ベストな状態を保てない、 表面だけの綺麗な肌は求めていません。
 そんなお肌のこと、たくさん、惜しみなく。。。

 Aカップの胸を大きくすることは、人が言うほど簡単じゃない。
 今でこそCカップですが、何年もかかった。
 自分が意識するトータル美のひとつとして、バストのことも、
 時々綴っています。

 若いのに魅力をなくす人もいれば、死ぬまで魅力たっぷりの人もいる。
 でも日々思うこと。それは『女の引退はない』ということ。



バストアップへ         
バスト日記              胸日記&肌日記






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


TOP > キレイ日記☆スキンケア編 > 残念ながら消すことが出来ないシミは存在します
2008年03月21日

残念ながら消すことが出来ないシミは存在します

昨日、行きつけの化粧品店に行きました。

ここで働いている美容部員さんは、実家に住んでいた時のご近所の女のコ。

妊娠していてしばらくいなかったんだけど、職場復帰していたので久しぶりの会話で大盛り上がり。

と言っても、化粧品とは全然関係ないプライベートの話だけどね。

彼女は今26歳なのですが、まだ産休に入る前、

妊娠中特有のシミが出来ないように生活習慣には気を使っていると言っていたんだけど、

そういう症状もなくお肌はツルツルキレイなままでした。


シミって紫外線が原因だと一般的に思いがちだけど、妊娠中も出来やすくなるもんねバッド(下向き矢印)

妹も妊娠中はかなり気にしていました。

妊娠中や出産後に出来るシミは、ホルモンバランスの乱れが原因。

紫外線を浴びて出来るシミは外からの刺激だけど、これとは違って、

内面的な要因で出来るシミはなかなか消えないと言うよね(:_;)


いわゆる肝斑(かんぱん)と呼ばれているもの。

お薬の商品名は覚えていないけど、CMでもやっているよね。

「あなたのシミがUVケアや美白をしても広がっていたら、それ、肝斑かもしれません。」

と、メイクアップアーティストの藤原美智子さんが出ているCM。

「女性のシミ、3人に1人は肝斑かもしれません。」

と言っているけど、スキンケアも紫外線対策もバッチリなのに、

なぜかシミがあるという人は意外と多いのかもしれないなって思います。


シミが左右対称に出来ているなら、そのシミは肝斑の可能性が大きい。

肝斑は女性ホルモンが関係しているシミだから、

高齢者にはあまり見られないそう。

女性ホルモンが関係してるということで、ピルの服用でも出来てしまう人がいるそうだから、

ピルを飲んでいる人は注意が必要だとも言われていたり(:_;)

普通のシミなら最後の手段としてレーザー治療という手もあるけど、

肝斑タイプのシミの場合、レーザー治療はよけいに悪化させてしまうから出来ないと言うし、

肝斑のシミは紫外線によるシミよりも治りにくいのだそう(:_;)


妊娠中に出来たシミでも、赤ちゃんを産んで授乳をしていくうちに自然と消えていくけど、

赤ちゃんの世話でいっぱいいっぱいになって余裕がなくて、

この時期にケアを怠ったりストレスを溜め込むとそのシミは消えないで残ってしまうバッド(下向き矢印)

女性ホルモンの乱れだけじゃなく、過度のストレスもシミを作るもんね。

こっちはストレスホルモンというホルモンが関わってくる。

これも外敵による紫外線のシミとは違う内面的なことだから、なかなか治りにくいシミ。

ホルモンは女性ホルモンだけじゃないから、

どのホルモンもバランスは大切なんだなぁと改めて思う。


肝斑に限らず、紫外線を浴びて出来るシミでもなかなか治らない人っているけど、

生活習慣を正して、正しいスキンケアをしていれば、いずれは消える。

でもどんなに頑張っても、残念ながら、消えないシミが存在するのも事実・・・。

そんな、どんなに頑張っても消えないシミの話。

(ちなみになぜ肝斑と言うのかというと、肝臓の色に似ているからだそう。)



シミって、いきなりお肌の表面に表れるわけじゃないよね。

よくメラノサイトって言うけど、

このメラノサイトは、もともとお肌の基底膜というところに存在しているもの。

紫外線を浴びたりホルモンの影響で刺激を受けると、

このメラノサイトが活性化して⇒メラニン色素を作り出す、というのはご存知のとおり。

メラノサイトっていうのは、分かりやすく言うと、色素を作り出す細胞のこと。

シミがない人でも、誰でも持っている細胞。


基底膜ってどこにあるの??と言うと、それはココ↓。

お肌の構造(潤いのあるお肌)
          潤ったお肌の構造
     (表皮と真皮の間にあるのが基底膜)




もしメラニンが作られても、シミはまだ皮膚の奥なのでこの段階ではお肌には見えません。

シミ予備軍(隠れシミ)と言われているのがコレ。

まだ見えていないこの段階でシミ対策をきちんとしていれば、

お肌の表面に出てくる前にシミ予備軍は壊れてキレイに無くなる^^。

でもここでお手入れをサボったり食生活が不規則だったりすると、

シミ予備軍はどんどん成長して、

時間をかけてゆっくりゆっくり上へ上と目指して駆け上り、

そして表皮の1番上まで上がってきてコンニチハ。

そう、目で見て分かる状態、“シミ”という形で出てきてしまう(;>_<;)


ターンオーバーが正常なら、シミはターンオーバーによって剥がれ落ちる^^。

反対に、出来たシミがなかなか消えないのは、ターンオーバーが正常じゃないから(:_;)

ターンオーバーが乱れていると、剥がれ落ちるべき時に剥がれ落ちなくて、

シミはいつまでたってもお肌の表面に残ったまま(:_;)


それでもこのシミが表皮にあるうちは、ターンオーバーを意識すれば消すことは出来る^^。

今は美白化粧品もたくさんあるし、スキンケアと組み合わせれば改善は可能^^。

でも表皮ではなく、基底膜を破ってシミが真皮に落ちてしまった場合・・・・・・、

残念ながら、ターンーオーバーを意識しても美白化粧品を使っても、消すことは難しい。

というか、ほとんど不可能だそう(:_;)

これが、消せるシミと消せないシミの違い。



消せるシミ、つまり表皮のシミを薄くする方法。

1番大切なのは、何と言っても新陳代謝かなって思う。


表皮の細胞って、常に基底膜から生まれているんだよね。

基底膜で新しい細胞が出来て、その細胞がどんどん皮膚の表面に向かって移動して、

そして皮膚の1番上にたどり着いた時、不要な古い角質として剥がれ落ちる。

この、赤ちゃん細胞が生まれて古い角質となって剥がれ落ちるまでのサイクルが、

いわゆる“ターンオーバー”。

だいたいこの周期は28日と言われてるかな。

古い角質と一緒にメラニンも剥がれ落ちるから、シミとしてお肌に残らないってことだよね。


でも一般的に、年齢を重ねていくと新陳代謝は衰えるって言うよね(ノω・、)

これってつまり、ターンオーバーの周期が長くなるということバッド(下向き矢印)

エステでいただいた本によると、年代別のターンオーバー周期は、


10代   約20日
20代   約28日
30代   約40日
40代   約55日
50代   約75日
60代  約100日



もちろん個人差はあるけど、30代40代になると、20代より倍近くの日数がかかる(:_;)

でも10代や20代でも、30代や40代と変わらないターンオーバーの人も多いそう。

ターンオーバーの狂いは年齢だけじゃなくて、生活が不規則だったり、食生活とか、

日ごろの生活の影響はかなり大きいのだとかバッド(下向き矢印)


ターンオーバーが長くなると、当然古い角質は剥れずにお肌に残ったままになるわけで、

メラニンも剥れ落ちないわけで、肌のキメも粗くなるわけで、にきび痕も消えないわけで、

・・・・美肌を維持することが難しくなるわけで、お肌にいいことはひとつもないわけで(:_;)


そしてもうひとつ、シミをなくすために欠かせないのは、お肌の潤いだと思う。

乾燥肌になると、皮膚の細胞が活性されなくなるからね・・・。

乾燥していると栄養や水分が行き渡りにくくなるから血の巡りも悪くなるし

くすみも出やすくなるし。

水分を飛ばした魚の干物はすぐに火が通るけど、生魚は火が通るまで時間がかかるよね。

これと一緒で、

乾燥肌は保湿肌に比べると日焼けもしやすくなるし、シミも消えにくいですよね。



ターンオーバーが乱れてるかなって自覚するなら、

新しい肌に生まれ変わるように、代謝を促進するケアを自分ですることも必要だと思う。

外側からなら、

時々ゴマージュやスクラブなどで古い角質を取って肌の再生を促したり(やりすぎ厳禁)、

美白化粧品を使ったり。

内側からなら、メラニンの生成を押さえるビタミンC、

血行を良くしてシミの改善を助けるビタミンE、

代謝を促進するL−システインなどを摂ってケアをしたり。


血行を良くすることもとても大切だから、

蒸しタオルを使ったり、お風呂で汗をかくことも。

血行が良くなる=新陳代謝が良くなる、だしね。


あとはちゃんと寝ること・・・かな。

日中に受けた細胞のダメージを修復してくれるのは睡眠中。

この修復が行われるお肌のゴールデンタイムと呼ばれている時間帯が

夜の22時〜2時というのは科学的にも証明されている話だけど、

これはつまり、ターンオーバーが起きる時間帯。

だからこの間にいつも起きていると、28日後の美肌は難しいということに(:_;)

お肌の表面だけ一生懸命ケアしても、

代謝がうまくいってなかったら、新しいお肌には生まれ変わらないもんね。


とまぁ、ターンオーバーのことは、化粧歴もそれなりにあって、

スキンケアに気を使っている方はご存知の話だと思うけど、一応(._.)



そして、消せないシミ、つまり真皮に落ちてしまったシミのこと。

基底膜が弱って基底膜の一部が破れているお肌の場合、

その切れ目からメラニンが真皮に落ちてしまうんだよね(:_;)

真皮に落ちたメラニンは、表皮のメラニンみたくターンオーバーで改善することは難しいバッド(下向き矢印)

美白化粧品で消すことも無理だと言われてるバッド(下向き矢印)

目に見えるシミがどのタイプのシミなのかは素人ではなかなか分からないけど、

真皮に落ちたシミの場合、レーザーなどの方法でしか消すことが難しいのは事実。

どんなにケアをしてもシミが消えないのなら、真皮に落ちてしまったシミかもしれません。


でも基底膜がしっかりしていれば、

たとえシミが出来てもメラニンが真皮に落ちることはないんだよね。

基底膜はシワにも影響していて、

基底膜が切れていたりよれている人は、シワが出来ると改善が難しいのだそう・・・。


今は基底膜に働きかける化粧品も多いけど、基底膜をしっかり作ることは大切だと思うし、

自分自身、美肌のカギを握るのは基底膜の状態にあると思ってます。

その上で、キレイな肌を維持するために大切なのがターンオーバーだと思ってる。

基底膜は表皮と真皮をつなぐ大切な部分だから、

この基底膜を強化しないままアンチエイジングを頑張っても厳しいと思う。

だって基底膜が損傷したら、その上にある表皮もその下にある真皮も損傷しちゃうもん・・・。


紫外線対策をあまりしなかったり、乾燥肌が続いていたりすると、

基底膜は損傷して、重なり合ってよれたり、切れ目が出来たりする(:_;)

基底膜に働きかけてくれる成分はいっぱい聞くけど、

わりと身近な成分でよく聞くのは酵母エキスかな?

でもどんな成分でも、潤いがないお肌に使っても細胞はなかなか活性されないから、

保湿をきちんとした上で使うコトが大前提だと思うけどね(._.)



隠れシミ・・・。自分は大丈夫だと思う人。

今年に入ってすぐの頃エステに行った時、隠れシミの写真を撮っている方がいたんです。

ところが、なんと、顔全体が隠れシミでほとんど埋め尽くされていたみたいなのね。

とても落ち込んでいました。

本人はもともと肌が白いから美白ケアは必要ないと思っていたみたいで、

シミ予備軍のことは考えたことがなかったそう。

エステティシャンさんとの会話では、そのコはまだ21歳。

見た目にはシミは全くないし、シミなんて考える年齢じゃないから、

かなりショックだったんだろうなって思います。


今までも幾度となくシミ予備軍のことは綴ってきたけど、

これは、特殊なカメラで撮影しないと見ることが出来ない隠れシミのこと。

目には見えないお肌の奥にあるシミが映し出されるカメラで、

「これが将来、お肌に出てくるシミですよ〜。」というもの。

シミ予備軍(隠れシミ)の存在を知ることで、生活を振り返ったり、

その後の対策のきっかけになるのであれば、見ることはいいことだと思うので、

ねこみも定期的に撮影してもらってます。


ありがたいことに、目に見えるシミも目に見えないシミ予備軍も毎回ないけれど、

それでも定期的にシミ予備軍の存在を意識している理由は、

気づかないうちに消えないシミが出来てしまうのがイヤだからなのです(ノω・、)

『真皮に落ちたシミは消えない』ということがいつも頭の片隅にあるからなのです(ノω・、)

シミにしてもにきびにしても小じわにしても、

出来ていない時って人事のように思ってあまり意識しない人が多いかもしれないけど、

いざ出来た時に慌てるのだけはイヤなのです・・・。



シミが出来やすい人は肝機能が低下しているケースがあるとか、

デドックスがうまくいっていないと出来やすいとか、いろいろ言われているけど、

化粧品の成分に反応して使い続けるうちにシミになったり、

ファンデーションの成分に反応して徐々にシミになったり、

力を入れた強いマッサージが刺激になっていつのまにかシミになったり、

ゴシゴシ洗顔からシミの原因を作っていたり、コットンでこすってシミの原因を作っていたり、

普段何気なくしていることがシミの原因になっていることって

けっこうあるんじゃないかな〜って思う。


細胞は毎日作られているから、常に赤ちゃん細胞は生まれているわけだけど、

お肌の奥で生まれたこの赤ちゃん細胞は、最初の生まれたてが大切。

ターンオーバーという言葉は日常茶飯事に聞く言葉だけど、

生まれたばかりの赤ちゃん細胞をいたわらずに不規則な生活などをしていたら、

赤ちゃん細胞は弱々しいまま育って、弱々しいままお肌の表皮まで移動してくることになるから、

結果として、見た目のお肌がキレイにはなれないってことだよね(:_;)

人間の赤ちゃんだって、大人相手なら大丈夫なことでも、

ちょっと叩いたりするだけで死に至ってしまうことがあるのと同じことだよね・・・。


「この美白化粧品を使ったら数日後にはシミが薄くなった」などと見かけたりもするけど、

これは普通で考えると、ありえないことなんじゃないかなって思います。

仮に薄く見えたとしても、その化粧品を使わなかったら元通りなんじゃないかなって。


健康な素肌の持ち主であっても、

ターンオーバーを考えればお肌が生まれ変わるには最低でも1ヶ月前後かかる。

今日生まれた赤ちゃん細胞が、お肌の表面まで上がってくるには、

正常な健康なお肌の人でさえ1ヶ月前後かかる。

それなのに、お肌にトラブルがある人がどうして1週間や2週間で生まれ変われるのか?

即効性を求める気持ちも分からなくはないけど、

お肌がキレイになるには、時間も必要だと思うのです。。。。。






| RANKING(↑) | Comment(6) | TrackBack(0)     はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をlivedoorクリップに登録
この記事へのコメント
こんにちは。ドクターズコスメ専門店のDr.Zephyと申します。
突然の訪問をお許しください。

化粧品・美容・お肌のこと等にご興味があるようでしたので、
当社の【レフォンテ151】を
ご案内させていただきます。

私たちの取り扱っているレフォンテ151は
ヤケド治療から生まれた「皮膚再生医療」の技術を美容液に転用した高濃度美容液です。
成分は医療レベルの素材を使用しているため
ニキビ・赤み・お肌のトラブルに悩んでいる方。
そして何よりシワ・乾燥・たるみなどのエイジングサインにお悩みの方には
効果が期待できる商品です。

また、そのクオリティの高さから
某エステサロンでも使用されております。

もし、ご興味がございましたら一度ホームページに遊びに来てください。
また、メールでのクレーム、お問合せも受け付けております。
今後とも、Dr.Zephyをよろしくお願いします。
Posted by ドクターズコスメ専門店のDr.Zephy at 2008年03月22日 11:01
はじめまして^^
いつもねこみサンのホムペで美容の勉強
してます。スゴク細かく書かれていて
とても勉強になります。

最近はお風呂あがり肌ケアに悩んでる
んですが...ねこみサンは酸素水をして
次にコットンパックで本命ローションという風な
ケアをしていらっしゃるみたいなのです
が、本命ローションを選ぶ基準としてはど
ういうことを重要視しているのでしょうか?

教えていただけたらありがたいです
(><)
Posted by なっちゃん at 2008年03月23日 23:44
こんばんは☆
肌は内臓の鏡とも言われるから、シミはからだの内側からのサインということもありますね。
シミの原因に気付いて根本からケアしてあげないと、確かにやめたら元に戻ってしまいますものね。
Posted by かや at 2008年03月24日 01:36
>なっちゃんさん

なっちゃんさん、はじめまして。
見てくれてうれしいなぁ、ありがとうございますm(__)m

質問のお答えですが、本命に求めているものはズバリ『細胞活性』です。
化粧水だけではなく美容液とクリームも全部『細胞活性』を求めています。
ただ、自分は肌の悩みが特にないので、
もっと上を目指して細胞に働きかける攻めのスキンケアを意識していますが、
その人の肌状態で選ぶ基準は変わってくると思いますよ。
なっちゃんさんのお肌はどんな感じかな?
細胞活性の化粧品は健康なお肌なら問題なく使えると思うけど、
細胞に働きかけるだけあって敏感肌の人には刺激が強い場合もあります。
乾燥肌で悩んでいる人なら保湿力の高いものが必要だと思うし、
毛穴で悩んでいる人とかにきび痕とかシミで悩んでいる人とか、
選ぶ基準はお肌の状態で全く変わってくると思います。


>かやさん

かやさん、こんにちは。
おっしゃるとおりですね。
『シミ』と大きく一言でまとめてしまいがちだけど、
シミの種類では病院での治療法も全く変わってくるみたいだし、
どのタイプのシミなのか把握していないと、
間違ったお手入れをしちゃうことになりますもんね。
自分も将来出来ないとも限らないから、肝に銘じていきたいです。
Posted by ねこみ at 2008年03月26日 16:30

回答あリがとうございます。

なるほど〜w(*゜o゜*)w
やっぱリ肌がどんな状態なのか、その人
がどんな肌なのかで化粧水の選びは変わ
ってくるものなんですね。

ねこみサンお肌に悩みがないなんて羨まし
いです(*´∀`*)

私の場合は乾燥肌ですかね。
なので保湿力を重要視したものを選びた
いと思います。

とても参考になリました。
あリがとうございます(●´∀`●)

Posted by なっちゃん at 2008年03月28日 08:15
>なっちゃんさん

こんにちは。
自分の肌のコトが分かっていれば、
化粧品を買いに行った先で美容部員さんに声をかけられてもすぐに答えられるし、
自分の肌悩みに合った化粧品をセレクトしてもらえると思います^^。
逆に分かっていないと、声をかけられても曖昧にしか答えられなくて、
結果として声をかけられることをイヤに感じてしまうと思います・・・。
人気がある化粧品が自分に合う化粧品ではないしね(:_;)
乾燥肌だって言えば、水分値とかきっと計ってもらえると思うし、
より効果的な化粧品選びが出来るのではないでしょーか?
化粧水選びって大切ですもんね。
Posted by ねこみ at 2008年03月28日 12:29


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。