ベストな状態を保てない、 表面だけの綺麗な肌は求めていません。
 そんなお肌のこと、たくさん、惜しみなく。。。

 Aカップの胸を大きくすることは、人が言うほど簡単じゃない。
 今でこそCカップですが、何年もかかった。
 自分が意識するトータル美のひとつとして、バストのことも、
 時々綴っています。

 若いのに魅力をなくす人もいれば、死ぬまで魅力たっぷりの人もいる。
 でも日々思うこと。それは『女の引退はない』ということ。



バストアップへ         
バスト日記              胸日記&肌日記






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


TOP > キレイ日記☆バスト編 > サプリ先進国アメリカ
2006年09月22日

サプリ先進国アメリカ




アメリカはサプリ先進国って言われてます。

アメリカのサプリメントは日本より20年進んでると言われてるし、

とゆーコトは日本のサプリメントはアメリカより20年遅れてるってコト。


“アメリカの医療費はかなり高額”


というのは言わずとも知られた話だよね(*_*)

滅多なコトでは医者にかからないので、普段から健康に対する意識が日本とは違う(゜ロ゜;


医者に頼らず自分で予防!


というのがアメリカ。

だからアメリカのサプリは市民権を得てるほど。



ねこみが黄体期に飲んでるワイルドヤム

ワイルドヤム(click!)


これもアメリカのNature’s Wayというメーカーのサプリです^^。

前々からサプリ先進国のアメリカサプリを試したいなーとは思ってたのねvv。

Nature’s Wayはユタ州に本拠を置くハーブサプリメントのトップブランド。

このワイルドヤムは輸入物だけど

楽天で取り扱ってるというコトから簡単に手に入れられるのが嬉しい★

もちろん日本と違って値段も安い♪



アメリカサプリは、全体的に日本より安いモノが多いです(o^-^o)

最初にも触れたとおりアメリカは日頃から病気を自分で予防しようという意識が強い為、

サプリを当たり前のように生活に取り入れてる国。

だから当然サプリメーカーの数も多いし、そうするとメーカー同士の競争も激しいxx。

日本で同じようなものを買えばもっと高いだろうって思うようなものでも

アメリカはその上をいく品質の良さと価格の安いサプリがすごく多いのね。

一般に出回る前に厳しく審査を行う機関がアメリカにはあるし、

その厳しい関門を突破したものしか販売する事が出来ないのがアメリカのサプリ事情。

だから高品質で低価格のサプリが多いし、信頼出来るとゆーわけなのですvv。

日本のサプリとは桁違いですよ・・・。



そして日本とのもうひとつの大きな違い。

ちょっと難しい話になっちゃうけど・・。

日本では「薬事法」というのがあるでしょ?

日本の薬事法はかなり厳しいコトでも知られてるけど

例えば商品の具体的な効能は書いちゃいけないとか、

認められてる成分も日本は少なかったり・・など。

“効く”という表現をしちゃいけないのが日本のサプリメント。

医薬品的な表現は薬事法で禁じられているのが日本のサプリメント。

日本は薬事法で許可されてる成分しか使えないから、

アメリカに限らず海外で一般に売られているサプリに配合されている優秀な成分であっても、

悲しいコトに日本では許可されてないという現実も(ノ_・。)


人間にきちんと効いてくれるサプリがアメリカにはたくさんあるのに対して

日本のサプリは薬事法に違反しないサプリ、という大きな違いが(;_:)

ワイルドヤムは日本でも認められてる成分だから

アメリカ製のワイルドヤムを日本で販売しても問題はないけど

もしアメリカで売られてるサプリの配合成分に日本の薬事法で認められてない成分があった場合、

たとえアメリカではOKでも日本で販売される時は

その成分は排除されたものが販売されるというコトになるので

本当の全成分とは仕様が変わってきてしまうのです(;_:)

薬事法に引っかからない個人輸入が増えてきてるのもそれが原因。


コスメもそーだよね(・。☆

海外でシャネルやディオールの化粧品を、

安いからまとめ買いしちゃえ〜っていうのも良い考えだけど

日本で販売されてる配合成分と海外で販売されてる配合成分は若干違うというのもよくある話。

これも薬事法のワナ。

海外旅行に行って自分で買った化粧品でも、

日本で同じものを買おうとしても日本仕様の成分に変わってしまってます。

薬事法のワナ。

でも日本人の肌質と外人の肌質は国によって違ってくるから

一概に悪いとも言えないけどネ(^_^;)

国内で販売されてる海外メーカーの化粧品が日本仕様に作られてるのは

肌質の違いも考えられての事だし。


まっ、サプリにしてもコスメにしても良いコトもあれば悪いコトもあるってコトなのかな(^_^;)



でも何度かブログでも触れてるけど

このワイルドヤムには本当に助けられてます♪

ねこみは本当に生理痛が半端なくひどかったの(>_<)

生理1日、2日目なんてもう子宮の重々しい鈍痛と、腰の鈍痛、

更には子宮からアソコにかけて突き抜ける痛みが容赦なく襲ってきてもう立ってられないし

つらくてつらくて涙がボロボロ出てきちゃうほどなの(>_<)

普段頭痛や腰痛はしょっちゅうだし痛くても口にわざわざ出して“痛い”なんて言わないけど

もうこの生理痛はとにかく生活に支障をきたす痛み(;>_<;)


生理前もひどいものでした。

いわゆるPMSってヤツだけど、生理一週間くらい前にまず子宮の痛みを感じるのね。

そして変な頭痛が生理が始まるまで毎日。

なんか頭痛いんだよねぇ〜・・っていう痛み。

そして胸が張って、張るのはいいんだけど、もう触れないくらいに痛い(*_*)

お風呂でカラダを洗うときなんて

あまりの痛さからタオルはまず使えないし手に石けんをつけて軽く軽く胸を撫でる程度(;>_<;)


こんな症状が毎月(>_<)そして数年続いてました(>_<)

ところがワイルドヤムを飲んだら徐々に改善され、軽い痛みはあるものの

今までのあの死ぬほど辛かった毎日からは開放されたんです(*´∇`*)

ベッドの上で痛さにのた打ち回るコトもなくなったし

出先で運転中激しい痛みに路中して痛さに耐えるコトもなくなったし

これはもうこのワイルドヤムのおかげとしか思えない(゜▽゜*)


ワイルドヤムは女性ホルモンの分泌を促す植物性エストロゲンを多く含む植物。

生理痛や更年期障害などに効果を発揮する女性のためのハーブで有名だけど、

女性らしいカラダを作ってくれるコトでも知られてます。

豊かなバストくびれた腰をもたらしてくれるとかexclamation

その証拠にワイルドヤムの女性ホルモンの作用はプエラリアの数10倍とも^^。

生理痛とバストアップ以外のワイルドヤムの働きとしては他に

膣の乾燥を解消してくれたり、代謝を良くしてくれたり

美肌には欠かせない抗酸化作用など★

抗酸化は最近テレビでも取り上げられてるぐらい美肌には大事なコト。


これからもお世話になります、ワイルドヤム★



☆★☆バストアップ法☆★☆    





| RANKING(↑) | Comment(2) | TrackBack(0)     はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をlivedoorクリップに登録
この記事へのコメント
こんばんは('-'*)またまたお邪魔しに来ました(^^;最近ねこみさんのブログを読み直してたら…肌の影響は食事が8割化粧2割(合ってますかね)が、とても心に響きました!私、スキンケアばかりに気を使ってまして、体の内側からのケアを疎かにしてました(*_*;私は水分を取り過ぎると下痢になったりして中断してたのですが、昨日から無理せずに水分を取り初めてます(^^)質問なんですが…ねこみさんはサプリを採る時はミネラルウォーターで飲むと見ました!最近テレビでミネラルウォーターにも軟水、硬水があると知ってビックリしました!ミネラルウォーターは全て硬水と思ってたので(°д°;)ねこみさんは軟水?硬水?どちらのミネラルウォーターでサプリを飲んでますか?是非!お教え下さいm(_ _)m
Posted by CATS♪ at 2008年10月28日 22:30
>CATS♪さん

こんばんは♪
肌は食べ物で出来てますからね。
肌は細胞の集まりで出来ているけど、細胞が元気なら綺麗な肌になれるし、
逆に細胞が枯れていたら、肌荒れやニキビ・乾燥したりするんですよね。
肌年齢も実年齢より高くなったりxx。
その細胞を元気にする方法はなんといっても食べる物だから、
化粧品より大切だと思ってます。
もちろん化粧品も欠かせない大切なものだけど、肌は化粧品で作り上げるものじゃなく、
食べ物で出来上がった肌を、維持・向上するためのものと捉えてます^^。

水の話ですが、ねこみは軟水派です。
毎日1.5〜2リットルは飲むんだけど、
それだけの量を硬水で飲むのは自分はちょっと無理ですね(e_e)
硬水はミネラルが摂れる点ではポイントが高いけど、
毎日飲む水をルイボスティーにして飲んでいるので、
自分のライフスタイルでは軟水で問題なしです。
(ルイボスティーはミネラルたっぷりなんですよ)
でも好みだからどちらが良いってことはないと思いますよ〜〜。
確かに硬水はミネラルが摂れる点では人気があるけど、
飲みにくい人には本当に飲みにくいと思うので、
よく言われている「1日2リットルの水分を摂りなさい」を実践するのに、
我慢して無理しながら摂っていてはストレスになると思うしね^^;。

前に硬水と軟水の記事を書いたことがあるんですけど、
http://shima.seesaa.net/article/52309479.html
(枯れ肌→潤い肌への道)
あくまで興味がある場合でけっこうですが、その時はぜひお時間がある時にでも・・・。
Posted by ねこみ at 2008年10月28日 23:54


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。