ベストな状態を保てない、 表面だけの綺麗な肌は求めていません。
 そんなお肌のこと、たくさん、惜しみなく。。。

 Aカップの胸を大きくすることは、人が言うほど簡単じゃない。
 今でこそCカップですが、何年もかかった。
 自分が意識するトータル美のひとつとして、バストのことも、
 時々綴っています。

 若いのに魅力をなくす人もいれば、死ぬまで魅力たっぷりの人もいる。
 でも日々思うこと。それは『女の引退はない』ということ。



バストアップへ         
バスト日記              胸日記&肌日記






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


TOP > キレイ日記☆スキンケア編 > モコモコ泡で洗顔すればいいってわけじゃない
2008年08月01日

モコモコ泡で洗顔すればいいってわけじゃない

以前、弱酸性洗顔料の話をしたことがあります。

たくさんの弱酸性洗顔料が出ているけど、弱酸性洗顔料はアルカリ洗顔料よりも洗浄力が劣り、

実は、毛穴の奥の汚れまでは落ちにくいという話。

あの時もっと伝えたいことが山ほどあったのだけど、記事が長くなりすぎて断念したので、

今日は、そのつながりの話。。。。。


ちなみに前回の記事はこちら ⇒ 弱酸性洗顔の落とし穴


これは洗顔料にあまり興味がない人にはなんのこっちゃって思う話かもしれないけど、

逆に洗顔料に気を使っている人なら気にするべきことだと思うけど、

“pH”(ペーハー)という言葉をよく聞くと思います。

pHというのは、酸性かアルカリ性かを測る単位のことだけど、

pHの数値は決まっていて、その数値は0〜14。

0〜14の中間は7だから、つまり、pH7は中性。

(ちなみに日本の水は、沖縄など地域で違いはあるものの、一般的には中性)


酸性とアルカリ性
酸性とアルカリ性(pH)



pH7の中性を基準として、数字が高い方がアルカリ性、低い方が酸性となるわけだけど、

健康な肌の人ならだいたい、pH4.5〜6.5と言われているので、

つまり、“肌は弱酸性”ということになるわけです^^。

だから、「綺麗な肌をキープするには、常に弱酸性の肌を保つことが大切。」

と言われているわけだけど、肌荒れしていたり敏感肌で肌が弱い人は、

残念ながらアルカリ性に傾いている可能性があるということに(:_;)


それでね、毛穴の奥の汚れとか、古い角質や、油性の汚れといった、

ちょっと落ちにくい汚れを落とすには、pH10以上の洗顔料が必要になるんですね。

普通のアルカリ性石鹸はだいたいpH10〜11くらい。

だからアルカリ性石鹸は汚れ落ちが良いと言われてるわけだけど、

弱酸性の洗顔料はというと、pH4〜5程度。

pHが酸性に傾けば傾くほど汚れ落ちが悪くなるというのはこういうことですバッド(下向き矢印)


確かに肌が弱っている時のアルカリ石鹸は刺激に感じることもあるけど、

アルカリ度が強いものじゃなく、少し弱めの“弱アルカリ性”の石鹸を使ってみるとか、

少し考えて選んでみると随分違うんじゃないかと思います。

pHが少し低い分、強いアルカリ石鹸に比べれば多少汚れ落ちは劣るけど、肌のことを考えると、

たくさんの合成界面活性剤を配合して洗浄力を上げたものよりは低刺激だと思う。



自分は角栓の悩みはありません。

クレンジングの量は絶対にケチらないようにしてますΣ('◇'*)

クレンジングが少ないと、自分が思っている以上に肌をこすっていると思うんだ。

なにより、汚れ落ちが甘くなるバッド(下向き矢印)

ケチって洗うと角栓だって浮き出てこないバッド(下向き矢印)

エステでセルフクレンジングをする時は、いつも手のひらに5〜6プッシュくらいされるんだけど、

クレンジング中も、「足りなければ足しますよ〜。」って必ず言われます。

手のひらから溢れそうなほどの量、というか、もう溢れる量を使います。

まぁ・・・ねこみの手は小さいのでよけいなんだけど(ノω・、)


以前、「小鼻の角栓の悩み?」で、

アドバイザーさんが、「自分はプロという立場から皮脂詰まりがあってはならないexclamationと、

皮脂詰まりが特に起きやすい部分にはクレンジングをさらに付け足しながら

徹底してクレンジングを根気良く続けて、見事毛穴の汚れのない肌を手に入れた話をしたけど、

量が少ないとホントダメだと思う。

コスパが悪くなるからとか、もったいないからと言って、ケチって洗顔効果が落ちていたら、

かえって損していることになって意味がないと思うので(ノω・、)


洗顔の後、拭き取り化粧水を使ったら、

「コットンが茶色くなった!この拭き取り化粧水はスゴイ!」

と化粧水の威力を賞賛する声を耳にしたりするけど、

イヤイヤ、それ以前に茶色くなること自体まずダメでしょ(T▽T)って思う。

洗顔できてないってことなんだし。

ただこの場合、拭き取ったからこそ気づけた汚れでもある。

つまり、拭き取り化粧水を使う習慣のない人はまず気づけない汚れ。

だから、汚れを溜め込んでいるのにもかかわらず、綺麗にしたつもりになって、

実はその汚れに気づかないままでいる人もいるんじゃないかなって(T-T)


クレンジングを馴染ませる時も、W洗顔の時も、ただ手を動かすだけでは、

表面は綺麗になるかもしれないけど毛穴の奥の汚れまではかき出しにくいと思う。

顔の毛穴は下向き↓だから、上から下に向かって手を動かすより、

下から上へと動かせば汚れ落ちにかなり貢献するし、洗い方ひとつでその差は大きいと思う。



そして、クレンジングの後のW洗顔。

洗顔と言えば、“泡で洗う”が基本中の基本ではありますが・・・。

だっぷりの泡でこすらずに洗うことが大切だというのは誰もが知っていて、

きっと、「そんなの今さら言わなくても当たり前じゃん。」って言うと思う。

雑誌を見たって、どこに行ったって、必ず言われるコトだもんね。


「泡で洗わないと肌をこするので肌に負担がかかる。」とよく言うけど、

泡で洗うメリットはそれだけじゃなくて、肌の潤いを逃さない洗い方でもある。

肌の水分量を落とさずに洗える、乾燥肌にならない洗い方^^。

泡で洗うなんて、誰もが知っている当たり前でつまらない結論に行き着いてしまうけど、

やっぱりこれが基本で、とても大切なんだよね。


キメが粗くて悩んでいる方もいるかもしれないけど、

キメの粗さを改善しようと、化粧品をジプシーしたりコットンパックを頑張るなどする以前に、

まず、自分の洗顔の仕方に目を向けるべきだと思う。

だってキメは、肌に手を当てて洗顔すれば簡単に粗くなりますバッド(下向き矢印)

キメは、肌に手を当てて洗顔すれば簡単に乱れますバッド(下向き矢印)

キメが乱れていると悩む人は、実は洗顔でキメが奪われてる人が多いんじゃないかな?


ねこみは今までたったの一度も、キメが粗いとか乱れてるとか指摘されたことはありません。

肌診断では必ず、「キメが整ったお肌ですね。」と言われます。

ただ整っているだけじゃなく、ひとつひとつのキメがとても小さく、細かいそうです。

洗顔のたまものだと自分では思います。

キメが乱れたりキメが粗いお肌では、いつまでもたっても潤い肌には近づけないと思う。

本当にキメが粗いか整っているかは自分じゃ判断できないから、時々は肌診断に行って、

専用の機械で肌を拡大して肌状態を自分の目で確認することは必要だと思う。


ゴシゴシ洗顔はダメとか、優しく洗いましょうとか、

今は美容雑誌によく書かれているからこすって洗う人はあまりいないと思うけど、

こんなことはわざわざ“洗顔法”として書くほどのことではなく、当たり前のこと。

知識として知らなくても、こすって洗うなんて恐くて最初からやろうとは思わないですよxx。

肌はいじめられるとそれに耐えようとして強くなる。(硬くなる)

これじゃいつまでたってもたまご肌になれっこないバッド(下向き矢印)



泡立てはね、これでもけっこう自信があります(o・_・o)

旅行に行って温泉に入った時は、友達に泡立ての手さばきを見られて、よく感銘されます。

「作ってぇ〜〜。」と言われて、大浴場で友達の分を作ってあげたこともあります。

エステティシャンの方にもよく驚かれます。

自分にしてみれば長年やってきた泡立てにすぎないけれど、こだわるのは、泡の質

モッコモッコふわふわ泡は、誰でも簡単に作れるんだよね。

でもモッコモッコふわふわ泡が出来ても、質のいい泡にならなければ肌には乗せません。


“たっぷりの泡”は作れても、“質のいい泡”を作ることは、簡単なようで意外と難しく、

実際、正しい洗顔をしている人はとても少ないのだそう・・・。

自分が洗顔について思うこと。それは、

『どんなにたっぷりの泡でも、
それが質の良い泡じゃなければ毛穴の汚れまで落とすのは難しい』


ということ。


泡を作る時って、少しずつ水を足しながら泡立ててふわふわの泡を作り上げていくよね?

でもね、自分は、けっしてふわふわの泡を目指して泡立てはしません。

普段は手で泡を作るけど、泡を作る時、水はあまり足しません。

時間がない時は泡立てネットを使うこともあるけど、

その時も、泡立てネットは濡らさないで、乾いたまま使います。(濡らすのは手だけ)


水をあまり足さないというのは、もちろん泡立つまで多少時間はかかりますo(T□T)o

でもそこは慣れ。

ある程度泡立てるとふわふわの泡が出来るけど、

「まだまだッ!」「まだまだッ!」と腕と肩が痛くなるくらいの勢いで根気よく泡立てていくと、

それまで手のひらで軽かった泡が、だんだん重い感触になってくるんだよね。

ふわふわ状態の泡を通り越して、ようやく、こっくりとした、硬い泡が出来る。

でも水の量が多いと泡密度がゆるくなりがちなので、硬い泡はなかなか作りにくいバッド(下向き矢印)


重いって言うのは、何て言ったらいいかなぁ・・・、泡が皮膚に張り付いて離れない感触、かな?

例えるなら、まさにメレンゲのような泡。

メレンゲって軽く言ってるけど、メレンゲを見たことありますか?

イヤ、メレンゲは知ってるけど、実際に実物を見たことはないって人もけっこう多いのでσ(^_^;)

たまに、「メレンゲのような泡で洗顔♪」と、泡写真を見かけますが、

気泡が入っているし、“ぜんぜんメレンゲじゃないよ・・・。”って思うことがあります。

メレンゲは、泡が硬くなってまとまった状態。

まとまっていないふわふわ泡や、柔らかいふわふわ泡はメレンゲじゃありませんxx。


よく、“角(ツノ)が立つほどの泡”という表現をするけど、ふわふわ泡でも角は立つと思います。

でもその角は、柔らかい角だと思う。

ふわふわの柔らかい泡って、空気がまだいっぱい入ってるんだよね。

確かに空気がないと泡は作れないけど、適度に泡立てたらちゃんと空気を抜かないと。

たっぷり泡立てて終わりにするんじゃなくて、

両手を何度も何度も動かし続けてしっかり空気を抜くところまでやらないと。

空気が抜ければ、泡は硬くなります。


ふわふわ泡♪
NG泡
・・・に見えますが、これはダメ泡。
こんなまとまりのない軽い泡はまず肌に乗せません。




逆さにしても落ちない泡♪
NG泡
・・・ですが、これはダメ泡。
空気を含んだ泡は毛穴に密着しません。




これが肌に吸い付く泡じゃないダメ泡っていうのは分かるでしょ?

自分としての泡立ての終了の目安は、泡がかなり硬くなったのを確認後、

その手全体についているアワアワを、もう片方の手で何度も何度も拭き取ってみて、

泡が綺麗に手から取れなくなった時。

吸着力が強い泡が出来た証拠で、肌に吸い付きすぎて泡が拭えないってことなんだけど、

普通の泡は水で流せばなくなって消えるけど、ここまでの泡になると、

手に吸い付きすぎて、水道水でさっと流しただけでは泡は流れないです。

泡の原型が崩れにくいっていうのかな。

手の泡をさっと流しても、泡の形は崩れずそのまま泡の形を保ったまま洗面台に落ちます。

この状態、想像できるかな・・・?


ここまで、密着力のある泡を作る。

ここまでの硬い泡を作らないと、肌に乗せた時に毛穴に密着してくれないんだよね。

洗顔料のCMで、『ふわふわ泡♪』『もっちり泡♪』とか見かけるけど、

自分の目からすれば、あんなの目じゃないほど、もっともっと濃厚な泡。

CMの泡は、どれも泡密度が薄い気がします。


泡立てネットの時も、確かに水で濡らせば簡単にふわふわの泡が立つけど、

泡立てネットで作ったモコモコ泡って、泡の目が粗いし、やっぱり泡が薄い(ノω・、)

そこから硬い泡に仕上げるにはかなり時間がかかってしまうし、

それに水を含みすぎて、それ以上どんなに泡立てても硬くならない時がある(ノω・、)

当然水分が少ないと泡は立ちにくいけど、そこは頑張って、

ネットから絞り出すように、クシュッ。クシュッ。としていると、

ネットの隙間から、密度の高い硬い泡が最初から生まれてくる。

自分では分かっている泡のイメージ、伝わりにくいかもしれないけど・・・・、

泡の完成度にはかなりウルサイです(._.)



たっぷりのふわふわ泡を作るのはもちろん大切だけど、

それが=(イコール)泡洗顔か、というとそうではないと思う。

泡の中に空気が入っていない、キメの細い、弾力のある、泡で洗うこと。

ふわふわのたっぷりの泡だけで、“泡洗顔してる。”と思っていても、

それが空気含みまくりの柔らかい泡だったら、毛穴の汚れは絡めとってくれないと思う(p_・q)

肌の表面の汚れは落ちるかもしれないけどね。


よく、「手と肌の間に泡のクッションを置いて。」って言うけど、

単なるふわふわの泡だと、クッションの役目にはならないかなと。

肌の上にたっぷりのふわふわ泡を乗せても、その泡は肌に密着しないし、

泡洗顔と言いつつどこか洗えていないような、そんな感じだと思う。

ふわふわの泡でなでるように洗っても、泡が動くだけで洗えてる気がしないと思う。

上の写真の泡も、クッションにはならないダメ泡。

それは、その泡に吸着力がないから。


大切なのは泡のふわふわさじゃなくて、泡の質だと思う。

汚れを優しく絡め取ってくれる泡というのは、肌にガッツリ吸着する泡のこと

ただのふわふわ泡じゃ肌に乗っているだけで、毛穴の奥の汚れや角栓までは取れないと思う。


うーん、この泡の質感をこうして文字で表現するのってすごく難しいな(ノω・、)、

きっと伝わっていないような気がする・・・。

水分少なめの硬い泥パックってすごく肌にピタッと吸着するよね?

言うならば、このピタッとパックを、泡で全く同じことをする感じ。

この肌にピタッと吸着して離れない泡を、指全体で転がす感じ。

泡と言うより、もはや粘土の域に近い感触。

だから自然とクッションになる。


硬い泡を肌に乗せた時の感触は、泡が肌に吸着しているのが本当にハッキリと分かります。

なんていうか・・・、肌の上で泡が無駄にふわふわ動かない。

これこそ泡洗顔だなっていうのが本当に実感できる^^。

ただ、どんなに頑張っても質の良い泡が出来ない洗顔料もあるのも事実で、

ふわふわモッコモコにはなっても、その先硬い泡になってくれないものも実際ありますが・・・。



洗わない洗顔を実践している人からすれば、邪道に思うかもしれないけど、

くすみのなさだったり、凹凸のない肌の滑らかさだったり、透明感だったり、

そういうのを褒めていただけるのも、

また、角栓を溜めない肌を保てるのも、毛穴が気にならないのも、

全部、洗顔が生きているからだって思えるくらい、高校生の時から洗顔にはこだわってきたんだ。


時には疲れきってお手入れに手が回らない日もある。

ハードに仕事して帰宅が遅くなって、くたくたに疲れてそのまま寝ちゃいたい時もある。

365日過ごしていれば、頭痛がひどくて一刻も早く寝たい日だってある。

飲みに行って帰りが遅くなって、酔いが回ってそのままベッドに直行したい日もある。

でも、どんな時でも洗顔だけはね、絶対に欠かさずきちんとしてきました。

洗顔後のスキンケアはおざなりになってしまうことがあっても、

1日の汚れを落とす洗顔だけは体調不良だろーがなんだろーが欠かしたことがないし、

簡単に済ませたことも1度もないです。

洗顔に関してだけは、“1日くらい適当でもいっか。”と思ったことは一度もない。


メイクを落とさないで寝ると、わずか一晩で肌年齢が3歳老けるとか5歳老けるとか、

そんな言葉もあるよね。

“普段メイクをしないから関係ない。” なんて思わない。

すっぴんだって、1日過ごせば空気中のほこりは付くし、汚れは溜まるんですよ。

その汚れをとりあえずの洗顔で終わらせていると、一晩で3歳とまでいかなくても、

一晩で1ヶ月分老けるとか、もしくは半月分老けるとか、もしくは10日分老けるとか、

汚れを溜め込まない人に比べれば、確実に老けていくスピードは早いと思ってる。


「日本人は洗いすぎ」なんて指摘も聞くけど、洗い方の問題だと思う。

美肌の基本は洗顔にありという言葉があるように、

本当に本当に綺麗な肌がほしいなら、

良い美容液より良いクリームよりなにより、まず洗顔からだと思う。



エステでセルフ洗顔をしていると、あとから洗顔を始めた人よりもねこみのほうが遅くて、

なんとなくやだな〜って思ってたコトがあったのね(T-T)

“この人いつまで洗ってるの??”と思われてないかとか考えちゃって(ノω・、)

クレンジングを始めたのはねこみが先なのに、

あとからクレンジングを始めた隣の人は、気づいた時には既に終了してタオルで拭いていて、

でもまだこっちは泡洗顔の途中で、

「・・・・・・。えぇ(゚ロ゚;)?」とビックリして鏡越しに見てしまったり。


だから、他人と洗顔を共にするのは、正直、気がひける部分があったんだけど、

(洗面台を独占している気がして)

いつだったか、「洗顔の仕方も、すすぎも本当に丁寧でいいですね。」と、

エステティシャンの方に言われた時があったんです。

「長すぎですかねぇ^^;?」と聞いたら、「あ、そうじゃなくて。」と、

ねこみがめちゃくちゃ長いってわけではなく、

肌と手との摩擦が極力少ない洗い方だと説明されたことがあります。

長さに関しては、満足出来る質のいい泡になるまで肌には絶対乗せないので、

多分、泡を作る時間が長いんだと思うけど。


あ、そうそう、これはクレンジングもその後のW洗顔も両方言えることなんだけど、

利き手と反対側は洗い方が雑になりがちなのだとか。

右利きの人なら顔の左側。左利きの人なら顔の右側。

だから洗顔の時は、利き手じゃないほうを意識して洗うように気をつけると良いのだそう^^。



それと、ここからはすすぎの話。。。。。

「すすぎはしっかりと!」と言う意見と、「すすぎは短く!」と言う意見と、

真っ二つに分かれると思います。

すすぎは短いほうがいいという理由として、

たくさんすすぐと肌の潤いが水で流されて乾燥肌になる、ということがよく言われているかな?

でも、すすぎが不十分で、肌に洗顔料が残って肌トラブルが起きるなら、

きちんとしっかりすすいだほうがいいのでは?と、個人的には思います。


エステサロンの洗面台にも、『すすぎは30回以上』っていう張り紙があるんだけど、

イヤイヤ、30回どころかもっともっとかなりすすいで毎日洗顔をしてますけど、

たくさんすすいでも特に乾燥肌になることもなく、今を過ごしています。

その代わり、すすぎ方には細心の注意を払ってはいるけど。

絶対に、顔をこすらないように水をあてるだけですすいでいるし、

小鼻のように側面部分や、鼻の付け根、口周りの凹凸ある部分だけは

すすぎが不十分になりがちな気がするので、このへんは指の腹でポンポンとしますけど、

こすることは絶対しません。

同じ“30回すすぐ”という行為でも、

手の使い方や指使い、水の当て方で全く変わってくるんじゃないかなと思う。


もっとも、肌状態が改善しないのは水道水の塩素が原因という人もいるから、

水道水じゃなく浄水を使うとか、水に気を使うだけでも随分違ったりしますよね。

妹はアトピーってわけじゃないんだけど、水道水がどうしても合わなくて、

料理したりすると肌荒れを起こしてしまう体質なんだけど、

浄水に変えたらみるみる肌の調子が良くなってね、かなり喜んでいたことがあったけど、

先進国の中でも、特に日本の水道水には塩素がかなり投入されていると言うし、

肌が健康な人ならなんてことない水道水も、アレルギーやもともと肌の弱い人の場合、

この塩素に反応してしまっていることもじゅうぶん考えられるんだろうなと思う。

(厚生省も、水道水の残留塩素によって、赤血球が変化したり、リンパ球の代謝が衰えるなど、
細胞にダメージを与えることは認めてます。)



だいたい、分子量が3000以下だと皮膚(表皮)に浸透、800以下だと細胞(真皮)に浸透、

そして75以下だと血管に浸透すると言われてる。

水の分子は、18。

水は、皮膚にも、細胞にも、血流にも、しっかり浸透するということ。

「水をたくさん飲みましょう。」とよく言われているのは、

血流に浸透するからこそさらさら血液の近道になる、ってことで、肌にも良いってわけですね^^。

なんだか、洗顔の話からズレた・・・。



話を戻して。

よく、間違ったスキンケアって言うじゃないですか。

自己流のお手入れから肌トラブルを起こしているケースが少なくないとか、

以前エステでいただいた冊子にも、にきびが出来る原因は、

『間違ったスキンケア』と『ストレスやホルモンバランスの乱れ』ってあるんだけど、

でも普通、“これは間違ったスキンケアだ。”と思いながらお手入れする人はいないと思うのね。

だから、“間違ったスキンケア”って言われてもピンと来ないと思うんです。


自分は、基本的にスキンケアの方法は人それぞれだから間違いも正しいもないと思ってます。

でもたとえば、すすぎは短くということをアルカリ洗顔料でやってしまうと、

肌に石鹸カスが残ってしまう(:_;)

これはアルカリ石鹸の性質だから、仕方のないこと。

弱酸性洗顔料なら多少すすぎが甘くてもOKだったものでも、

アルカリ洗顔料の場合、すすぎをきちんとしなくちゃいけない。


それなのに、「この洗顔料はダメ。肌荒れしちゃう。」「ニキビが出るから合わない」

って容易に決め付けて、実はアルカリ洗顔料のすすぎが不十分で、

石鹸カスが肌に残ったせいでそうなってしまったかもしれないのに、

それにちっとも気づいていないケースがある。

中には、自分が使っている洗顔料がアルカリ性なのか弱酸性なのか、

それすらも知らないで使っている人だっている。

この前のコットンの話も全く同じ。

スキンケア品の特徴や性質を理解しないまま、どのスキンケア品でも同じようにしてしまう、

こういうことが、“間違ったスキンケア”なんじゃないでしょーか。


1日の終わりにしっかり汚れを落とし、たっぷり水分を補給すれば、

次の日の肌も元気で綺麗な肌になる。

大切なのは、1日ごとのリセットだと思う。

化粧品カウンターに行くと、機械で肌年齢をピッと調べてくれるけど、

肌年齢を若くするのは、上からつける化粧水や乳液よりも、1番は洗顔に有りだと思う。





肌の汚れで1番やっかいなのが角栓かな?

角栓というのは、毛穴に埋め込まれたように脂肪の塊が詰まっている状態。

でも、どーして角栓が出来ちゃうのかΣΣ(゚д゚lll)!!??


角栓の突っ込んだ話も山ほどあるのでまだまだ続けて書こうと思いましたが・・・、
これ以上長いとさすがにとんでもない膨大な文章になるので、ここまでにします。。。







| RANKING(↑) | Comment(14) | TrackBack(1)     はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をlivedoorクリップに登録
この記事へのコメント
今回は洗顔ですね〜^^この前、TVで50歳なのに赤ちゃん肌を持っている方を見ました!その人も洗顔に時間と手間をかけていました。

そして、泡を作って泡で洗顔をしていましたが、ちょっと自分の泡に疑問?を感じました。

早く作りたいので水を何回も入れて作っていたのですが、洗った後のスッキリ感?などがあまり感じられませんでした。

で!この前からあまり水を入れないできめ細かな泡(濃厚な泡?)を作って洗顔していたら、ねこみさんがこの話をしていたので^^私の考えは間違ってなかった??っと思いコメントを書かせて頂きました!

良かった〜☆洗顔後の水洗いももっと回数を増やします。

Posted by クシュミ(><) at 2008年08月03日 20:00
洗顔・・・
大事ですよね。

仕事とバイトとかけもちの話はこの前しましたけど、ここ数ヶ月の自分の状況を振り返ってみました。
朝ギリギリまで寝て、洗顔はゆるゆるの泡でざっと洗い(遅刻しそうな時は水で洗うだけの日も・・・)さっと化粧水などつけ(遅刻しそうな時は化粧水と日焼け止めだけ)朝ごはんを食べずに出発。
仕事終わってバイトに行って疲れて、次の日もそんな感じで夕ご飯食べてそのままお風呂も歯も磨かずに朝まで寝て・・・

ここ1週間の間でお風呂に入らない日が2日もありました(TT)
お風呂に入らないイコール顔を洗ってないっちゅーことです。
怖すぎでしょー?!
ねこみさん、血の気引いてますか(笑)?
他にも言えないこといっぱいしてます。。。

数日前に美肌って洗顔が一番大事だよね?!って思ったばかりでした。
ちゃんと汚れを落とさないといい化粧水使っても無意味なわけだし。。
てか私的に写真の泡が充分だったんですけど・・・(苦笑)
私は泡ネットじゃないと泡作れませんよ!?
ねこみさんは手でやってるんですか?
むむむ・・すごすぎる・・・・
今朝はネットを濡らさずに泡を作ったら今まで一番濃密な泡ができましたよ〜☆
手ではなく泡でなでるように洗いました。
この洗顔を毎日続けないといけないんですけどね・・・

ねこみさんは洗顔にはどれくらい時間かけてるんですか〜?


Posted by すいか at 2008年08月04日 12:57


>クシュミ(><)さん

こんにちは。お久しぶりデス。
そうなんですよね、水を入れればすばやくもこもこの泡が出来るけど、
泡密度が薄いというか、ギュッとまとまっていない泡なんですよね・・・。
自分が思う肌年齢の若さのポイントは、『キメ、ハリ、潤い』だと思うんですけど、
“キメ”と“潤い”に関しては、洗顔が1番のキーポイントだと思ってるんです。
かといって保湿成分たっぷりのまやかしのような洗顔料に頼るんじゃなくて、
全ては“洗い方”かなぁと。
やっぱり、角栓や皮脂詰まりといった毛穴の奥の汚れまで綺麗に落ちてこそ、
“真の洗顔”だと思うので。
そのテレビの50歳で赤ちゃん肌の方は自分の理想です(゜.゜)
自分の肌年齢は、今のところ実年齢よりかなりマイナス年齢を維持出来ているけど、
それに甘んじることなく、
これからも維持出来るように自分の方法を見出していきたいなと思いました。


>すいかさん

こんにちは。
バイトって毎日?・・・じゃないですよね?
疲れて早起きが出来なくて朝はギリギリまで寝て・・・っていうのはすごく分かります。
自分もそういう時あるから^^;。
でも、朝時間をかけずにさっと済ませてしまうのなら、せめて夜だけは・・・!
夜さっと済ませて寝るのなら、せめて朝だけは・・・!
せめてどちらかだけは・・・!と思いました^^;。
お風呂も、湯船は入らないとしても体洗うだけは(@_@;)
体を洗わないでベッドに入るのって抵抗ないですか??
自分は抵抗あって出来ない派なんです^^;。
ベッドは綺麗な体を置く場所という、神聖な場所?みたいな感覚があって。
帰宅っていつも何時ごろなのかな?
0時くらいなら、お風呂入ってスキンケアしても1時半頃には寝れそうですよね?
ほら、バイト君との出会いもあるわけだし、
彼に「いいなー。」って思ってもらうためにも、・・・・ね??

写真の泡は、ふっと息を吹きかけたら飛んで行きそうでしょ?
つまり、空気含みまくりの軽い泡ってことですxx。
ん〜、洗顔の時間はどれくらいだろう??
泡立てる作業から綺麗にすすぎをこなすまでトータルで考えると、
15分くらいでしょーか。
ハッキリ計ったことないので今夜計ってみようかな。
Posted by ねこみ at 2008年08月04日 14:08
こんにちは〜。

今日も、楽しくお勉強になりました。
私も、絶対にクレンジングや洗顔なしでは寝れないんです。なんかイメージで汚い感じがして・・・。単純に、今までそのまま寝たことがないだけで、一回そのままで寝てみてなんともなかったら、そのうち『まっ、いっかぁ』て思ってしまうのかもしれないですけど。

ねこみさんが言われてる、ダメな泡って、顔に乗せて放置すると、『ぷちぷち』弾ける様に消えてなくなるような泡じゃないですか?(違ってたら御免なさい・・・)私はねこみさんみたいに、素手で泡立てがなかなか出来ないので、泡立てネットでの力をお借りて泡を作るのですが、ネットを1度濡らしてオモイッキリ何回か振って水を切ってから泡を作るのですが、水をよくよく切った時は、その泡が顔にいつまでも、プチプチ弾けないで形もそのままって感じなんです。

今日の記事で、洗顔の摩擦でキメが乱れる・・・ってありましたけど、私の肌はキメが乱れてるので、まだまだ洗顔の方法がダメなんでしょうね。すすぎはもちろん30回以上(年齢+10回だと自己流の考えで)で、自分では肌はこすらないように洗顔やすすぎをしてても結果、キメが乱れてるのはやり方がなってないんだと再認識しました。頑張ります!


ねこみさんちの台所に、窓がなかったんですね。それでも、ちゃんと料理されて尊敬です!うちんちの方には、小さい窓があってもほんと意味なし!って感じなんです。私が住んでるところは、建物の西の角部屋で、さらに、台所がその壁側!だから、西の角部屋なんで熱がいつまでもコモって、最近はお茶も作らずにミネラルウォーターの生活です。

それにしても、めこみさんすごいですね!私はモロヘイヤを料理に使ったり、食べたことがないです。ねこみさんは、ほんと、好き嫌いがなさそうだし料理もうまそうですね。私は、見た目から食べず嫌いなとこがあるんです。茄子やイクラ、ウニ、椎茸、あと食べる機会もないけどキャビアとか見た目で、食べれないんです・・・。(だから、自分が嫌いな茄子や椎茸はつい料理の出番が少なくなっちゃうんです)そうそう、お寿司も、イカぐらいしか食べれないんです。酵素の為には生のお魚を食べれないとダメなんですけどね。ちなみに、大好きな野菜は、南瓜と人参なんです。だから、この時期は、美味しくて切れやすい南瓜を食べれるのが幸せです!人参は、京人参とかみたいに、人参独特の香りがしてほっこりした甘みが大好きなんです。こんなこと書いてたら、私が好き嫌い激しいのがバレバレですよね。



Posted by くろちゃん at 2008年08月04日 14:37
私もそのままベッドに入るのは嫌ですよ〜。。。
でもカーペット(床?)に寝てて、気付いたらベッドで寝てるんです!!!(@0@;)
自分でもびっくりですよ〜(笑)

湯船には毎日つかる派です^^夏もね。
シャワーだけは苦手なんですよね〜。
バイトは毎日ではないんですけど、バイトがない日も残業だったり、定時で帰っても疲れがどっと出て寝ちゃうんですよねTT
バイトで疲れて帰ってきて、ちゃんと湯船につからないと疲れが取れなくて夜眠れなかったりするんですよね・・・

そうなんですよ。バイト君がいるから綺麗になりたいのに・・・
気持ちと行動が反比例して自分でもジレンマです×××
ダイエットもしなきゃいけないのに不規則な生活してたらダメですよね。。。

今日の夜も必ず丁寧に洗顔します!!!
Posted by すいか at 2008年08月04日 18:08
>くろちゃんさん

こんにちは。
ううん、自分が記事で言っているダメ泡は、弾けて消えないですよ〜。
弾けて消える泡となると泡以前の泡というか、レベルが問題外なので、
記事ではあえて触れてません^^;。
やっぱりなかなかこの感触は伝わりにくいかなぁ・・・。
この泡を作ったことがないと想像しにくいかもしれないです。。。
記事の写真の泡はゆるくてダメ泡と言ってるけど、
肌に乗せてもぷちぷち弾けて消えることはありません。
ちゃんと肌の上で泡泡いっぱいになるし、モコモコになるし、いつまでも消えません。
手を逆さにしても泡がくっついて落ちないし、もちろんきめ細い泡です。
でもまだ完成度が100%じゃない。
完璧な硬い泡を100とすれば、弾ける泡が10、写真の泡は60くらいですかね。
きめ細かさも、写真の泡が普通だとすると、完璧泡は特上級。
モコモコ泡〜きめ細かい泡は比較的誰でも作れると思うんだけど、
さらにその上をいく、もっと一歩踏み込んだ泡。
この感触を文字で伝えるのってすごく難しいけれど、泡を超えて本当に粘土の域というか。
同じ消えない泡でも、本当に本当に肌の上で転がしている泡の感触が、
肌に密着している泡の感触が、もうまるでまるで違うんです。

窓はね、わずか20cm程度の小さい窓が流しのところに1コだけついています。
でも、開けることは出来ない開かずの窓です(/_;)
流しのところだけは外からもれる光で少し明るいけど、キッチン自体は昼でも暗いです。
そんなわけでくろちゃんさん宅と違ってうちは全くといっていいほど日は入らないけど、
窓がない分締め切ったキッチンなので熱の逃げ場がなくて、夏は地獄の暑さですxx。
窓があっても西日で暑い、窓がないから暑い、どっちも嫌ですね^^;。
まぁでもそれがあるためにこれをどうにかしようと考えることが出来て、
ちょっとした工夫をこらしてるので、夕方過ぎればだいぶ涼しくなります。
正しくは、“涼しくさせてます”^^。

自分は料理ぜんぜん得意じゃないんですよ。
凝ったものなんてほとんど作らないし、いつもあるもので簡単に適当に作るだけ。
今の季節は暑いから、火を使う料理もあまりしません(・。・;
モロヘイヤはこの前うどんの話をしたけど、ゆでて胡麻和えにして終わりとか、
そんな程度です。
でも料理は得意じゃないけど栄養価のことはいつも考えながら料理はしてるかな。
今の時期はつるむらさきとモロヘイヤをよく買います(゜-゜)
基本的にビタミンとミネラルは野菜と果物で摂るのをポリシーにしてるんですけど、
もともと野菜も果物も大好きなので、目新しいものを見ると買ってみます。
袋の裏に、「この野菜にはミネラルとビタミンが豊富〜」みたいによく書いてあるでしょ?
知らない野菜でも栄養価が高いっていうのが分かると自然と食べれちゃうんですよ。
まぁ稀にピーマンみたいに吐き気を感じるほど体が受け付けない野菜もありますがxx。
今は果物が豊富な季節で、買い物行くとルンルンハッピーです♪
果物は大!大!大!大好き!なんです♪
昨日はバナナ1本、ブルーベリー適当に何十粒か、キウイ1コ、を食べました。
冷蔵庫の果物君たちを見ながら、「明日はぶどうとすいかを食べよう!」と考えてました。

生もの苦手なんですね?お寿司が苦手っていうと、お刺身も全くダメなの?
今までのコメントとかから、好き嫌い多いほうかな?って少し思ったりはしてたけど、
でも食べず嫌いなら、意外と食べれるんじゃないでしょーか?
かぼちゃは西洋かぼちゃのほうが日本かぼちゃより栄養価は高いそうですよ(^^)
ビタミン豊富ですよね。


>すいかさん

こんにちは。
あぁなるほど!いつの間にか寝てるってことだったのですね。
帰宅したらすぐお風呂って習慣をつけちゃうといいかもしれないですね^^。
シャワーだけと湯船では疲れの取れ方がぜんぜん違いますよね。
生理中でシャワーしか浴びれないと、早く湯船つかりたいなぁって思います。。。。
不規則な生活はしないに越したことはないけど、
でもそれって生活環境によっては避けられないし、仕方ないと思いますよ。
大切なのは、その不規則な生活の中での取り組み方・意識ですよね、きっと。
バイト始めたのは金銭的なことかな・・・?
仕事とバイト両方じゃ、体に負担のないようにとは言えないけど、
でもそれをこなす中で自分のための時間もちゃんと確保出来るように。。。。

そうそう、洗顔の時間を計ってみたら、クレンジング〜洗顔まででだいたい20分でした。
Posted by ねこみ at 2008年08月05日 14:31
こんばんは。

ねこみさんが言われてる、極上の泡には気泡が全くないということですか???

ちょっと信じられないぐらいすごいです!だって、どう頑張ってきめ細かい泡を作っても気泡は必ずもれなく付いてきちゃうんです・・・。
私には、作れそうにないです・・・。
どっかのメーカーが、ねこみさんの泡を作る機会を販売してくれないかなぁ・・・。そしたら、もうすぐに買います!絶対に買っちゃう!!

あのぅ、ねこみさん、その泡はどんな石鹸だろうと、どんな洗顔フォームだろうと極上の泡が作れるんですか?だとしたら、ほんと職人技ですよねぇ・・。ちなみに、コツとかってあるんですか?よかったら、教えてもらえますか?(職人技だから、教えてもらっても出来ないかもしれないですけど。)

ねこみさんて、ピーマンが苦手だったんですか?なんか 勝手に親近感わいちゃいました。あっ、私はピーマン好きな方なんですけど、ねこみさんは野菜大好きでもりもり食べるイメージがあったから。

西洋かぼちゃのが、栄養価もビタミンも豊富だなんて全然知りませんでしたぁ!毎度のことながら、勉強になります!
Posted by くろちゃん at 2008年08月07日 00:00
>くろちゃんさん

こんばんは。
基本的に野菜はモリモリ食べますが、野菜と一言に言っても種類が豊富ですからね。
前に、「肌への影響は、食事が8割、化粧品が2割」という記事で
http://shima.seesaa.net/article/52771942.html
ピーマンがダメな理由を書いた気がしたんだけど更新前に削除しちゃったみたい。
小さい頃のトラウマがありまして、口に入れるとおえーってなってしまいます。
それと文中にも書いていますが、作れない洗顔料も存在しますね。
弱酸性系は難しいと思う。きめ細かい泡止まりで、その上の泡にはなれないというか。
以前言っていたターンオーバーの話、
遅くなりましたがこの記事の後に更新した1番新しい記事で触れています。
知っていることばかりかもしれませんが、ご報告までm(__)m

Posted by ねこみ at 2008年08月07日 23:07
こんばんわ^^

前に一度コメントしたんですけど…
長いお返事をいただいてたのに、
お礼できずにすみませんでした。。。

あの、子供が小さいのと、妊娠しているという理由で
なかなか体のお手入れに時間が作れないという悩みをしました。

ねこみさんも、すごく親身になっていただき、
お返事を読んですごい救われる思いをしました。
ありがとうございました。


先日、(といっても3ヶ月前)に
第二子を出産したので、
お手入れどころじゃなくて…

お風呂も、子供と赤ちゃん二人を入れたりしてるあいだに、
ボディケアなんてそっちのけで慌てて体洗うだけです^^;

夜、子供が寝たら少しネットして…
でも、寝かしつけの間に疲れて私も一緒に寝てしまうので、
なかなか自分ひとりの時間がないんですよね^^;

洗顔もすごい大事ってわかるんですが、
夜も朝も、洗顔している間に、
子供二人がギャンギャン泣いたりして、
結局テキトーな泡でザッと洗うだけでした…

たまに、子供がテレビに夢中で、
旦那さんも子供をあやしてくれたりしてるときに
洗顔もゆっくりしたりするんですが、
ねこみさんのおっしゃるような泡では洗えてませんでした(T_T)

私も水分が入っている泡は嫌いなので、
あわ立てネットはほとんどぬらさない状態であわ立ててます。

ですが、すすぎにもそこまでこだわってませんでした。

すすぎもそこまで丁寧にやるとまた違ってくるんでしょうね^^

あ、夜はクレンジングするんですが、
朝は私はクレンジングしないんです。
蒸しタオルとかも時間なくて…

起きてすぐ洗顔って感じなんですが、
毎朝、夜の洗顔とは比べ物にならないくらい、
顔が油や汚れでぎっとり…

洗顔を一度するだけじゃ、全然さっぱりしません。

なので、朝は2度も洗顔してるんですが…
先日、ネットで「洗顔は1度で十分。
もの足りないからといって2度も洗うと顔の必要な皮脂まで落ちる」と書いてあって
どうなの〜。。。?と思いながら、
やっぱりサッパリさせたいので2度洗ってしまいました。。。

ねこみさんは朝の洗顔どうされてるんですかね^^


あ!あと、この記事のコメを読んで…
私もお布団は綺麗な体で寝るものだと思ってます!

ベッドに部屋を歩き回った足で乗るのも嫌いなので、
風呂上りは靴下を履いて、
ベッドにあがるときに脱いだり…
(だったらスリッパ履けよって話ですが^^;)

もちろん、お風呂入らずにベッドに入ったりは…かなり抵抗があります。。。

お昼寝をするときも、ベッドに入るときは
今まで着ていた服はすべて脱いで、綺麗なものに着替えてから…とか。。。

神経質なのかもしれませんが、
ベッドは本当に綺麗にしてないと気がすみません。

「ベッドは神聖な場所」と、私もよく言ってます^^;

ですので、今では旦那さんも、お風呂入るまではベッドには寝なくなりました…^^;


…とまたコメント長くなってしまいましたが。。。

今まで読めていなかった記事をまた時間があるときに読んでいきたいと思います^^

Posted by もも at 2008年11月08日 00:10
>ももさん

お久しぶりです!ご出産おめでとうございます!!
今3ヶ月ですね☆成長は順調ですか??
赤ちゃんはホント目に入れても痛くないというくらいとても可愛いものだけど、
親の立場からすれば、可愛い可愛い言ってるだけじゃ育てられないですよね。
大人と違って食事は1日3食じゃない。
数時間おきにミルクを与えなければいけない手間。
母乳ならまだ作る手間はないけれど、母乳が出ない場合はそのつどミルクを作り、
赤ちゃんが飲める温度まで覚ましてから飲ませないといけないし、
オムツを交換したり、お風呂に入れるのも一苦労。
それだけじゃなく、ぐずったり泣いたりは赤ちゃんにとっては朝とか夜とか関係ないから、
赤ちゃんから目を離すことが出来るのは唯一赤ちゃんが寝てくれているわずかな時だけ。
起きている時は目を離せませんよね。

ねこみも今毎週のように実家に行っては1歳の姪っ子(妹の子供)の面倒を見ているので、
ももさんの苦労はとても分かります。
(妹が現在3人目を妊娠中で1歳のコの面倒が見れないため、
 実家に預けっぱなしにしてるんです)
何をするか分からない赤ちゃん、5分と目が離せない状態ですよね(e_e)
姪っ子の面倒を見て1日が終わると、いつも疲れきった状態で夜アパートに帰ってます・・・。

自分の時間が持てずに赤ちゃん中心になってしまうのはどうしても仕方のないことなので、
その“赤ちゃん中心のサイクルから自分の時間を作り出す”のはどうでしょうか??
“朝起きたら洗顔”という世間一般の考えを無理に実行するのではなく、
お昼に赤ちゃんがミルクを飲んで寝付いた後にゆっくり洗顔をする、といった感じに、
“ももさんだけのサイクル”を作ってみてはどうでしょうか?
ももさんが、子供を幼稚園に通わせながらの子育てなのか、
それとも四六時中ずっと一緒なのか、
そのへんが分からないので憶測での発言になってしまって申し訳ないですが・・・。

洗顔については、確かによく見かけますよね。
この記事中にも書いたことなのでダブってしまいますが、
『洗いすぎ』というのは、要は、『洗い方の問題』だと思うんです。
そりゃぁ下手に2度洗いしていては必要な皮脂まで奪ってしまうのは当然のことで、
ちまたで言われている、『そんなに洗う必要はない』は筋が通った話になると思うしね^^;。

ベッドが神聖な場所という感覚、同じですね^^。
でも友達でも同じ考えの人がいるんですよ〜。
その人は男の人だけど「フロ入らないでベッドには入れない」って。

目の離せない小さな子供を2人同時に育てることは、本当にものすごく大変です。
あと2〜3年ほどは思い通りに自分の時間が作れずに歯がゆい思いをすると思いますが、
自分の時間を少しでも作るためには周りの人の協力というのは必ず必要ですから、
旦那さんにも協力してもらって、
『ももさんオリジナルの時間』を作ってうまく活用していけたらなぁって。
本当に心からそう思います。
たとえほんの少ししか時間が取れなくても、時間だって『塵も積もれば山となる』だから、
その少しの時間に実践したことは、毎日の積み重ねで結果大きな実践になると思うので!
そして、ももさんが、貴重な時間を割いてコメントしてくれたこと、うれしかったです。
Posted by ねこみ at 2008年11月09日 11:11
こんにちは ねこみさん。
初めてコメントさせていただきます^^
今、私はニュージーランドに住んでいて、もともと肌荒れが酷かったのですが、こっちに来てからさらに酷くなり、病院に通っています。でも、病院でもらう薬はほとんど効果がなく、医者にもいろんな薬をだされて いろいろ試しましたが、全然効果なし。。。来月までによくならなければ、スペシャリストのほうへ行ってもらうといわれました。

跡もたくさん残ってしまって、もう医者だけには任せられないと思い、いろいろ自分なりに調べていたところ、ねこみさんのブログにあたりました。
ほとんどの記事は読ませていただきました。情報が豊富で、私はバストアップには興味がありませんでしたが(大きくないのに^^)、ねこみさんのブログを読んで興味がわきました。

でも今回コメントさせていただいたのは、洗顔の泡について、もっと詳しく知りたかったからです。私はねこみさんのいうダメ泡でず〜っと洗っていました。でもねこみさんのブログを読んでから、必死に泡作りしているのですが、10分程やっても、」これがそうなのかわからない。。。

私は手だけで泡を作っていますが、普通に手は濡らして、それ以外に水は付け足さず、洗顔料は2センチほどで、あわ立てています。でも、私がつくるのは濃密な泡じゃないと思います。。。 10分もやっていると、泡が乾燥してきて少なくなってしまいます。

そこで質問ですが、どのように手を動かせばいいんでしょう?あと、何か間違っているところはありますか?あとあと、できれば、その濃密な泡の写真をアップしていただけたら嬉しいんですが。。。(^^;)


すべての記事をまだ読んでいないので(ほとんど読みましたが^^)、これからも読んでいこうと思います!

あ、それから化粧品を完全無添加に変えました!ねこみさんの記事を読んでから、ショップを探し、朝夜と、クレンジングしています。肌が落ち着くのがよくわかります^^
いろいろ情報を教えていただいて、ありがとうございます^^


Posted by Ryo at 2009年06月15日 06:00
>Ryoさん

はじめまして、Ryoさん。
コメントありがとうございます。
遠く離れた場所からこのようなブログに目を留めていただけるなんて、とても嬉しいです★
ニュージーランドは行ったことがないのですが、
以前海外に行く時に買った旅行雑誌を見て、
“素敵な国だなぁ〜”って思ったのを思い出します。
海がすっごく綺麗だったのが印象的!

肌荒れが悪化してしまった原因は、
あくまでねこみが思うことですけど、大きく二つ思い浮かびました。
確かニュージーランドって日本とは季節が逆ですよね??
ということは今は肌寒い季節かな??
ニュージーランドは1日の温度の変化が激しいとよく聞くけど、
実際住んでいるRyoさんはこのへんどう感じますか?
一般的に言われているこの事が本当なら、
日本と違う気候に飛び込んだ肌は、まだ気候の変化についていけていないのかも、
と感じました。
いや、本人に実感はなくても、肌はね、気候の変化にすっごく敏感ですから。。。

それと、ニュージーランドの水道水は確か硬水だと記憶してます。
日本は軟水なので水質が極端に違うのではないでしょうか?
肌荒れが悪化したのは水が原因というのも考えられませんか?
もちろん日本が軟水と言っても、沖縄のように硬水の場所もありますし、
北海道から九州まで全ての地域で全く同じ水質とは限らないのと一緒で、
一口にニュージーランドと言っても地域で水質の差はあるかと思いますが、
水が肌に慣れていないこともあるのではないかと。。。

洗顔の泡にしても、残念ながら硬水ではなかなか泡が立たないと思います(>_<)
水の違いから、硬水の国と軟水の国では洗顔方法も大きく違ったりしますよね。
お使いの洗顔料は弱酸性?アルカリ性?
日本は軟水なのでアルカリでも弱酸性でも比較的泡立ちやすいけど、
(弱酸性は若干泡立ち劣りますが)
日本では出来たことも、海外に行くと水質の違いで出来なくなることはよくあります。
洗顔料と水の相性はかなり重要だと思います。
まだまだ日本に帰国の予定がないのでしたら、
硬水と相性の良い洗顔料を探すことが先決かもしれません。

長々とすみませんxx。
ニュージーランドの水や気候を実際に肌で体験したことがないので、
推測違いな部分があったら申し訳ありません。
自分ならこうするかな、ということをお伝えしてみました^^;。
やっぱり、肌の調子が悪いと憂鬱になりますよね・・・。
他人から見れば、たいしたことない、って言われそうなことかもしれなくても、
本人にしたら一大事。
ここにコメントをしてくれたということは、かなり悩んでいるのだろうと感じてます。
Ryoさんの肌荒れとは、実際どんな感じの肌荒れですか?
ゴワゴワした感じの肌荒れ?
かゆみがあったりしますか?
赤みが出たりとかは?

現地でお手入れの仕方などを聞ける方はいませんか?
お使いの化粧品は日本のものですか?
日本は高温多湿なので、日本製の化粧品は日本に住んでいるからこそ合う化粧品だけど、
気候の違う海外で使うには日本製だと乗り切れないこともあるかと思います。
郷に入れば郷に従えという言葉もありますしね^^。
(英語だと、「When in Roma, do as the Romans do. 」
“ローマにいる時はローマ人がするようにしなさい”ですね。)
Posted by ねこみ at 2009年06月22日 11:25
コメントありがとうございました^^
返信していただけて、とっても嬉しいです!

ニュージーランド、海も景色もとってもキレイですよ! この景色に惚れて、こっちに来てるくらいです^^

今は冬で、日本の冬ほどではないですが、それでもけっこう寒いです。日中と、朝、夜の寒暖の差はありますね。こちらに来て、もう半年以上経ちますが、来た時の印象は、かなり乾燥している!ということでした。
私は今まで一度も、手にも足にも粉をふいたことはありませんでしたが、こちらへ来た当初、初めて粉をふきました。びっくりしました。最近は、手にも粉をふくようになりました。これはもっとびっくりしました。本当に乾燥しているみたいです。 現地の人に聞くと、かなり湿気の多いほうだ。。というのですが、(私が住んでいるところはオークランドです)顔もつっぱるし、、、肌はとりあえず、びっくりしてるみたいです。

水が合わないのもあるのかな〜。。。 一応、化粧水を使う前に、ミネラルウォーターで洗っています。
今まで、いろんな国へ行きましたが、バックパッカーだったので、安宿に泊り、もちろん発展途上国にも行ったので、衛生上問題がある所に、1ヶ月とか住んだりしたのですが、こんなにひどくなることはなかったんですよ (;;)
食生活と、ストレスも、大きく係わってると思います。

私の肌の状態は、ニキビがひどい、です。顎のあたりから、首にかけて、もう、ひどい。。。の一言です。薬をつけて1個小さくなるかと思うと、新しいのが元気に生まれる。。。といったかんじです。かゆみはありませんし、赤みは、ニキビの所だけ赤いです。肌もザラザラ。。。 病院でもらった敏感肌用のジェルソープ。泡だたないのですが、余分な油分までとらないから、ニキビの人にはおすすめ!と、薬剤師にすすめられて使いましたが、3回丁寧に洗っても、そのあとコットンでふき取ると、コットンが汚れるんですよ。だから、今は現地で見つけたオーガニックのジェルソープを使ってます。ちなみにこれは、アルカリ性か弱酸性か、わかりません。。。。 ショップの人に確認してみます。

私は普段、アイメイクしかしないのですが、クレンジングをしたほうがいいと、ねこみさんが書かれていたので、クレンジングを探しましたが、この国にはなかった。。。アイメイク専用のしかなかったです。。。信じられないですが、本当です。しかも、洗顔はホットウォーターで。。。といわれました。製品にも、そう書いてありました。もちろん、全ての製品にではないと思いますが。。 もちろん、ぬるま湯で(水に近い)よく洗っています。

来月、もう一度病院に行く予定です。はやく治したいです(;;)

ねこみさん、丁寧なアドバイス、ありがとうございました^^ これからもブログ、楽しみにしてます!
Posted by Ryo at 2009年06月26日 21:42
>Ryoさん

こんにちは♪
さすが大自然の宝庫の国、ニュージーランドですね★
コメントを見て行きたくなってしまいました。。。
景色が綺麗な国、大好きです。
バックパッカーいいじゃないですか♪
それによってたくさんの国を回れるのなら素敵です。
海外に行くと、自分の世界観が広がるというか、視野が広くなるというか、
価値観の相違を目の当たりにして自分も成長出来るというか、
自分の知らないいろんなことを知れて大きくなれると思いませんか??
素敵だと思います^^。
自分はこの秋はイタリア行きが決まっているので今年は行けないけど、
次回の海外旅行の際は候補地にニュージーランドを必ず入れます!!
それにしてもRyoさんのコメントを見ていると、
一般的に言われているようにニュージーランドはやはり湿度が低い国だなぁと感じます。
たとえ現地の人が「湿度は高いほうだ」と言っても、
そこにずっと住んでいると海外の気候って分からないものですよね。
海外に行って帰国するとわりといつも思うけど、日本は本当に湿度が高い^^;。

肌のこと、ニキビに悩まされているのですね。
乾燥がひどいとのことなので、それも大きく影響しているのかも。
乾燥肌になるとニキビって極端に増えたりしますよねxx。
いろんな原因は考えられる。。。
水。気候。
そしてRyoさんも推測しているように、食生活とストレス。
わずか1週間程度の旅行でさえ、日本で食べ慣れている食事との違いに、
体がどこか違和感?っぽいのを覚える時があるくらいだから、
これが長期だと、自分で食生活の工夫をする必要は大いにあるかも・・・。
ニュージーランドにもおいしくて体にいい食べ物はたくさんあると思うけど、
Ryoさんの体が環境の変化に順応しきれていないと、やはり肌に現れちゃいますよね。
ミネラルウォーターは軟水ですか?
ミネラルが多いと硬水になっちゃうから、日本人の肌や髪には慣れないかも・・・?
肌のように外側ではなく体の内側にはミネラルは優れものなんですけどね^^;。

肌がざらざらしているとのことですが、
角質肥厚を起こしている可能性があるのでは?と思いました。
くすんでいるなぁと感じたりはしませんか?
Ryoさんは今とにかく乾燥がひどいとのこと。
Ryoさんの肌は、
その乾燥という外からの刺激に対して自己防衛を起こしているんじゃないかと。
つまり、皮膚の1番上の角質を厚くした状態になっているんじゃないかと。
残念ながらこの状態だとざらつきがある肌になってしまうと思います(i_i)
Ryoさんの肌を直接見たわけじゃないので憶測で申し訳ないですが、
角質肥厚はニキビにもつながってくるし、
もし角質肥厚を起こしてるなら、肌を強くするために角質ケアも必要かなぁと思いました。

そうそう、「クレンジングがない!」とのことですが、
後輩のコでしょっちゅう海外に行ってるコがいて、そのコにこの前聞いてみたんです。
Ryoさんの悩みがかなり深刻そうだったので、何か海外事情が聞ければと・・・。
そのコは、ニュージーランドに2ヶ月ほどホームスティしたことがあるそうで、
そのホームスティ先の女の子(20代)が
毎晩クレンジングでメイクを落としているのを見ていたので、
クレンジングはあるはずだとのことです。
ニュージーランドのどこにホームスティしていたのかは聞くの忘れちゃったんだけど、
ニュージーランドは自然派化粧品のブランドが多いそうですね。
さすがに日本特有のオイルクレンジングは見つけられないかもしれないけど、
ミルクやクリームタイプのクレンジングなら探せるかもしれませんよ★
Posted by ねこみ at 2009年07月03日 10:20


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

肌が弱い方に「オーガニックコットン」
Excerpt: まず最初に普通のコットンというのは生産過程で大量の農薬を使用するそうで、その点「オーガニックコットン」というのは3年以上農薬を使用...
Weblog: MY日記
Tracked: 2008-08-01 23:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。