの化粧品はとても良いと思います★
あとはNMF(アミノ酸)配合の化粧品も乾燥対策にはもってこいだと思います^^。
(乾燥した肌を調べるとNMFが少ないというデータがあるそうです)

自分が使っている化粧品にはセラミドもNMFも配合されてるのですが、
本当に素晴らしい保湿効果があります^^。
市販品でもけっこう探せると思います^^。


>まみさん

まみさんこんばんは♪

金の糸知らなかったじょ〜〜。
こんなものがあるんだーーΣ('◇'*)
ほんと医療は日々進歩してるなー。
ちょっと調べてみましたが、確かに一度入れたら除去するのは難しいようですね。
金の糸を入れて数年後、顔のアレルギー症状に悩まされるようになり、
痒みが止まらなくてどうしようもない、というものを見かけましたが、
死ぬまでの間にふとしたキッカケでアレルギー症状が出るようになったら。。。
そう思うと本来皮膚構造にない物質を入れるのはちょっと怖いかもしれません。
確かに理論上で考えればレントゲンに映るでしょうね^^;

皮膚構造として本来皮膚組織に存在するものを入れるプチ整形なら
ありかなーと思ってます。
ヒアルロン酸とかコラーゲンとか。
アレルギー等の心配もほぼないと思うし。
異物と判断されないから自然になじむというか、そういう物質なら。

ただ、レーザーや照射といった外からの治療に比べると、
皮膚の中に何かを入れる治療はやっぱり抵抗ありますσ(^^;)
中に入れる場合、もし効果を感じられなかった時がどうにも出来ないかなぁと。
単に中に異物が入ってるだけ、ってなっちゃうから。
断固反対!とかではないけど、抵抗はあるというか。
人それぞれだけど、
自分は中に入れるタイプの治療は将来的にもやらないと思います。
(年取った時に考えが変わることはあるかもしれませんが今の考えでは)
ただひとつハッキリ言えるのは、もしそういうのを考えるほど肌に悩みが出来たときは、
臨床例の多いものをするようにしたほうがいいと思いますよ。

毎日でなくても2日に1回で出るなら便秘とは言わないようですが、
でもそれまでが毎日快便であったならプライドが許さないですよね;;;
わかりますよ〜〜、自分がそうだとしても同じだと思うから(>_<)

でもーなんでだろ〜?
今年の夏は過酷な猛暑だったけど、食事とかどうでしたか??
暑さのせいで食事が夏仕様になり、
食物繊維のバランスが崩れたってことはないかなぁ?
(野菜をたくさん摂っていてもそれが不溶性ばかりだと便秘になることがあるので)

この前話した、水溶性食物繊維のほうをたくさん摂ってもダメ?
今の時期ならではというと、梨とかどうでしょう?
梨は90%が水分でできているので便秘にはもってこいの果物じゃないかなーって。
実際今毎日のように食べてるんだけど、
食べるとわりとすぐに便意がきます^^;。

加圧トレーニングも継続は力なり、ですね^^。


>まあむさん

まあむさん、こんばんはー。
何事も、悪い部分が取り沙汰されるとその情報だけが独り歩きしてしまうように思います。
やり方さえ間違えなければ優れもの。
やり方を間違えるから悪くなる。
紙一重なんだと思います。
化粧品の使い方って。

肌は洗顔で随分変わると思います^^。
自分が身を持って実感してるので。
もちろん洗顔の仕方も紙一重で、いいほうにも悪いほうにも向いてしまうけど、
やり方さえ正しく出来ていればホントいい方向にぐんぐん向かうと思います。

あ、クレンジングは特に変えたりしてません。
それと朝のクレンジングは、1年中365日必ず毎日、ではなく、
季節や肌の調子を見てするようにしてます。
ちなみに真冬は朝のクレンジングは控えます。
皮脂詰まりや角栓の悩みがそれほどないので、
皮脂分泌が少なくなるこれからの季節は夜だけかな。
年間を通して肌状態を見ながら臨機応変に変えてます。
(夜はもちろん毎日ちゃんとします^^)

Posted by ねこみ at 2010年10月18日 19:07
アドバイスありがとうございます!!
セラミドは、こんにゃくを毎日食べればOKと思っていましたが、化粧品でも補うと良いんですね(^−^)♪

「潤いを補うにはホホバオイルとシアバターで十分!化粧水などは逆効果」だということも聞いたことがあって、私は最近は
洗顔→スウォッツ→トゥベール→ホホバオイル→シアバター→日焼け止め
って感じでケアしていたんですが、これじゃあ乾燥肌には足りないのかな・・・。

あと、コラーゲンとヒアルロン酸はサプリで摂ろうかなと思っているんですが、サプリじゃ吸収されないとかいろいろ書いてあってまだ購入するか決めてません((+_+))
ねこみさんは、コラーゲンを豆乳青汁に入れて摂ってらっしゃるんですよね?
選ぶときってどういうところに気をつけたらいいんでしょうか?

いろいろ聞いてしまってごめんなさい(>_<)
またお時間あるときに教えてください!!
Posted by mai at 2010年10月19日 16:10
>maiさん

maiさんこんばんは〜。

 >「潤いを補うにはホホバオイルとシアバターで十分!化粧水などは逆効果」

むむむ・・・?
これは・・・情報元はどこなんでしょ〜か(◎_◎)?
充分ってことはないと思うなぁ。
確かにシアバターやホホバオイルは肌の保湿にとても有効だと思います。
若い肌ならこれで充分かもしれません。

でも肌の保湿を担っているのは「細胞間脂質」というところ。
(細胞間脂質についてはこれまでブログでも幾度となく出している言葉だけど、
その言葉からも想像できるように、細胞と細胞の間にある脂質のことです。
つまり、細胞と細胞を繋いでいる脂質ですね^^)
この細胞間脂質、肌の潤いにはもう絶対絶対欠かせないもので、
この脂質こそが肌の保湿を重大に担っている部分なんです。
ここの潤いを保つことが保湿の1番近道になると言われてるんですよ〜〜。

で、この細胞間脂質、その半分は「セラミド」で出来ています。
「セラミドは化粧品でも補える」って言ったのは、
細胞間脂質は(表皮)角質層に存在するからです。
化粧品は角質層に浸透するからね^^、セラミドを化粧品で補うのは有効だと思います。
このことは皮膚科医もよく言っています^^。
(コラーゲンやヒアルロン酸は真皮にあるものなので、
化粧品でこれらを補っても真のコラーゲンやヒアルロン酸として定着はしません)

あと、人の肌には「天然保湿因子」というものが存在します。
簡単に言えば、『肌の中で自然に作られる保湿成分』のこと。
誰の肌にもあるもので、ねこみの肌にもあるし、もちろんmaiさんの肌にも存在します^^。
でも乾燥肌はこの天然保湿因子が少ない傾向にあると言われてます。

この天然保湿因子は、アミノ酸を中心として構成されてるんですね。
天然保湿因子は、別名「NMF」。
先日のコメントで「NMF(アミノ酸)配合の化粧品もいいよ〜」と言ったのはこのことです。
(NMFは「Natural Moisturizing Factor」の略)
アミノ酸が少ない肌は自分で潤いを作り出す力が欠けているわけですね。
肌の潤いを保つにはなくてはならない成分なんですよ★


こういった肌の構造を考えた時、
『もともと皮膚に存在する成分』を補うほうがよっぽど保湿が出来ると思うんです。
潤い対策のためにオイルを駆使する人もいると思うんだけど、
オイルをいくら補っても、皮膚組織にある潤い成分を補わない限り、
一時しのぎでしかないと思うんです。

「化粧水などは逆効果」というのも、う〜ん、ちょっと言い過ぎ感が^^;
確かに化粧水をつけても効果ないことはあると思う。
よく「化粧水は惜しみなくたっぷり」って言うけど、
保湿成分が乏しい化粧水をいくらたっぷり使っても残念ながらあまり効果はありません。
保湿成分を補わなくては意味がないので。(水をたくさん補ってもすぐ蒸発するのと一緒)
だから効果がないことはあるかもしれないけど、逆効果とまではいかないかと^^;。
さきほどのセラミドとかNMFとか、
こういう保湿成分が入った化粧水なら保湿対策にはかなり有効だと思うな。

ネットやメディアなどからいろいろな情報を得ることはとても大切なことだけど、
その情報に確かな裏付けがあるか?
その情報に確かな根拠があるか?
まで調べると、飛び交う情報に惑わされることもなくなると思います。
目の前にあるものが真実とは限らないし、真実はその奥にあることが多いと思うので。


コラーゲンについては過去記事にしてるので、そちらを見たほうが早いかと思います^^。

http://shima.seesaa.net/article/50902929.html
(魚と豚のコラーゲン、本当はどちらが効果あるのか?)

Posted by ねこみ at 2010年10月21日 18:50
いろいろ教えてくださってありがとうございます!!

「化粧水が逆効果」というのは、化粧水のつけ過ぎが逆効果だということでした((+_+))
角質層に蓄えられる水分量は限られていて、それを超える水分を補おうとすると、皮脂膜が流されてしまう原因となるらしいです。
それを聞いてから私はコットンパックもやらない方がいいのかな〜と思ってやってないんです。(←でもやり方によっては大丈夫なんでしょうか?(;一_一)よくわからなくて・・・((+_+)))

でも化粧水自体が悪いわけではないですよね。
細胞間脂質の成分が十分にある人なら皮脂膜の役割を果たすオイルだけでいいかもしれないけど、乾燥が気になるのなら、成分をちゃんと補ってあげるほうが良いですよね。
ねこみさんの記事を読んでほんと勉強になりました(*^_^*)
NMFも気にしつつ化粧水を選んでみようと思いました。

コラーゲンについての記事も読ませていただきました。
ねこみさん、ほんとにすごくこだわってるんですね。
ねこみさんが買ってるコラーゲン、すごーく知りたいけど(笑)、私もちょっとずついろいろ勉強して自分にあったコラーゲンを探してみたいと思います!

また更新楽しみにしてます(^−^)
Posted by mai at 2010年10月22日 19:42
>maiさん

maiさん、こんばんは〜。
あぁ、そういうことでしたか。
化粧水そのものがダメだと勘違いしてしまいました。
勘違いから長々となってしまいごめんなさいo(T□T)o

化粧水はけっして悪いものではなく、「成分」と「使い方次第」だと思います。
使うことで次に使う乳液やオイルなどの馴染みがよくなるという利点がありますしね^^。
「つけすぎ」と思う基準はきっと人それぞれなのかもしれません。

コットンパックは、1日通して充分潤いを保てる肌ならわざわざする必要はないと思う。
でも例えば、古い角質が残っている肌の人なんかはどうしても浸透しにくくなっているし、
そういう肌には手でつけるだけよりは有効なのではないかと思うんだ。
コットンパックは「潤い成分を浸透させる手助け」にすぎないので、
手助けが必要な肌ならしてあげる。
特に必要じゃない肌ならすることはない。
コットンパックで肌が明らかに変わったって人は実際たくさんいますからね^^。
でも何十分も肌に乗せていれば肌はふやけるし、これではいいとは思えません。

maiさんの言うように、細胞間脂質がしっかり満たされてるなら
シアバターやホホバオイルだけでもじゅーぶんだと思います^^。
maiさんはそのケアを続けてみてどんな感じかな?
それでしっかり潤うのであれば問題ないと思う^^。
でも、肌の柔らさが少なかったり、カウンターの肌診断が思わしくないなら、
細胞間脂質を強化するスキンケアを考えたほうがいいと思います。
「オイル(油分)は皮脂膜の代わりにはなっても細胞間脂質の代わりにはならない」ので。
逆に言えば、「細胞間脂質」「NMF」「皮脂膜」この3つがしっかり補えていれば、
化粧水は少量でもかまわないと思う。
これが保湿のカギだと思います。

ちなみに・・・、ねこみは長らくコットンパックはしてません^^;。
もう何年にも渡って毎回肌診断で水分量・油分量ともにいい数字が出るので、
コットンパックなしでもいけそうだなーと思って省くようになったんですが、
それから幾度となく肌診断をしてるけど、常に水分値・油分値下がることなく、
平均より高い結果が出るので、今は普通に化粧水のみです。
一番最近だと先週測ったのですが、セラミド量も平均より高く皮脂膜もバッチリでした。
スキンケアにオイルは使わないものの、
セラミドとアミノ酸だけは欠かさず化粧水で補ってるからかなーと感じるんです。
自分の肌状態を把握して臨機応変に変えていけばいいのだと思います^^。
Posted by ねこみ at 2010年10月28日 18:28
お返事ありがとうございます(^−^)

いえいえ、こちらこそ化粧水そのものがダメみたいな書き方をしてしまって申し訳ないです。丁寧にお答えしてもらってすごく感謝です!

私はねこみさんのお返事を頂いてから、トゥヴェールのアミノ酸とセラミドを購入しました。手作り化粧水に入れようと買ったのですが、とりあえず今はそのまま肌につけています。

洗顔→スウォッツ→プレミアムホワイトパウダー入り化粧水→アミノ酸→セラミド→ホホバオイルとVCH-100を混ぜて

というケアに変えてみました。
そしたら、肌が以前に比べて断然潤っています!!
本当に良かったです!!!

ねこみさんにはすごくすごく感謝してます。
こんなに早く実感できるのはすごいと思いました。

ありがとうございました(*^^)v

あと、コットンパックについてもお答えいただきありがとうございます。
コットンパックはいい面もあるんですね。
私の肌にはもしかしたら必要なのかもしれない・・・です。
様子をみながらチャレンジしてみようかな・・・。
Posted by mai at 2010年10月31日 17:26
>maiさん

こんばんは★
いえいえ、こちらこそよかったです^^。

すごい、maiさん、さっそく取り入れたんですね!
肌にはターンオーバー(生まれ変わる周期)があるので、
その状態が自分の肌として定着するのはもう少し先かもしれないけど、
確かな手ごたえを感じてるのは今後がすごく楽しみです。
しかもこれからどんどん乾燥する時期だから、
これが続けば本当にすごいと思う!
アミノ酸はホワイトパウダーに混ぜられるので一緒に作ってもいいかもしれないですね★
Posted by ねこみ at 2010年11月01日 20:33
ねこみさん、お久しぶりです。
みうです。覚えてますか?
にきび跡。。段々薄くなってきました。
まだ完璧には消えてないですけどね( ; ; )
半年は過ぎたんですけど、まだ完璧ではありません。何かいけなかったんですかね?
一応、ねこみさんの記事を熟読させてもらっていろいろ変えました。
とりあえず、必須アミノ酸のサプリを飲み始めて。それから、ねこみさんの洗顔方を続けているうちに肌質が劇的に変化しました。
肌が柔らかくなった?かもです。
前は、週1でガスールパックをしてたんですけど急にガスールパックが合わなくなりました。ブツブツができるようになりました。
それからガスールパックは使用してません。
私の予想ですが、洗顔で古い角質がきちんととれてガスールで角質を取る必要がなかったのかな?と思いました。いい事ですよね?
口の下も鼻もプニプニってこのこと?って感じです。
それから、ビタミンC誘導体パックは続けてます。最近はにきび跡が消えずに焦ってきて4日に一度だけイオン導入してます。
それから私は手作り化粧水なんですけど、ねこみさんがいってたナイアシンアミドを最近混ぜてます。グルコサミンと一緒に使うと美白の黄金比率だそうです。後、セラミド原液も入れてます。
ねこみさんの記事は私にとって難しいです。
何十回と読み返して理解してヒントを頼りに自分なりにスキンケアに取り入れてます。
おかげで、肌はみるみる綺麗になりました。
すごく時間はかかりましたけど(笑)
ねこみさん、ありがとうございます。
後は、薄っすらにきび跡がどう変わるか完璧に消えるまで不安は消えないけど。。。

あっ後、ねこみさんにとったら昔の記事だと思うんですけど最近ローズヒップティーにハマりすぎてやばいです!
ねこみさんもまだ飲んでますか?
すごくおいしいです♪( ´▽`)

すごくまとまりのないコメントでごめんなさい。とりあえず、やっとスキンケア方法が定まってきて肌が綺麗になってきたという報告と受け止めてもらえたら光栄です。
Posted by みう at 2010年11月02日 21:21
>みうさん

こんばんは。
お久しぶりです★
こういうコメントは本当に嬉しいなぁ。。。
読み終わって、じーんとして、なんだかうるっときました(ノ_。)

ニキビ痕は完全に消えるまで意外と時間かかるんですよね。
自分も昔出来たニキビ痕が消えるのに半年以上はかかりました。
薄くなってるんですよね?
それなら今消えていないからといって焦ることはないと思うなぁ。
間に紫外線の強い夏が入ってしまったし、これからじゃないかな??
紫外線に当てないことを徹底しているなら、時間はかかっても消えてくれると思う。
ちなみに今までシミ記事を綴ってきましたが、この後ニキビ痕記事も控えてます。
(長くなりすぎてなかなかいっぺんに書ききれなくて^^;)

そうですね、自分としては、
一般的に言われていることをただ綴るのは自分の理念(?)に反するというか、
日頃から、その根拠は何か、なぜそう言われているのか、
もっと深く突っ込んだ部分を知りたい性格で、
(というか自分が真実を見逃したくないだけなんだけどね)
ブログではそこを綴りたくて、
でもそれが逆に難しい文章になってしまってるかもしれません。
確かに自分でも思うもん^^;。

一応一通り打ち込んだ後は必ず読み直して、「ここ分かりずらいなー」と思う部分は、
なるべく分かりやすい言い方に書き換えたりして必ず更正はしてるのですが、
それでも文も長いだけにやっぱり見難いと思います。
そんなブログを、みうさん、何度も読み直してくれているとのことで、
本当にありがたいというか、本当にじーんとしてしまいました…>_<…
ひとつ言えることは、一見すると難しい内容に思う人はいるかもしれないけど、
いつでも、気持ちをこめて書いてます。
こちらこそ、みうさんのコメントに感謝です。
本当にありがとう!

ローズヒップティーはいつでも飲めるよう常にストックしてますよ〜〜。
Posted by ねこみ at 2010年11月04日 18:42
ねこみさん、はじめまして^^
数年前にねこみさんのブログに出会って、勉強させていただいてます。
本当に勉強になるし、心がこもっていて、読んでいてねこみさんの人柄が伝わってきます!
このブログに出会えたことに感謝です☆

実は今困っていることがあって、アドバイスを頂けたら…と思って書込みしました。
このお正月に海外へ行って、参加したツアーで勧められたマッサージと言うか、エステみたいなものを受けたんです。
そしたら、それがひどくて(;;)
接客もひどかったんですが、内容も…
いかにも安そうな化粧品を使用していて(匂いがすごい)、角質を取ると言ってヘラみたいなもので(目隠しされていたので見えなかったけど、かみそりみたいに感じた)力いっぱいこそげ落とす感じで。
最後に「いっぱい取れたでしょ?」とヘラをふき取ったティッシュに付いた皮を見せられました。
たくさんすぎてビックリしました。


私は敏感肌で乾燥肌です。
現地のガイドさんがすごく絶賛していたので旅行の記念に受けたんですが、海外で言葉もあまり通じず、ちゃんと口コミを調べてから行かなくちゃダメですね…
ガイドさんの言ってることとはぜんぜん違くて、周りのお客さんも不満を言ってました。
ガイドさんは、多分お店から紹介料を貰っているんでしょうね。

数日経っているんですが、いまだにヒリヒリします。すごく乾燥しているのを感じます。
元の状態に戻るのか、もしこのせいで肌年齢が老けてしまわないか、すごく不安です。

何か改善のためにできることがあったら、もし良かったらアドバイスを頂けたら嬉しいです。


そして、最近シミが濃くなってきてしまったので、年が明けたらハイドロキノンを使ってみよう(皮膚科で)と思っていたんですが、今の状態だったら使用しないほうがいいのでしょうか?

長文で、質問ばっかりですみません><
Posted by nico at 2011年01月04日 20:02
>nicoさん

こんばんはnicoさん!
コメントうれしいです♪
ありがとう!!

コメント読ませていただきました。
う〜ん・・・、とんだ災難でしたね(>_<)
せっかくの海外旅行、現地で過ごしている時は楽しかったはずなのに、
こんなお土産があるとは本当に災難でしたね(>_<)
観光で来てる外国人は、だいたいが一度きりのエステ体験で帰国しちゃうと思うし、
向こうもそれを分かってそういうことをしているところもあるのかもしれませんね。

もし自分なら、と思うと、皮膚科に行く選択肢が1番に浮かびます。
ヒリヒリが治まらないのは肌荒れを起こしているからだと思うし、
しかも数日経っているのにまだ続いているとなると
かなり傷ついちゃったんじゃないでしょうか?
不安になるのすごく分かるし、
もしこのコメントを見てくださっている今もその状態が続いているようなら、
皮膚科で適切な処置や方法を聞いてしまったほうが
nicoさんの不安も解消されて安心出来るんじゃないかなと。
おそらく綺麗な角質まで落とされてしまったのではないでしょうか・・・?

今はどんな感じでしょうか?
放っておいても肌の自活力で徐々に良くなるとは思うけど、
綺麗な角質層が出来上がるまでそれなりの日数を要すると思います。
今の状態ではハイドロキノンもどうかなぁと。
皮膚科処方のものは濃度がそれなりにあるから刺激性も増すんですよね(>_<)
悪化してなければよいのですが・・・。

Posted by ねこみ at 2011年01月07日 19:05
ねこみさん、お返事ありがとうございます!

今は、ひりひりはなくなったんですが、すごく乾燥しているのを感じます。こころなしか皮膚が薄くなってるような…
やっぱり綺麗な角質まで落とされてしまったのかな。。(; ;)

自分では、刺激の少ない洗顔料で洗ったり、日焼け止めをしっかり塗ったりしています。

今度時間を見つけて、皮膚科に行ってみようと思います。

お返事本当にありがとうございました☆
これからもブログ楽しみにしています!
Posted by nico at 2011年01月08日 17:30
>nicoさん

nicoさんこんにちは〜。
表皮は約1ヶ月で生まれ変わるのでいくらでもやり直しはききますから、
今はなるべく攻めのケアは控えて保湿に重点を置かれたほうが良いと思います。
(特に今は時期が時期だけに乾燥対策は本当にしっかりやることが1番だと)

ただ1ヶ月で生まれ変わるとは言っても、
顔の角質層はだいたい10層前後あるので、
全てが綺麗になるには1ヶ月じゃ無理だし、
自分の手入れ次第ではもっともっと時間がかかってしまうと思います。
気を使っているようなので大丈夫かとは思うけど、
早く元の状態に戻るといいですね!
Posted by ねこみ at 2011年01月14日 11:18
ありがとうございます^^
もともと乾燥肌だった上に今回のことがあって、本当に保湿は大切だと思いました。

「いくらでもやり直しがきく」この言葉にすごく励まされました!
顔の角質層って10層前後もあるんですね〜。勉強になりました!

今一度、自分のお手入れ方法を見直して、そして今まで以上の肌になれるように頑張ります!!
ねこみさん、本当にありがとうございました☆
Posted by nico at 2011年01月15日 19:55
>nicoさん

nicoさんこんにちは〜。
ハイ!表皮はいくらでも取替え可能ですから^^。
(真皮はちと難しいけどね^^;)
肌荒れしている時ってあんまりケアできないと思うんですが、
そういう時は沈静させることがまず1番なので、
肌を冷やしてあげることも早い回復力に繋がるのではないかと思います。
(手っ取り早いのは保冷剤)
Posted by ねこみ at 2011年01月20日 10:59


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。