ベストな状態を保てない、 表面だけの綺麗な肌は求めていません。
 そんなお肌のこと、たくさん、惜しみなく。。。

 Aカップの胸を大きくすることは、人が言うほど簡単じゃない。
 今でこそCカップですが、何年もかかった。
 自分が意識するトータル美のひとつとして、バストのことも、
 時々綴っています。

 若いのに魅力をなくす人もいれば、死ぬまで魅力たっぷりの人もいる。
 でも日々思うこと。それは『女の引退はない』ということ。



バストアップへ         
バスト日記              胸日記&肌日記






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


TOP > キレイ日記☆内面編&持論 > 知らないと損するコエンザイムQ10【肌の切り札】
2008年10月21日

知らないと損するコエンザイムQ10【肌の切り札】

今となっては、別に珍しくもなんともないコエンザイムQ10

今さらって感じだけど、コエンザイムQ10についてもいろいろ思うコトがあるので、今日はその話。


コエンザイムQ10って、肌がなかなか綺麗になれない人には意外と欠かせないものだと思う。

コエンザイムQ10は若返りに良い成分として一時期かなりブームになったけど、

あの時のブームはホントすごかったですよね^^;。

日本でコエンザイムQ10の化粧品への配合が解禁になったのは、ホントごく最近で、

わずか4年前の、2004年。

当時、エステティシャンの人とコエンザイムQ10についていろいろ話したので、よ〜く覚えてる。


サプリメントへの配合が解禁になったのはそれより少し早く、化粧品解禁の3年前。(2001年)

コエンザイムQ10という名前が一気に知られて火がついたのは、この解禁のあたりだと思う。

あの時は、あまりの火の付き方に、

メーカーの原料不足から入手不可で買えない時期が続いたくらいだから、

かなりブームだったように思う。


コエンザイムQ10があれほどまでに脚光を浴びたのは、

「コエンザイムQ10はアンチエイジングに優れているから。」というのはご存知のとおり。

話題ばかりが先行したせいか、単なるアンチエイジング成分だと思われがちだけど、

そもそもコエンザイムQ10は、誰の体内でもちゃーんと存在している、大事なもの。

生きていく上で欠かせないものと言えば、ビタミンじゃないですか。

ビタミンA、B、C、D、Eなど、ビタミンが不足すると、体は故障しちゃう(≧ε≦)

コエンザイムQ10は、そのビタミンに匹敵するくらい体に必要なもので、

別名ビタミンQと言われているくらい、大切なもの。


実際コエンザイムQ10は体の中のどこにあるかと言うと、

それは、細胞のいたるところ

コエンザイムQ10配合の化粧品の成分表示では、別名ユビキノンと書かれていたりするけど、

ユビキノン(ubiquinone)は、『ユビキタス(ubiquitous)=どこにでも存在する』と

『キノン(quinone)=酵素を意味する言葉』を組み合わせた言葉。

つまり、“体のいたるところに存在して、細胞そのものを元気にしてくれているもの”

だということ。

体は細胞で出来ているから、コエンザイムQ10がいかに大切なものかがよく分かる(。。)


ちなみに、コエンザイム(coenzyme)は、『enzyme(酵素)』に『co(補う)』が付いたもので、

Q10の『Q』は、quinone(キノン)の頭文字。

『10』という数字は、構造中のイソプレンという化学構造の繰り返しの数。

人間やうさぎはこの数字が10なのだそう。

この先の突っ込んだ化学の話は専門的な話になるので、これ以上は分からないけどσ(^_^;)



ねこみもコエンザイムQ10のサプリは毎日摂ってます(*^ー^)ノ

実年齢よりかなり−年齢に見えるらしく、昔から実年齢を当てられたことが1度もないのですが、

それでもいつの日か、実年齢に見られる日がやってくるかもしれないといつも思ってる。

でもそんな日が来たらきっとショックを受けるから、そんな日が来ないように(゚ー゚;

昔は若く見られることで損をし、悔しい思いをたくさんして、涙を浮かべた日も多々あったけど、

今はね、本当にありがたいことだと思っているので・・・。


コエンザイムQ10が不足した時の顕著な問題は、体がサビることかな?

サビる=酸化するってことだけど、つまり活性酸素が増えても消し去る力がないバッド(下向き矢印)

サビてる人は老けモードが早く訪れるわけで(+。+)

スキンケアにすごく気を使っているのにもかかわらず肌悩みが解決しなかったりとか。

細胞が元気じゃないと、絶対に綺麗な肌は生まれないよね?

コエンザイムQ10が少ない人は細胞の活性が弱くなりがち。

元気がない細胞からは当然綺麗な肌は生まれない(p_・q)


あとは、疲れが抜けにくくなるのもそうだし、風邪をひいた時の治りが悪くなったり、

それから、むくみやすくなったり冷え性に悩まされたりなんかもそう。

特に心臓にはたくさんのコエンザイムQ10が存在すると言われているでしょ?

心臓のエネルギーが弱くなればさ、心臓から送り出される血液の量だって減っちゃうし、

そうすると血液の流れが悪くなるわけで、

そこから冷えやむくみに繋がっていくことは考えてみれば分かることバッド(下向き矢印)

冷えとむくみ、ダブルで抱えている場合の原因はもしかしたらここにあるかも・・・?



簡単に言うとコエンザイムQ10は、細胞を修復するもの

10代の時は紫外線や活性酸素のダメージを受けても、

肌自身に新しいコラーゲンやエラスチンを作りだすエネルギーがあるおかげで、

特にスキンケアを頑張らなくたって回復力は早いと思う。

でも20代を過ぎると、普通のお手入れをしているだけじゃ肌がいい状態にならない人もいるバッド(下向き矢印)

そういう場合、

エネルギー=コエンザイムQ10が体の中から減っていることにも関係があるかもしれない。


体の中で起きている現象ってあるじゃないですか。

例えば、ターンオーバーだったり、コラーゲンが作られたりとか。

こういうふうに体の中で細胞が働く時って、必ず一緒にエネルギーが使われるでしょ?

このエネルギー代謝を助けているのがコエンザイムQ10。

コエンザイムQ10はまさに細胞の土台成分だから、ないがしろにしちゃいけないと思う。


だから逆に、この土台が弱っているのに、「肌に良い成分だから♪」と、

コラーゲンやらヒアルロンやらを上から与えても、残念ながら効果は薄い(i_i)

土台が固まっていないのに家を建てたら欠陥住宅になるのと同じ。

肌を綺麗にしたくて良い化粧品を一生懸命探して使うことも大切だけど、

肌の奥の土台となる細胞がグラグラしていたらそれも効果がないわけで、

それ以前にまず土台を立て直さないと。

土台から立て直すのは時間がかかると思えても、

結局はこれが肌を綺麗にする1番の近道で、確実のような気がする。


「細胞が死ぬと老けていく。」というのは知ってのとおり。

その細胞のひとつひとつを元気にして若返らせているのがコエンザイムQ10、

というところでしょーか。

(ちなみにコエンザイムQ10は光に弱い成分。
化粧品に配合する場合、Q10の安定性を守る為に遮光容器を使うのが普通だそうで、
そうじゃないと劣化が早いのだそう。)



でも若さのためにも命のためにも大切なものとはいえ、コエンザイムQ10もコラーゲンと同じ、

20歳を過ぎると体内からどんどん無くなっていくことは有名な話。

「コエンザイムQ10ほど加齢と共に急激に減少するものは無い。」と言われてるほど。

特に心臓のコエンザイムQ10の減り方は極端に多いと言われてる;;;。

増やすことが出来ないってことは、食事などで外から入れ続けるしかないんだよね。

細胞がサビて弱くなるのを防ぐコエンザイムQ10。

だから、酸化に打ち勝つための抗酸化サプリとして、

コエンザイムQ10サプリがブームになったのだと思います。

サプリ先進国のアメリカでは、CoQ10サプリはベースサプリの域にあると言われているけど、

なるほど納得という感じです。



スミマセン、例のごとくちょっと長くなりそうなので、コムズカシクならないよう、以下、

見やすいように段落で綴っていきますが、それでも読みにくかったら申し訳ないです(;´Д`)

(以下、コエンザイムQ10=CoQ10)


【サプリじゃなく食事からCoQ10を摂りたい!】

ねこみ、基本的に食事で摂れる物なら食事から摂りたい人間なので、

CoQ10を意識し始めた4年くらい前、食事で摂ろうと思ってました。

でもその時、それはまず無理だということが分かりました(o・_・o)


コエンザイムQ10協会が推奨する1日必要摂取量の目安は100mg

CoQ10が含まれている食事と言えば、

イワシやサバ・牛肉・豚肉・ピーナッツ・ほうれん草・ブロッコリーをよく耳にするけど、

普通の食事では、100mgどころか10mgも摂れないんだよねく("0")>

上に挙げた中でCoQ10が最も多く含まれているのはイワシなんだけど、

それでも、イワシ1匹に含まれるCoQ10は、わずか6mg程度。

1日分の100mgを摂ろうと思ったら、20匹は食べないといけない(*△*)


ブロッコリーはね、しょっちゅう食べます。

小さい時から大好きなんです(o^-^)(^-^o)

お弁当には必ずと言っていいほどブロッコリーin(*゚ー゚*)

サラダにもほぼ必ず入れるし、卵と一緒にささっと炒めて食べたりもします。

お皿に盛った時の見栄えも良いよね^^。

でも、100mgのCoQ10をブロッコリーから摂るには、

なんと、12キロ食べないといけないのだとか(◎_◎)

12キロってアナタ・・・、赤ちゃん3人分だよぉ〜ΣΣ(゚д゚lll)!!

いくらブロッコリー好きでもかなりしんどい挑戦だし、第一、

それだけの量を連日食べていたらおなかいっぱいで他の食事が出来なくなっちゃうo(T□T)o


それなら牛肉は?というと、こちらはなんと、3キロ必要(*△*)

お肉の3キロって相当な量だよあせあせ(飛び散る汗)

牛ステーキ6枚程度でやっと約30mgのCoQ10が摂れるらしいけど、

それでも必要摂取量の100mgにはまだ半分にも満たないし、

なによりそんな豪勢な食事を毎日続けるなんて・・・かなり無理がある(@_@;)


いわし  牛肉  ブロッコリー
     いわし           牛肉         ブロッコリー



だから、食事からCoQ10を摂るのは全くと言っていいほど期待出来ないわけで、

目安量をクリアするような食事ばかりしていたら偏った食生活になって、かえって不健康。

もっとも、CoQ10を医薬品で摂る時の量は1日30mgが多いそうなので、

30mg程度摂ればOKという見方もあるけど、

効果を実感するためには100〜300mgは摂るべきだと言う医師もいるし、

実際このくらいの量を推奨しているところが多いのは事実でもあるし、

年齢とともに摂取量を増やさないと効果を感じられないというのはあると思う。



【CoQ10サプリは何を基準に選ぶべき?】

含有量が記載されていないものはまず問題外だけど、

ただ単に含有量が多いから、値段が安いからという理由ではなくて、

1番重点を置いて考えなくてはいけないのは、


いかに吸収されるように作られているか


だと思う。

イヤ、もちろんCoQ10に限らずどのサプリでも吸収率にこだわって選ぶことは大切だけど、

CoQ10に限っては、もっと特別だと思う。

CoQ10の最大の欠点。

それは、何と言っても、溶けにくい&吸収されにくいということ(T-T)

残念ながら、体内で吸収されないCoQ10サプリはかなり多いと言います(:_;)


食べ物の栄養素は、水溶性脂溶性があるよね?

水溶性は水に溶ける物質。ビタミンCとかね^^。

脂溶性は油に溶ける物質。ビタミンEとか。

CoQ10はどっちなのかというと、脂溶性。

ってことは、「サプリはたくさんの水で飲むと吸収が良くなる。」を真に受けて

たっぷりの水でCoQ10サプリを飲んでも、

水溶性じゃないCoQ10には全く当てはまらないわけです(T-T)

脂溶性は油にはよく溶けるけど、水には全くと言っていいほど溶けないから。

あっという間に吸収される水溶性と違って、脂溶性は吸収されるまでに数時間もかかるバッド(下向き矢印)

つまり、食べ物から摂ろうがサプリで摂ろうが、とても吸収率の悪い成分バッド(下向き矢印)


逆に言えば、油分の多い食事と一緒に摂ると吸収率が高くなるってことだけどね。

油分が多ければ多いほど吸収は良くなる。

だからサプリで摂る時も、油料理の後に取るほうが効果的。

でもいくら吸収の為と言っても、毎日油たっぷりの料理なんてちょっと考えられないし、

さっきのブロッコリーや牛肉も、ゆでるだけや油を使わない料理法だと、

残念ながらCoQ10は効果的に摂れないってことになるバッド(下向き矢印)



こんな溶けにくいCoQ10だから、サプリを選ぶ時は、

油分も一緒に含まれているものを選ぶことが大切だと思う。

多いのはオリーブオイルかな?

もしくはビタミンEが配合されているもの。

ビタミンEは、人体に入った時は最強の抗酸化物質と言われているから、

この2つを一緒に摂ることで、活性酸素に打ち勝つ強力な力が期待出来るってことですね^^。


反対に、吸収のための加工がされていないサプリの吸収率は、たった10%程度なのだとか。

つまり、『1粒中100mg配合』と書かれていても、吸収されるのはたった10mgあせあせ(飛び散る汗)

悲しいコトに、残りの90%は、吸収されずに下からそのまま出て行ってしまう(;>_<;)

ひどいものになると、吸収量は摂った量の、なんと、たったの2〜3%というものも(*△*)

含有量が多くてもそのほとんどが吸収されず無駄になってしまうなんて、

無駄なお金をただ払っているだけなんて、これぞ、知らないと損ってことになると思う。


それから、天然のCoQ10は鮮明なオレンジ色をしているのが特徴。

だから、良いCoQ10サプリを選ぼうと思ったら、まず色を見ることは大事だとか。

もちろん鮮やかなオレンジ色のものなら◎(o^-')b

CoQ10原末の鮮明なオレンジ色が失われているサプリは、あまり効果は望めないかも・・・?

ただね、カプセルに別の色がついていて中身の色が分からないものもあるんだけどねxx。


それと、錠剤よりもソフトカプセルのほうが良いと思う。

CoQ10のようなもともと溶けにくい成分がハードカプセルや錠剤では、

成分が溶けるまでますます時間が掛かると思うんだよね。

溶け切れないままほとんど吸収されずに排出されてしまったらやっぱり無駄だと思うので。

ソフトカプセルって言うのは、

サプリを口に入れて歯で軽くかんだ時、ぷにょぷにょって弾力があるカプセルのこと。

これだとカプセルがすぐに溶けるから、

中のCoQ10がさーっと溶け出してくれるので吸収面では優れていると思う。


コエンザイムQ10



【具体的にどこのメーカーのものが良い?】

結論から言うと、ねこみはカネカ製のものしか飲みません。

CoQ10がメジャーなアメリカでは、

わざわざカネカブランドのCoQ10を求めて買う人も多いと言われてるけど、

自分が選んでいる理由は、なんといってもCoQ10の質に信頼をおけるから。

CoQ10のサプリはピンキリでたっくさんあるけど、

“そのサプリがどこのメーカーの原料を使っているか?”にはかなりこだわってます。

日本のCoQ10サプリの歴史はまだ浅いし、アメリカより10年以上も遅れての解禁だけど、

実はCoQ10を世界に進出させたのは日本だってこと、知ってました?^^


日本のCoQ10サプリは、解禁こそ遅かったけど、

でも医薬品としては既に、30年ほど前から使われていたんだよね。(心臓病の薬としてね)

長いこと医薬品だけに使われていたので、日本では普通の人に馴染みがなかったCoQ10。

でもその間アメリカでは既に広まっていて、

ベースサプリのビタミンやミネラルを凌ぐほど愛用されていたわけだけど、

でも、このアメリカで発売されているCoQ10の多くは、実は原料は日本製。

CoQ10を世界で初めて大量生産に成功させたのは、何を隠そう日本のメーカー。

日本の日清製粉(現在の日清ファルマ)というメーカー。


今現在、CoQ10の原料の生産国は日本のみで、全世界シェア100%Σ('◇'*)

カネカ、日清ファルマ、旭化成ファーマ、協和発酵工業、三菱ガス化学の5社。

内、カネカは世界シェア約70%と言われてるけど、これってすごいと思わないですか?

この5社は吸収率を高める加工を施した製品で、まさに日本が世界に誇る5社。

日本産の原料を使ったCoQ10は、もう10年以上前からアメリカでは主流だそうだけど、

祖国のサプリ歴史よりも前から世界に貢献してきた日本のこのメーカーはすごいと思う。

だからなのか?、カネカ製のサプリは圧倒的にアメリカ製品が多いんだよね。。。

自分もいつも個人輸入。(もちろん国内製品もあるけど)

原料は日本なのにサプリは輸入しないといけないなんて変な話だなぁ、と感じたりするけどね^^;。



ここからはもう少し、より良いサプリを選ぶための突っ込んだ話になるけど、

CoQ10の製造法は、一般的に、合成法発酵法の2種類あるんですね。

そして構造も、シス体トランス体の2種類あるんですね。


初めて耳にする人にしたらコムズカシイ話かもしれないけど、でもとても簡単な話。

コストをかけずに安く早く作れるのは、合成法。

そして合成法で出来たCoQ10の構造は、シス体。

つまり、合成法=シス体。

これは、不純物が混ざりやすくて純度が落ちるのが欠点バッド(下向き矢印)

合成だから、自然界のCoQ10にはない異性体を含んでしまうのも欠点バッド(下向き矢印)

「CoQ10を摂ったら息苦しく感じた。」なんていう口コミも時々見かけるけど、

シス体の副作用に、動悸を感じたり悪夢を見やすくなるとか言われていたりもする。

(因果関係は分からないし、個人差があるから何の症状も出ない人もいますけど。)

簡単に言うと、合成法は、体内のCoQ10と100%同じ物質だとは言えないということ。


一方、発酵法=トランス体。

牛肉やブロッコリーなどの自然界に含まれるCoQ10と同じ分子構造なので、

天然のCoQ10と全く同じ構造だということ。(オールトランス型ね)

早い話、原料が良いってことですね。

だから、本当に心から効果を求めてCoQ10のサプリを買うのなら、

自然界に存在しないシス体ではなく、天然のトランス体の方を選ぶほうが良いかなと。

合成法じゃなく発酵法で製造されているもの。

発酵法のサプリは製造に時間がかかるためにコストも高くつくので、当然定価も高くなるけど、

それはきちんと理にかなったことだからね。


CoQ10ブームで最近は海外製の原料も流通しているようだけど、

正直、どこの原料を使っているか分からないCoQ10はたくさんあると思う。

吸収率を大々的に謳っているのに実際の実験データがなかったり、

本当のところが見えてこないメーカーさんも多いなと思う。

日本以外で生産されているCoQ10の質は、

さきほどの日本製5社に比べるとかなり落ちるとも言われている。

全世界のシェアを占めている日本が誇るさきほどのトップメーカーの原料は、

最高の技術で作られていて、純度が高く、吸収性にも優れていているところが、

世界で評価されている点なんだろうなと感じます。

(ただし、5社のうち、老舗の日清ファルマのみが合成法、他4社が発酵法です。)



【よく聞くCoQ10包接体とは?】

コエンザイム包接体というサプリメントをよく見かけます。

「コエンザイム包接体なので吸収率が違います!」などとよく書かれているかな?

コエンザイム包接体とは、簡単に言えば、

溶けにくいと言われているCoQ10を包接体で包んで溶けやすくしたもの。

この包接体は、外側は水に溶けやすくて内側は油に溶けやすいという特徴があるので、

この特徴を合わせることでCoQ10の吸収を良くした形。

どこで見たかだいぶ前なので忘れちゃったけど、包接体の実験データはちゃんとあるので、

吸収性は本当に優れていると思います。


ただ、コエンザイム包接体に含まれる実際のCoQ10の量は、その20%程度。

例えば、『1粒にCoQ10包接体100mg』と書かれている場合、

実際に含まれるCoQ10は約20mg。

100mgそのまま摂れるわけではないので、ここを把握していないと、

「自分は毎日100mg摂っている。」と勘違いしてしまうかも。


それから最近は、吸収を高めるために水溶性化されたCoQ10もあるけど、

水溶性はやっぱり安定性に欠けてしまうし、

サプリの成分がだんだんと分解されてしまうことがデータとして検証されているので、

「脂溶性を水溶性にしたことで吸収が良くなったので優れている。」

といった宣伝文句をそのまま鵜呑みにしてしまうのもどうかと感じます。

もちろん水溶性でも優れたメーカーはあるけど、全てのメーカーが同じとは言えないので。

(世界に先駆けた日清ファーマは水溶性CoQ10出してます。)



【CoQ10じゃなくても抗酸化サプリは他にもあるじゃん!】

確かにそのとーり。

αリポ酸、アスタキサンチン、ポリフェノール、βカロチン、カテキン・・・・・・。

これらはみんな抗酸化成分では有名どころで、サプリメントとしても売られているもの。

抗酸化サプリとは、細胞がサビない体を作るサプリのこと。

細胞をサビさせる原因となるのが活性酸素で、ご存知の通り、肌を老けさせるもの。

ニキビが治らない、肌荒れが治らない、乾燥肌が治らない、など、

今は肌老化の原因No1と言われている活性酸素。

だから今は抗酸化サプリがたくさんあるわけだけど、これだけあると迷わないですか?


アスタキサンチンも見逃せないなぁ。

ポリフェノールも良さそうだし。

αリポ酸ってちょー聞くよね。



でもですね。

基本は、自分の体の中から失われつつある成分を摂ることだと思うのです。

あれもこれもと欲張る前に、原点に戻ってみることだと思うの。


アスタキサンチンは人間の体にはもともと存在しない。

リコピンも人間の体には存在しない。

カテキンも人間の体には存在しない。



じゃぁ、わたしたちの体の中にもともとある抗酸化物質は何かと言うと・・・・・、

・・・・・・・それがCoQ10。



去年は24歳、今年は25歳、来年は26歳、と年を重ねていく中で、

体の中から少しずつ失われていくものはたくさんある。

それはコラーゲンもそうだし、ヒアルロン酸もそう。

小さい時はぷりぷりお肌でシワもシミもないお肌だったのに、

大きくなるにつれて乾燥したりたるんだりするのは、外的要因もあるけど、

小さい時は体の中にあった成分が、大きくなるにつれて減ってしまうから。


だから目新しいものを取り入れる前に、体の中から減っていく成分を取り戻して、

小さい時のあの体を取り戻すことを考えた方がいいんじゃないかって。

小さい時に、肌がぷるぷるで疲れ知らずの元気な体でいられたのは、

まだそういう成分が体の中で満ち溢れていたからぴかぴか(新しい)

年齢と共に誰もが失われていくものかもしれないけど、

それを失いっぱなしにしていたらあの頃の自分には戻れないわけですo(T□T)o


体の中にもともとあるものが失われたらそれを取り戻すパンチ

学生の時って、授業で体育があって放課後は毎日部活で、すごく体を動かしているのに、

それでも次の日まで疲れを引きずったという記憶はあまりないよね。

細胞が若々しくて元気だからなんだよね。

それならその細胞を取り戻せばいい。

100%完全に取り戻すことが出来なくても、「もう若くないし。」と口にする前に。

当たり前のことだけど、それが1番の近道だと思うから。


CoQ10は細胞の底上げ。


ただ単に抗酸化サプリということだけで探せば本当にたくさんあるけど、

同じ抗酸化といわれるものでもここが違うと思います。

シミやくすみ、シワやたるみなどは、結局は細胞力の衰えが原因なんだし。


あ、もちろん他の抗酸化成分を否定してるわけじゃないよ(*ToT)

ただ、人間に必要か?必要じゃないか?の2択どちらか決めろと言われると、

なくても特に支障はない。

人間の体に存在しないものだからね。

プラスαで摂るのはぜんぜんいいと思います。

何を摂るかは人それぞれ自由だし、

それこそ人の肌は千差万別だというのはこういうことだと思うし(^^ゞ





ねこみもCoQ10はお肌と健康のために飲んでいます。

やっぱり細胞にはいつまでも元気でいてほしいので(゚ー゚;

意識し始めたのは4年くらい前で、実際に摂り始めたのは今から2年ほど前だけど、

買おうと思った時、あまりにもCoQ10サプリが多すぎて困ったんですね(ノω・、)

長く摂り続けるからには、粗悪なものではない、体の中できちんと働いてくれて、

効果を感じられるものを摂りたい、なんとなくコレでいいやでは買いたくない、

そう思って、何を基準に選べばいいのか、そこから徹底的に学びました。


まだまだ無知な部分も多いけど、今はこれを飲んでいるからこそ、

他のサプリの効果もきちんと出ているのかなって思えたりする。

摂るのは1日100〜200mg程度だけど、

肌も本当に調子が良くて、調子悪いなと思う日がほとんどといっていいくらいないし、

毎朝快適に起きられるし、体だってちょっと無理をしてもホント疲れにくい。


時々、「どこのサプリを摂っているんですか?」というコメントをいただくんだけど、

今回もあえてそれには触れません。

これだ!と思うものに出会うまでに相当の労力をかけて探し出してますし、

人からポンと簡単に聞いて試すより、

情報を頼りに自分の力で見つけ出したものこそ、思い入れが生まれるものだと思うので・・・。



ただ、少し突っ込んで話をするとですね、

摂り始めた当初は、カネカ製の『酸化型CoQ10』を摂っていたんですね。

でも今摂っているのは、同じカネカ製の『還元型CoQ10』。

ゴメンナサイ、これもまたコムズカシイって思われそうだけど、

CoQ10には酸化型還元型の2種類あるんですね。


酸化型のCoQ10はユビキノン(ubiquinone)と呼ばれ、

還元型のCoQ10はユビキノール(ubiquinol)と呼ばれているんだけど、

そもそも体の中で働くCoQ10は、還元型のユキビノールのほう。

と言っても酸化型が体内で働かないわけじゃなくて、

酸化型でも体内に入った後にちゃんと還元型に変化するので問題はないんですね。

ただ、体内で還元型に変わるまで意外と時間がかかるのだそう(;O;)

これを最初から還元型にしてしまえば、

最初から体の中で働いてくれるのではるかに効果的だということ。


還元型のサプリはまだまだ少ないんだけど、

カネカが製品化に成功してから、少しずつ他でも製品化されてきてると思います。

製法がきっと難しいのでしょーね。


酸化型のユビキノンでも効果を感じられるならいいと思うけど、(こっちの方が断然安いし)

実はユビキノンを摂っている時はあまり効果が感じられなかったんだよね^^;。

1年近く摂ってたかなぁ?

カネカはユビビノンもユビキノールも出してるので、

思い切って同じカネカのユビキノールに変えてみたんです。

還元型に変えてもうかなり経つけど、ググッと変化を感じられるようになった。

朝の目覚めもいいし、だるさや疲れも感じないし、肌もホントすごく調子いいし、

あぁ細胞に働きかけてくれているのかなぁと。


カネカ製のCoQ10にはロゴマークがあるんですよ。


KANEKA QH    KANEKA Q10
  カネカ(還元型)         カネカ(酸化型)


100%カネカ製のCoQ10が原料で、

なおかつ、高い品質管理水準を持つサプリのみに付けられるマークなので、

純度100%のカネカ製かどうかは、このマークがあるかどうかで判断出来るかと。


肌は内臓の鏡と言うけど、臓器の状態は確実に肌に現れるよね。

『100年に一度の素材』 『アンチエイジングの切り札』なんて言われているけど、

選び方ひとつで本当に切り札になるんじゃないかな〜と思います。






| RANKING(↑) | Comment(16) | TrackBack(0)     はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をlivedoorクリップに登録
この記事へのコメント
ねこみさん はじめまして。 以前からブログ拝見させていただいています。
ねこみさんの美に対する姿勢&勉強熱心さに感心いや尊敬しています!!
ちなみに、ねこみさんの育乳の過去のブログもすごく参考になっています!! 少しですが、育ってきています!! これからも、ブログ楽しみにしています^−^
Posted by スガ at 2008年10月21日 09:57
はじめまして!いつもこっそり拝見しております。
私は25才ですが、肌荒れと乾燥により、初めて口の脇の頬にしわが出来、最近笑うのが怖くなっています。このせいでずいぶん年をとったようにみえますし、笑うのを躊躇ってしまうのは悲しいものです。ねこみさんは若く見られるようで羨ましいかぎりですね。
私は肌が弱く、色々なメイクや基礎化粧品を試し、今は顔のマッサージとオーガニックコスメのナチュラプリファイを使っています。CoQ10も試してみようと思います。今後もねこみさんのブログを参考に頑張ります☆
Posted by のり at 2008年10月22日 11:33
こんにちは。
前回の記事では、こんなあたしの「思い」を気にかけてくださって涙が出るほど嬉しかったです。
今は、とっても幸せです。
昔のことは、引きずらないタイプなので。
冷たい人間なのかな・・・(;;)
ねこみさんのおっしゃるとおりです。
論理的に考えられないので大人の対応ができないんです。
ねこみさんを目標に、人として母親として女として成長していきたいと思いますので、
これからも、よろしくお願いします。
ねこみさんの年齢を知らないので、こんなこと言うと失礼かもしれないんですけど、
なんでも聞けるお姉さんができたような、物知りな友達ができたような、そんな気持ちなんです。
(勝手に年上だと思ってすみません)
まさかネットの中で、こんなに心開いてやり取りできる人に出会えるなんて思ってもいなかったので、
幸せというか・・・。
かってに舞い上がってしまって・・・。
迷惑だったらごめんなさい。
ねこみさんも、いろいろ辛いことや、どうにもならない苦しみ孤独みたいな思いをされてるみたいで、
このブログを発散の場にしてらっしゃるみたいなのに、
こんなに纏わりつかれたら困りますよね。
でも、本当にねこみさんのような女性になりたいんです。
誰にでも、真剣に向き合って、相手の思いをわかろうとする温かさが伝わってきます。
ねこみさんを慕う人が多い理由がわかります。
あたしも人から慕われる人になりたいです。

CoQ10のサプリは、よく見かけるけど、こんなに体に必要な物だと思ってませんでした。
ニキビのない顔にするには必要なサプリかも!
どんな物でもそうですけど、体に吸収されたか、されずに出て行ってしまったかわからないので、
難しく考えちゃうんですよね。
でも、考えてるだけぢゃ摂れないし、実行あるのみですね!
実年齢ぶら下げて街を歩くわけぢゃないから、若く見られないと損ですよね!
いつもながら長々とコメント書いてすみません。



Posted by 小毬ママ at 2008年10月22日 14:51
>スガさん

スガさんはじめまして。コメントありがとうございます(^^ゞ
胸は2カップアップしたことで今はサプリを全く飲んでいないこともあり、
胸に関する内容の日記は以前ほど綴ってはいないけど、
口にするものやエクササイズなんかは変わらず連日続けていますし、
過去を振り返りつつ今の気持ちなど、時々は更新したいなとは考えています。
スガさんにブログに目を通してもらえて、感謝の気持ちでいっぱいです(*_ _)


>のりさん

のりさんはじめまして。
こっそり拝見でもちらっと拝見でもガン見拝見でも・・・光栄です(*^ー^)ノ

そっか・・・ほうれい線が気になるんですねxx。
確かに、20代で気になるのは少し早いかなという気はするけれど、
でも、まだ20代で若い年齢だからこそ、逆に、消すことは十分出来るハズ!

肌荒れと乾燥を気にしていらっしゃるようですが、
やっぱり“乾燥”が大きなキーになっていそうな気がしますね・・・。
化粧品での外側からの保湿も大切だけど、
のりさんの場合肌が弱いということだからあまり積極的に化粧品を試せないと思うので、
内側からの保湿に重点を置くのも良いかもしれないですね。
まだまだ今まで生きてきた倍以上、あと最低60年は生きるわけだし、
まだ半分も生きていない今の年齢でシワを気にして笑えない状態でいること、
出来るだけ早い段階で綺麗になくなることを、本当に祈ってます。
きっと、今この時にどれだけのケアが出来るかにもかかっていると思うので・・・。


>小毬ママさん

こんばんは。
お姉さんでいいですよ〜^^。
実際、3人姉妹の1番上というせいか、友達からもネェさんと呼ばれたりしますし(*゚.゚)
確かに、自分もいろいろな問題を抱えてます。
今も解決したわけじゃないし、辛さから涙を流したりする日もあります。
(こっそりとですけどね^^;)
でもですね、自分の問題と、友達や知人の問題は、これは全く別ですよ。
そうでしょ?^^
小毬ママさんや、また他の方たちがコメントで何か伝えてくれたことに対して、
困るとか、ストレスになるとか、そういうことは、100%、絶対に思わないです。
だから、どうかそこを結び付けないでくださいね。
本当に、嘘偽りなしで、困るなんてこれっぽちも思ってないですから。


最後の、“実年齢ぶら下げて街を歩くわけじゃない”には納得させられました。
本当にそのとおりだなぁって。
いい言葉をありがとう★
Posted by ねこみ at 2008年10月22日 20:54
(*´∇`)ノ こんばんは〜
お久しぶりです♪


ワタシも実年齢より若く見られたり、
子供がいるって言うとびっくりされたりするのですが
最近口元の皮膚が気になり始め、(しわ予備軍みたいのが・・・)別なことを考えなくちゃ・・・と思っていた矢先にねこみさんのこの記事だったので。

なんかドンぴしゃでうれしいです。

コエンザイムにしても、かなり種類がありますよね〜。
化粧水は●HCのとか使ったことありますけど、
サプリは摂ったことがありません。

難しい話で頭が混乱しそうでしたが、ワタシも探してみようと思います♪

あと、ビタミンCの記事を読んで、なるべく一日に一度は生の果物を食べるように心がけようと思いました。

野菜ジュースとか、手軽で良いので飲んでいましたが、糖分も気になりますしね(汗
今日はキウィフルーツを食べました♪
 
また次の記事、楽しみにしてますね(。-∀-)ニヒ♪
Posted by ★美柚★ at 2008年10月22日 23:42
>美柚さん

こんばんは。これから乾燥度MAXになる季節、ますます大変じゃないですか?
シワは定着したら最後ですし、“今”本格的に何か手を打たないとマズイですね・・・。
前の記事も見てくれたみたいで・・・ありがとうございます。
キウイは皮をむく手間がないから手軽でいいですよね。

今回の記事は、出来るだけ難しくならない表現を選んで書いたつもりではあるけど、
内容が内容なので、サプリに興味の無い人やCoQ10を全く意識していない人には、
「意味不明」な、読む気力をなくす記事だと思います。
だから見てくれた人が20歳を過ぎてCoQ10を意識し始めた時に、
ふと思い出してくれたらと、心と頭に少しでも残ってくれればそれだけでいいなと・・・。
Posted by ねこみ at 2008年10月23日 23:50
ねこみさん、お久しぶりです。
このblogの影響で最近は生野菜も意識的にとるようになりました。酵素の働きを知ったらとらない訳には(笑)最近はぬか漬けやザワークラフト?も気になっています(^_^

寒くなってきましたが風邪などひいてませんか?以前ねこみさんのコメントにあったあたたかい食べ物の効果を最近すご〜くすごく実感しています。速攻性もあるし心もほぐれるような・・・いいですよね(*^_^*)
質問なんですがねこみさんの平日のタイムスケジュールについて差し支えなければ教えていただけませんか?ストーカーみたい(^^;お風呂、ストレッチ、夕食の順番や睡眠についても参考にしたいなぁと思っていたんです。
P.S.腫瘍は取らない事にしました。信頼しているお医者さんなど他でも聞いて決めました。小さくはならないみたいですがなにより気が楽になりました!
Posted by レイニー at 2008年10月24日 20:13
>レイニーさん

こんばんは〜。古い前の日記にも目を通してくれたみたいですっごく嬉しいです!!
酵素は、サプリの吸収のためにも欠かせないですよね。
生野菜や果物は消化酵素がたっぷり含まれてるから積極的に摂るべきだと思ってます。
お刺身や漬物もよく食べますよヽ(*゚∀゚)ノ
まぁ、生の食べ物を摂らないからって消化されないわけじゃないけど、
(消化されなかったら大変だもんね)
その場合、自分の体内に存在する消化酵素を使うことになるので、
よけいなエネルギーを使っていることになりますよね・・・。
生の食べ物に含まれる消化酵素を利用して食べ物やサプリを消化するほうが、
体には大きなメリットだと思います。
食べるたびに常に自分の消化酵素を使っているようでは、
酵素に余裕がないっていうか、体内での消化・吸収作業に余裕がないような気がします。

ザワークラフトはお酒のおつまみにも最適ですね♪
居酒屋のメニューにザワークラフトがあると必ず頼みます(・ω・)
キャベツはビタミンC豊富だしね☆
キャベツには胃腸の調子を整えてくれるビタミンUも豊富だから、
お酒のお供にはピッタリだなぁといつも思います。
そういえばビタミンUは別名キャベジンとして胃腸薬にも使われているけど、
よくトンカツや揚げ物にキャベツの千切りが添えられているのもこういう理由みたいですよ。
(油による胃もたれを防いでくれて、胃の粘膜を修復してくれる。)

体調面でのお気遣いありがとうございます。でも体は丈夫なので全然大丈夫です。
椎間板ヘルニア患ったり半月板損傷したりなど外科的な面は弱い部分もあるけど、
内面的な病気は本当にしない体質なんですよね。
休みがまともに取れない職場を辞めた時は、さすがに体と心がほっとしたのか、
抵抗力にスキが出たのか、その時1度だけ苦しいインフルエンザにかかりましたけど、
風邪は本当にひかないんです。
唯一ひいたのは友達にうつされた時だけなんだけど、
うつされても寝込まないので、風邪で学校や会社を休む人が羨ましかったです(e_e)
レイニーさんのほうこそ大丈夫ですか??
腫瘍のこと、まずはひとつ気持ちに区切りがついたみたいでホッとしました。
ある程度時が過ぎて、その時まだ治っていなくて、
やっぱり気になるなと思ったその時に、また病院で見てもらえば良いんじゃないかな??

生活リズムのお話ですが、『18時半前後→夕飯、夕飯後→ビリー』といった感じです。
ビリーでたっぷり汗をかきその毛穴が開いた状態のままお風呂ですね。
この方法だと毛穴の奥まで本当にすっきり洗顔出来るんですよね。
でもビリー後でも、見たいTVがあればそのままエクササイズに移行する時もあります。
骨盤&バストアップ&ヒップアップ&スリムウエストを組み合わせたエクサなのですが、
ビリーのように映像を見ながらではないので、好きなテレビを見ながらやってます。
ビリーは1〜2日おきだけど、この組み合わせエクサは毎日ですね。
ねこみは洋画が大好きで週2〜3日はDVDを見るので、
テレビを見ながらじゃなくてもDVDを見ながら2時間近くやっていることも多いです。
好きなテレビや映画を見ながらだから、わざわざ時間を作らなくても出来ちゃうので、
意識しなくても毎日出来ちゃうんですよね。
飲みに行ったり友達と遊んでいて帰宅が遅くなりリズムが狂う日もあるけど、
それでも“組み合わせエクサ”はほんの少しでも欠かさず毎日しています。
Posted by ねこみ at 2008年10月25日 22:50
こんにちは。
涙を流すほど、辛い思いをしていること、打ち明ける人がソバにいますか?
涙を流すことも大切だけど、聞いてくれる人がいたり、抱きしめてくれる人が
そばにいると違いますよね。
日記に出てきてた男友達がいらっしゃるから大丈夫ですかね。
早く解決してほしいと思っていますが、そんな簡単な問題ぢゃないんですよね。

お姉さんができて嬉しいな♪
あたし、二人姉妹の姉なので、お姉ちゃんがほしかったんです。
妹とは4つも離れてるのに、姉に見られることはなかったんですけど・・・
だから、しっかりしてるねこみさんに憧れるのかな。
ねこみさんの幸せを心から祈ってます。

バストアップについて聞きたいことがあったんですけど、
胸が張って痛いって感覚、AカップからBカップになったときもありましたか?
ぢつは、あたし生理前でも胸が張って痛いなんて感覚を味わったことがなくて・・・。
そういう痛みがないとバストアップしないですよね?
バストを測ったら測り方が悪いのか縮んでたんです。(T-T)
Posted by 小毬ママ at 2008年10月26日 16:31
ねこみサン!!こんにちわ^^
毎回、コメントへのお返事ありがとうございマス♪

最近はニキビがだいぶ減ってきました!!
洗顔後、オードムーゲでふき取り、皮膚科でもらった薬をつけるという最低限のケアしかしていません。
特に肌の乾燥なども気になりません。
今はおっきいのが2個と小さくなってきているものが数個ある程度です。
まえに比べてだいぶよくなってきたので、しばらくこのケアで様子を見てみようかと思います。

ニキビが減ってくると、ニキビ跡のシミのようなものと、毛穴の開きがますます気になってきました。
ねこみサンが以前書いていた記事に、ニキビ跡にはビタミンC誘導体がいい、トゥベールのパック!?で毛穴が締まるという記事があったのを思い出し、トゥベールの商品を使ってみようかと思います♪
でもいろんな種類の商品があり、どれを使ったらいいかわかりません^^;

なので、ねこみサンのおススメなどありましたら教えてください!!
よろしくお願いします♪
Posted by みぃ♪ at 2008年10月27日 12:01
ビリーまだ続いているんですか!?すごい・・・大流行して巷でも芸能人も皆やってます!って言ってましたよね。今も続けている人ってかなり少ないのでは??なんだかねこみさんらしい〜(*^_^*)『諦めるという概念はない』って以前記事でありましたよね??ビリーは効果もあるしまた話はズレるかもだけどねこみさんは流されない、自分を持ってるよな〜と感心しちゃいました。あと私は更新までの間、読み直したり過去記事を復習したりしてますよ〜(^-^)b新たな発見があったりして楽しいです。
エクササイズはDVD観ながらですか。私は初めて観る映画だと固まっちゃうので買ってある映画ならできるかな??(^^;部屋暗くしてかなり集中して観てしまうんですよ。お気に入りの洋画はありますか?
あとね、私もエクササイズをちゃんとコピーして、時々は復習してするようにしました。そうすると効き具合が全く違う!そうするとエクササイズも楽しくなるし(^_^
以前バストアップが順調と書きましたが街でまだまだ自己満足レベルだ〜端から見たら変化なんてまだまだわかんないやって思ったので頑張りますね。

Posted by レイニー at 2008年10月27日 19:08
>小毬ママさん

こんばんは。
友達はそれなりにいますけど、
悩んで辛い思いをしている真っ最中は、それを誰かに話すことはまずないです。
打ち明けて楽になるタイプの方もいると思うけど、自分は全く違うので・・・。
でもお気遣いありがとう。

小毬ママさんはお姉ちゃんが欲しかったんですね。
ねこみはお兄ちゃんが欲しかったデス。
妹さんと年の差が4歳だと比較的話も合うでしょうね(*^ー^)
うちは、1番下の妹とは8歳も離れてるんですよ〜。(真ん中の妹は年子ですけどね)
だからあまり話は合わないけど、いい意味でイマドキ事情の勉強をさせてもらってます。

痛みがないからバストアップ出来ないとは考えたこともなかったなぁ。
生理前に痛みがないなんていいことじゃないですか!
健康ってことだと思います。
自分は、今でこそ生理前に胸が張ることはほとんどないけど、
Aカップだった学生の時は毎月生理前は胸が張り、かなり痛い思いをしていました。
お風呂で胸を洗うのもそーっとそーっと。胸を触ろうとする彼氏の手はシャットアウト(--)!
社会人になってからもしばらくはそんな感じで、毎月のように胸の張りを感じていましたが、
全然胸は大きくならなかったですよ。
東洋医学的?には、生理前に胸が張るのは気が滞ってるからなんていいますよね。
(ストレスの影響でそうなるらしい。)

ただ、サイズアップした時は確かに痛みはありましたね。
過去にも日記で綴ったことがあるけど、脇のほうから痛みがありました。
でも確かに成長期に成長痛がある人もいるけど(身長が伸びる時とか)、
必ずしも成長する時に全ての人に痛みを感じるものじゃないと思うし・・・、
う〜ん。。。このへんまだ勉強不足なので、
知人のコ(巨乳さんです)に会った時にこのへんどうだったか聞いてみます。
(まだしばらく会う予定はないけど^^;)


>みぃ♪さん

こんばんは。
減ってきてるんですね!よかったぁ〜。うれしいです!
あと少し、あと少し。
辛抱強く殺菌とお薬を心がければもうすぐで綺麗に治りそうですね♪
良かったデス!!

ニキビ痕は、ニキビが出来た以上避けられませんよね。
でも普通は1ヶ月程度で消えるハズです。
ニキビがひどかった場所はもう少しかかるかもしれないけど、
昼は痕が紫外線に反応しないようにしっかり日焼け止めを塗ってカバーして、
夜はビタミンCケアが良いのではないでしょうか?
ちょうどみぃ♪さんも意識しているみたいですし。。。
ここに内側からもビタミンCをいっぱい摂れば、
シミが残りにくい肌を作っていけるんじゃないかなぁ。。。
トゥヴェールは日記に書いている2種類しか使っていないので、
お勧めと言えるほど他のアイテムを使い尽くしてはいません^^;。
使っているのはパック用にアプレシエ、ケア用に油溶性のみです。
(パソコンから見た場合、ブログの左側に写真で載せている2種類です。)
ですが、パックは肌質に応じて数種類発売されているので、
肌質のタイプを見て選ぶと良いのではないでしょうか??


>レイニーさん

こんばんは。
「まだ続いているんですか?」というか・・・、
“流行りモノ”という気持ちは全く持っていないのでσ(^_^;)
ブームが訪れる前からやってますしね^^;。
これなら全身まんべんなく鍛えられるエクサだと思ってチョイスしたものなので、
今後も辞める気は全くありません。
運動不足から筋力が衰えてお尻とかウエストなどたぷたぷにはなりたくないし・・・。
自分で言うのもヘンだけど、続けているおかげかホント引き締まってますよ^^。
でも、前に言った言葉覚えててくれてるなんて・・・感激でした。

1番好きな洋画は、20年以上前のちょっと古い映画だけど、
「バックトゥーザフューチャーシリーズ」です。知ってるかな?
テンポ良し、無駄なシーンがない、クスッとさせられる小ネタの良さ、など、
映画の素晴らしさを感じた映画です。
古い映画も最新の洋画も良く見るし、いい映画はいっぱいあるけど、
何度も見たいと思わせてくれる映画となると意外と少ないんですよね。
これは何度でも見たくなるから、自分にとって1番の不朽の名作です。

少しサイズが増えたりしても、それって案外はた目には分からないものだと思います。
体重45キロの人が2キロ痩せて43キロになっても、ほとんどの人は分からないと思うし、
身長160cmの人が5cm大きくなって165cmになっても、
よっぽどいつも一緒にいる人じゃない限り気づかないと思うんです。
だから、サイズもだけど、裸になった時の見た目を上げていけるように気をつけてます^^。
Posted by ねこみ at 2008年10月28日 23:29
ねこみさん、お久しぶりです。

最近忙しくて、ゆっくりパソコンする時間がなくて今日は久しぶりにねこみさんのブログを読ませていただきましたぁ!

ねこみさんの飲んでるタイプのコエンザイムは輸入でしか入手出来ないのが残念ですよねぇ。でも、日本でも、1年かそこらで販売されるでしょうから後は価格で比較ですねっ♪
コエンザイムは肌の為じゃなく、心臓や脳にもすごく大事なのでコエンザイムを飲んでます。だけど、ねこみんが言われるように、みんなが、簡単に情報が得られると同時に安易に行動するのが危険だったりするのが心配です。スキンケアならまだましだと思いますが、ある特定の病気の人が特定のサプリを飲んではいけない事があるじゃないですか。そこまでまだ情報が行き渡らない時が心配です。だから、なかなか難しいとは思いますが、パソコンで検索してる世の中の人が、断片的に情報を得るのではなく、よく調べてというステップが大事だと思って行動した方がいいんじゃないかなぁと思ってます。

それでは、また、時間が出来た時にまとめてになるかもしれませんが読ませていただきます♪
Posted by くろちゃん at 2008年11月03日 15:40
>くろちゃんさん

こんばんは。また見に来てもらえてうれしいです。
いえいえ、けっして残念というわけではないんですよ。
個人輸入といっても日本語サイトで買えるので購入は普通なのです(._.)
でもそのとおりですね。得た情報だけを知識にしてしまう人が多いのかもしれません。
さまざまな角度から見ずに一方の視点から見ていては、見えない真実は多いと思います。
※投稿の際エラー?になったかで二重投稿になっていたので、ひとつ削除しておきました。
Posted by ねこみ at 2008年11月06日 17:57
はじめまして。いつも読ませてもらってます。COQ10はいつも飲んでましたが今回のねこみさんの日記ですっごく勉強になりました。そして調べまくりましたよ〜。ほんと自分の力で探したり調べたりすると思い入れが違います。そこで私もユビキノールのほうに変えてみようと思ったのですが、1粒中に50mgと100mgのもがありました。ねこみさんはどのくらいの量を摂取してますか?参考まで教えていただけるとありがたいです。
Posted by いっくんママ at 2008年12月03日 05:06
>いっくんママさん

はじめまして。
見てくれていて本当にうれしいです!ありがたいな。。。

そうですね。
自分で労力をかけて見つけたものというのは、
その商品の原料や製造工程などを理解した上で選ぶ知識が出るので、
その商品の背景が頭にあることから過程を大切にしながら使っていけるけど、
口コミの評価だけでまねして選んだものは、他人のいい評価だけが頭に残りがちなので、
たとえメリットからくるデメリットであっても、
ちょっとでも悪く感じれば全て“デメリット”としか捉えられず、
早い段階で効果が出なければ“イマイチ”に感じ、
良し悪しの基準を履き違えて、即席の結果だけしか見れないように思います。
それじゃいつまでも商品ジプシーから抜けられず、いいものに出会えないかなって・・・。

あ、CoQ10の量は、一応記事中にも書いたんだけど、1日100〜200mgデス。
Posted by ねこみ at 2008年12月03日 09:55


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。